スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第114回【ギタリスト、天才!名手!偉人!変人!その二】11/1/4

皆さま、改めまして新年明けましておめでとうございます!

今年もどうぞよろしくお願いいたします。


と、言うわけで新年一発目の更新は、

【ギタリスト、天才!名手!偉人!変人!】第二回をやりたいと思います。


今回は恐らく私がギタリストで、一番最初に影響を受けたギタリストなん
じゃないかと思います。



63159-9.jpg
『リッチー・ブラックモア』です!



リッチーのプレイを聴いたのは、私もまだギターを弾き始めたばかりの
頃でしたからねぇ、

一体何がそんなに私を惹きつけたのかと言えば、やはり類まれなるメロディ
センスでしょうか。分かりやすい様式美、キャッチーでインパクト絶大な
リフ。まだまだギター弾き始めの私にはそれはそれは衝撃的でしたねぇ。

ロックにクラシックの要素を大胆に取り入れるその手法にも、大変な感銘を
受けましたが、やはりリッチーと言えば何よりも、リフ作りじゃないでしょうか。
数々の名リフを作り上げてきているのですが、中でも『バーン』はリッチーの
書いたリフの中でも最高峰のカッコ良さと、アイデアが盛り込まれたロック界
随一の名リフだと思います。

なんという、斬新さでしょうか、その構成はとても単純で、複雑さや難解さを
まったく感じないわけですが、それでもインパクトは絶大!非常に単純に構成
されたリフなんですが、ここまで聴き手に衝撃を与えるリフはこの『バーン』
か同じくリッチーが書いた楽曲ですが、『スモーク・オン・ザ・ウォーター』
くらいしか思い浮かびませんね。ちなみに『バーン』は、運指に親指を使うと
いう少し特殊な運指ではあります。この辺がアイデアの豊かさ。

リッチーはギター界一のリフ作りの天才、名手、そして偉人なんですね。
正直、この『バーン』や『スモーク・オン・ザ・ウォーター』のリフを越える
リフはもう出てこないのではないか?そんな思いすらします。


それから、リッチーのギターは、ギター初心者の練習にもってこいなんです。
以前に『マシンヘッド』のレビューをした際にも触れましたが、このアルバムは
私が音楽学生だった頃の教科書的アルバムなんです。

以前の記事はこちら。

アルバム一枚、すべてコピーするのです。
パワーコード、ブリッジミュート、オルタネイトピッキング、ヴィブラート、
そして一番、練習訓練になるのが、チョーキングですね!これらのエレキの
基本テクニックがこの『マシンヘッド』一枚をコピーすることで、ほとんど
身につきます。


そんなリッチーは、もうギター界の偉人と例えてもなんら差し支えないで
しょう!

天才で名手!

そして偉人の中の偉人!!それがリッチー・ブラックモアです!







ちなみにこれは私が20年使っているストラトです。
IMG_0956.jpg
もうボロボロですが、実はリッチーモデルなんです。
スポンサーサイト

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

明けましておめでとうございます

今回は変人ではなく偉人の類ですね(^^)

『BURN』や『SMOKE ON THE WATER』は勿論知ってますし、リフも弾いてみろと言われたら弾けますが、実はリッチーのプレイに関してはほとんど聴いたことがありません(汗)

どちらかと言うと、リッチーに影響を受けた世代に影響を受けたって感じです。

後任のスティーヴ・モーズはよく聴いたりしてたんですが、本家本元は未体験に近いです(^-^;

これを機に一度はちゃんと触れてみるべきですね。

うさぎ

明けましておめでとうごぜ~ます♪
今年も楽しませてくださいねww

リッチーですか、いいですねー。
ストラト素敵すぎます(泣)

てことで、今年もヨロシクで~す♪
バーン最高♪


No title

あけましておめでとうございます。

実は私、リッチーを通らなかった人なんですが、ギターを弾き始める前ぐらいによくレインボーのライブビデオを見せられていました。

ある意味、ギターを弾く前というか、弾くという行為に至る部分で影響を受けたかもしれません。

写真のギター、イイ感じのホワイトの焼け具合に、塗装のハゲ具合ですね。
正しく愛器って感じです。(^^)

No title

おめでとうございます(^^)

リッチー・ブラックモア、かれこれ20年以上、もっとか
前の連れが「どうしても音が苦手」と言っていました。

音が苦手の意味が良くわからなかったんですけど
本人もギター弾きだったので何かあるんでしょうか。

そういえば一昨年きませんでしたっけ?イングウェイと・・・?高くていけなかった気がします、、、

No title

明けまして、おめでとうございます\(^o^)/
今年もよろしくお願いします。

確かに、マシンヘッドはギタリストにとって名盤中の名盤ですね。
当たり前すぎて楽器屋では弾けないほど(笑)。

このアルバムのレイジーを聴いたときは鳥肌がたったなぁ。
「様式美って言うけど、これブルースだよっ」なんて。

なぜか、これアナログ盤のLPを所有しています。

GUITAR FREAKさん

GUITAR FREAKさん、こんにちは!

新年明けましておめでとうございます。

そうですね、今回は天才、偉人の類でございます。
リッチーのプレイをほとんど知らなくても、『バーン』や
『スモーク・オン・ザ・ウォーター』はギタリストでしたら、絶対に
知っていますし、そのリフくらいは弾ける人がほとんどですよね。

それだけリッチーの残した楽曲が偉大なのだと私は思います。

スティーヴ・モーズが加入したディープ・パープルは私も結構好きですよ。
もともと、スティーヴ・モーズ自体が好きなこともありますが、あれは
あれでありだと思っています。

う~ん、ディープ・パープルに古臭さを感じるようでしたら、せめて
レインボーなど聴かれてみてはいかがでしょうか?去年はディオ御大が
亡くなり良くレインボーを聴いたのですが、ホントいつ聴いても色あせない
珠玉の名曲ばかりですよ。

killerfさん

killerfさん、こんにちは!

新年明けましておめでとうございます。

今年は更新頻度がさらに低下するかもしれないです・・・orz
ちょっと仕事との両立が難しいですねぇ(泣)

はい~リッチーモデルなんです。あまり大事に使ってないんでもう
ボロボロですね。

こちらこそ今年もよろしくお願いいたします!

TKさん

TKさん、こんにちは!

新年明けましておめでとうございます。

あらま、リッチー通ってませんかぁ・・・まぁ、私だってリアルパープル、
レインボー世代ではございませんが、楽曲はほぼすべて知っていると思い
ますし、コピーした楽曲も数知れませんね。誰よりもリッチーをコピーした
だろうと自負しています。

>ギターを弾く前というか、弾くという行為に至る部分で影響を受けたかもしれません。

分かる気がします。まずはそのギターを弾いているリッチーの姿に私も
惹かれたような気がします。

あ、写真だけでわかりますかぁ、そうなんです。もの凄い日焼けしてるんですよ。
それと塗装のハゲはひどいですね。このギターは若いころものすごく手荒に
扱っていたんでもうボロボロなんですorz ボロボロになってから大事に扱う
ようになってきましたね。もう遅いですが・・・

callitameさん

callitameさん、こんにちは!

新年明けましておめでとうございます。

>「どうしても音が苦手」と言っていました。

それは分かりますね。苦手な人たくさんいると思いますよ。
あの時代の音ですからね。大胆にもストラトからマーシャルまで一直線
みたいな音で、シングルコイルなこともありましてジャリジャリな音です
からねぇ。

弾き手もかなり弾きにくい音ですね・・・。
まぁ、私は逆に生生しくて良い音だと思うんですけどね。

え?リッチーがインギーと・・ですかぁ?
へ~それは知らなかったです。共演したのかなぁ・・・興味湧きますね。

naokichimanさん

naokichimanさん、こんにちは!

新年明けましておめでとうございます。
こちらこそ今年もよろしくお願いいたします。

『マシンヘッド』は本当にギタリストのためにあるような作品ですので、
私にとっては単なる作品と言うよりは、ホント教科書、楽典みたいな
もんですね。

ホント、楽器屋では当たり前すぎて弾けないですね。なんだか赤面して
しまします(苦笑)

そうそう、リッチーは良く様式美なんて表現をされてまして、それも
当然間違いじゃないんですけど、実はブルースの要素もだいぶ醸し出して
いましたよね。特にこの頃のリッチーは・・・ レインボーに進むにつれ
だんだん様式美の要素が強まっていったような気がします。

>なぜか、これアナログ盤のLPを所有しています。

うわぁ~それは凄いですね。どれくらい流通しているものなのか
存じませんが、大切にしてくださいねぇ~

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
インギーからHR/HMに入門した僕にとってリッチーはその音楽的師匠という印象ですね。レインボーやディープパープルも僕がインギーに出会った95年に何枚か聴きましたが、その後ジャーマンメタル、北欧メタルにはまってしまい、ちゃんと聴けていなかったりします。HR/HMファンとして避けて通れない存在なので、いつかしっかり聴きたいとは思ってるんですけどね。今日は我が家にある数少ないレインボーのアルバム「RISING」を聴こうと思います。
スモークオンザウォーターのリフはあまりに有名ですよね。HR/HMに関心がないうちの奥さんでさえ知ってるほどです。確かにこれに匹敵するリフはもう生まれないかもしれませんね。高校の音楽の授業中にこっそり練習した思い出があります。

あけましておめでとうです!

メタラーまっちゅさん、あけまして!おめでとうです!
昨年は、暖かい励ましを頂き感謝でした。

年末年始は休暇がなく従来通り…で、いや、いつに増して忙しく…
だって、みなさん自分は休むからって仕事を回してくれるもので…

で、2週間近くギターに触れなかったら…2ヶ月分以上「腕が戻りました」…(~_~;)
やっぱ年寄りは辛いスね。
でも、「来年」あたりのライブ復活を目指して!
ボチボチがんばりますわ

今年もよろしくお願いします。

あ、書き忘れた…

リッチー・ブラックモア!
うん、やっぱ偉大ですよね。
あまりにバイブル的存在のため、逆に忘れられがちのようにも…オレだけか…
改めてメタラーまっちゅの記事を読み、再認識致しました。

でもねー、どうも偏屈な性格に見えるし…
付き合いが難しそうな人ですね。

って、付き合うことは無いでしょうけど…

あけましておめでとうございます♪

遅くなりましたが、新年一発目から、リッチー・ブラックモアという訳で、コメントしない訳にはいかないです(笑

僕がギターを弾こうと思ったきっかけの人であり、間違いなく一番影響を受けた人ですね!!!

小学生だった頃、ラジオで流れていたSmoke on the Waterが気になり、次の日にCDを買いにいきましたね~。
そこで買ったCDが、僕を違う世界へと連れて行ってくれた訳ですが。

未だにDeep PurpleもRainbowもずーっと聴いてます。

そして、BurnやSmoke on the Waterのリフのシンプルながら、ここまでインパクトのあるリフは、どこから出てきたのだろう……と不思議に思ってしまいます(笑

僕にとっても間違いなく偉人です!!!


今年もよろしくお願いします♪

No title

こちらでもあけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします!!
田川さん以来のネタですね!
自分もこんな感じのネタを書いていこうと思ってますたw

リッチーは自分は皆さんほどは聴きこんではないものの
この人ほど今のHR/HM界に影響を及ぼした人もなかなかいないものと認識してます♪
今席巻してるバンド見れば、影響度でいえばジミヘンに次ぐでしょうね多分。
元々速弾きもかなり当時としては珍しかったのも有るでしょうが
自分もバッキングとメロディラインのセンスがずば抜けてると思います♪
誰からも長く愛されるものってリッチーほどポンポンと
そうそう作れるものではないですからね・・・

リッチーモデルのアンティークっぷりがスゴイカッコイイですね!
自分も今持ってるWOLFGANGをこのくらい弾き倒したいですww
自分もスンゴイ雑に扱ってますwwwwキズなんて無数(* ̄∀ ̄)
ていうかとにかく雑にでも沢山扱わなければギターじゃないという観念もありますw

よしよさん

よしよさん、こんにちは!

新年明けましておめでとうございます。
こちらこそ本年も宜しくお願い致します。

私も実はギターをやっていなかければそんなに熱心にディープ・
パープルやレインボーを聴いていなかったかもしれませんね。リアル
タイムで行くとやはりイングヴェイがその時には活躍していましたので
我々世代では大概の方がそっちから入っていくのが自然の流れかと
思います。

レインボー・ライジングは去年ディオ御大がなくなってしまったため、
追悼としてかなり聴きましたよ。やはりこの作品はとんでもない
傑作であると改めて思い直した次第でございます。

『スモーク・オン・ザ・ウォーター』は非常に単純なリフなんですけど、
ものすごいインパクトを残す名リフですよね。うちの母親でも知って
いますからね(苦笑)私も初めは良く鍵盤で練習をしていましたよぉ。

ヘビメタじじいさん

ヘビメタじじいさん、こんにちは!

新年明けましておめでとうございます。
いえいえ、私の方こそ温かいコメントを頂いたと感謝しております。

年末年始もあまりゆっくりできなかったようですねぇ・・・
大変お疲れのところ、こんなコメントまでいただきまして大変恐縮で
ございます。

あちゃ~2週間もギターに触れないでいると、相当腕がなまりますよね。
おぉ!ライヴ目指しているんですね。それは凄いですねぇ。頑張って
夢叶えてほしいですよ。

リッチーに関してはやはり天才すぎて変わり者なんじゃないですかね。
次々とメンバーチェンジを繰り返しますし、やはり多少なりとも偏屈な
性格なんじゃないかと私も思いますよ。

まぁ、私にとってリッチーは神なんで近寄ろうにも近寄れないですね。
きっと生リッチーはものすごいオーラをまとっているに違いないと
思います。私ごときがお近づきになれるようなお方ではとてもない
ですね・・・orz

りちをさん

りちをさん、こんにちは!

新年明けましておめでとうございます。

リッチーマニアのりちをさん、ようこそお越しいただきました!

私もそうですよ。リッチーからは多大なる影響を受けています。私が
コピーしたリッチーの楽曲は数えきれません。それくらい崇拝していた
時期が私にもあります。

小学生で衝撃を受けちゃいましたかぁ。『スモーク・オン・ザ・ウォーター』
聴いてしまったなら無理もないですねw 『マシンヘッド』は当時としては
本当に衝撃作品だったんじゃないですかね。今聴いてもそれなりにハードだと
思いますし。

私も去年はレインボーを良く聴きましたよ。とくに『レインボー・ライジング』
なんですけど、ディオ御大の追悼ですね。何度聴いても痺れます。とんでも
ない大傑作だと思います。

リッチーはなぜゆえ、あのような単純な構成であれほどのインパクトあるリフが
書けるのか、ホント不思議でなりません。やっぱりもう天才なんですよね。
私は特に『バーン』を書いたことが偉大だと思っています。このリフを越える
リフはもう出てこない気すらしますねぇ。

まさしく天才で偉人。そしてストラト魔人w 私の永遠の憧れですよ。

こちらこそ今年もよろしくお願いいたします。

koumeiさん

koumeiさん、こんにちは!

こちらでもあけおめでございます~。
こちらこそ今年もよろしくお願いいたします。

だいぶ前にやった第一回の田川さん依頼のネタでございます。
実は記事自体はとっくの昔に書き終えていたのですが、発動のタイミングを
見計らっていました。koumei殿も昔からこのようなネタをやっていましたよね。
今後もまたやってくださいね。

はい、このお方ほどHR/HM界に影響を及ぼした人もそうそういないと思いますね。
そう、当時としてはあの速弾きがかなり鮮烈だったであろうと思いますが、
その他にも大胆にクラシックのアプローチをロックに融合させるその手法も
相当衝撃だったと思います。この辺のセンスがやっぱりずば抜けて天才的
ですよね。あのイングヴェイが多大なる影響を受けただけのことはあると思い
ますよ。

リッチーの書いた楽曲はもう何十年にも渡り語り継がれていますからね。
『スモーク・オン・ザ・ウォーター』や『バーン』以外にもまだまだ両手
両足でも数えきれないくらいの名曲を残していますからね。まさしく偉人ですよ。

リッチーモデルなかなかのアンティークぶりでしょ。私はあまりギターを
大事に扱わないほうですからねぇ。磨いたことすらほとんどないですよ。
それからこのストラトはガキの頃、ギター回しの練習に使われてしまい、
ストラップが外れて数回吹っ飛んでいますw そんな使い方していたもんで
塗装なんか簡単にハゲてしまいますた。ごめんね。

まぁ、ホント丁重に扱うことも大事かもしれませんが、ギターなんて弾いて
なんぼですよね。どうぞ弾き倒してやってください。

どうもです

明けましておめでとうございます今年もよろしくお願いします

カッコいい曲ですね

ストラトもかなりかっこいいですぅ

REO4さん

REO4さん、こんにちは!

新年明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

そうでしょう!とてもカッコよい楽曲ですよねぇ。

あ、ストラトですね。こちらもなかなか年季が入っていていい感じ
でしょ。20年ものですよぉ~
プロフィール

メタラーまっちゅ

Author:メタラーまっちゅ
音楽学校卒業後、
ギターインストラクターと
なるものの、現在ではしがない
サラリーマン・・・orz
しかしながらギターに対する愛は昔も今も変わらず!


まずは自己紹介に【HR/HM好きの方へ100の質問】こちら

【性別】
  ♂
【Guitar】
Fender 
Ibanez
musicman
Gibson
Martin
Jose Ramirez
他、10本以上所有 
【愛車】
LEXUS GS350
【趣味】
GRANDTOURING
音楽鑑賞(CD1,000枚以上所有)
ビリヤード(たまにマスワリ)

小生、20年のキャリアを積んだギタリストです。その為、ギタープレイに関しての話題が多くなりますが、ご勘弁を・・・
各アルバムや曲の、演奏面を中心にレビューをしていきます。あくまでも私の主観によるレビューでありますので、ご了承下さいませ。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
yahoo!ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
Amazon
ブロとも一覧

翁のブログ。

テイルピースの気ままな写真とギターのブログ

シンプルに・・・ギターブログ(Guitar Blog)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
PING送信プラス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。