スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第84回【OZZY OSBOURNE/SCREAM】10/6/28

本日紹介する作品は、先日発表されたばかりの
OZZY OSBOURNEの新作アルバムでございます。

今作からはなんと言っても、若手ギタリストの逸材、ガス・Gが
参加しての新生オジーとなります。

オジーと言えば歴代ギタリストが全員、歴史に名を残すであろう
名手達ばかりであり、そのギタリスト発掘、ぶっこ抜きの手腕は
オジーの優れた才能の一つと言っても過言ではありません。

そんなオジーがザックと袂を分かち、そして新たに引き入れたのが
若手の注目株、ガス・Gですね。私は過去にもこのガス・Gの作品を
幾つかレビューしてきており、そのたびに繰り返し言ってきましたが、
このガス・G、近年の若手ギタリストの中ではピカイチのギター巧者
であり、オジーがバンドに欲しがるのもまったく不思議ではない名手
だと思います。

と言うわけで、私個人的にものすごく贔屓しているギタリストなわけで、
そのガスが歴史あるバンド、オジー・オズボーンに加入しようとは、
まさしく寝耳に水のビッグサプライズであり、今作の発売は本当に待ち
遠しくてしかたなかったです。

もちろん発売日前日にフライングして今作を入手したわけです。



ScreamScream
(2010/06/22)
Ozzy Osbourne

商品詳細を見る

『スクリーム』

CD (2010/6/22)
ディスク枚数: 1
フォーマット: Import, from US
レーベル: Epic


収録曲

1. Let It Die
2. Let Me Hear You Scream
3. Soul Sucker
4. Life Won't Wait
5. Diggin’ Me Down
6. Crucify
7. Fearless
8. Time
9. I Want It More
10. Latimer’s Mercy
11. I Love You All





え~

いきなり苦言を呈しますが、ギタリストをガス・Gに替えて一体何が
したかったのか・・・?

この交替に何の意味があるのか・・・

・・・・・?

残念ながら、新生オジーまったく機能していません。いや、
インスト陣は頑張ったと言えるかもしれません。問題は楽曲の
クオリティにありそうです。

今作の楽曲はすべて、オジーとプロデューサーにより書かれたものの
ようです。その楽曲は、どうも前作を踏襲するような雰囲気のもの
ばかりであり、私はバンドが若きギタリスト、ガスを加入させる
ことで、一新されるのでは?と思っていたのですが、完全に肩透かしを
喰らいました。

バンドの一新どころか、今作も前作の延長みたいなものですね。
特に代わり映えもしないし、面白みもありません。

先述しました通り、私は今作もつまらないものになってしまった要因は、
楽曲のクオリティにあるような気がします。まず第一にオジーにそんなに
非凡なる作曲能力があるとは思えません。なんせ名曲『月に吠える』を
ジェイクからオジーのクレジットに力技でしてしまった人ですから・・・

そのオジーが自分のヴォーカルメロディを中心とした、楽曲づくりを
してしまったのではないかと思うのです。事実は分かりませんが・・・
恐らく、今作にガスが加入したことで、私も含めて皆が期待したのは、
ギターリフの復活だったと思います。ですが残念ながら、キャッチーで
カッコ良く、インパクト絶大なリフは今作でも一つとして聴けません。

ここが一番の問題ではないでしょうか・・・。

私は、せっかく若手のガスを加入させたなら、このガスのギターリフを
中心とした楽曲づくりをするべきだったと思います。と言うか、それが
狙いじゃなかったのかよ・・・。

オジー・オズボーンと言えば、やはりカッコいいギターリフでしょう!
と、古くからのファンは思うわけですが、どうやらオジーのベクトルは
その方向ではないようですね。先述しました通り、ヴォーカルメロディを
中心とした楽曲づくりがしたいんじゃないでしょうか。

今作にはそんな印象を私は持ったわけですが、別にそれはそれで良いと
しても、あまりにフックはありませんし、皆さまご承知の通り、オジーの
歌は特別上手いものでもありません・・・。今作でもそれは変わりありま
せん。この年齢ということを考慮すれば、オジー独特の世界観はしっかりと
ありますし、何より歌声に衰えを感じさせませんので、その辺に関しては
見事だと思います。

しかし残念ながら、ファンのほとんどはこういう作風を歓迎しないと思うん
ですよね。もちろん私を含めて。やはり強力無比なギターリフは欲しかった
し、ギターによるリードタイムはしっかりと取ってほしかったです。今作
ではキャッチーなギターリフは皆無。そして各楽曲のリードタイムはほんの
数小節確保されているだけで、楽曲によってはオブリガード程度のものまで
あり、楽曲の構成自体がもうガスにリードを弾かせる気がありません。

リフ弱い。リードタイム短い。コード進行つまらない。

これではガスも成す術なしでしょう・・・。

完全なる素材殺しですね。せっかくの逸材もこれでは活かされません。
と、言う事で、ギタープレイもまったく面白みがなく、歴代ギタリストの
プレイの中では最もつまらない作品になってしまったと思います。
しかし、これはガスを責める気にはなりませんね。この楽曲構成ではこれ
くらいが限界だと私も思いますので・・・。

これはガス本人も口にはせずとも、不本意なんじゃないですかねぇ。
恐らく色々と命令された結果がこれなんじゃないかと・・・。

この楽曲構成でしたら、正直ギタリストはザックのままでも良かったと
思いますし、極端な話、誰が弾いても大した変わり映えはしなかったと
思います。それくらいギタリストとしては個性が出しにくい作品だと思い
ます。

その他のパートですが、先述しました通り、インスト陣は実は結構頑張って
います。特にベーシストはかなり巧いですね。一体誰なのか良く分からない
のですが、このつまらん楽曲にありながらもなかなかの個性が感じられます
し、実はこのベーシストが縁の下から楽曲を支えていますね。ただ何度も
言いますが、楽曲はつまらないものですので、こちらも頑張っても限界が
あります・・・。

そしてつまらない、つまらないと書きましたが、その楽曲はアルバム全編
似たようなテンポの楽曲ばかりで、まったく印象に残りませんし、非常に
地味です・・・。
購入から一週間なんとか聴き続けましたが、もうしばらくは・・いや、
この先ずっと?聴かないかもしれません・・・。今はそんな気分ですね。
いやはや・・・。


待ちに待った新作がこれかよ!

ギタリスト交替させてもこれかよ!


・・・・・


もう私が望むオジーは居ませんね。

『ノー・モア・ティアーズ』で引退で良かったと思います。
あの作品以降全て鳴かず飛ばずじゃないですかぁ・・・
個人的には今作が一番落胆しました。ギタリスト交替で期待が大きかった
だけに・・・

結局、ギタリストの交替も若いガスを加入させて、自分の言いなりにし、
自分のやりたいことを実現しただけなんではないでしょうか。歌詞カードを
観るとメンバーの写真は一切ありません。オジーが一人写っているだけです。
(私のは輸入盤)この辺の待遇にも現れているような気がします。結局は
オジーのソロアルバムってことが・・・。メンバーはただのサポートですね。


まぁ、色々と苦言ばかりのレビューとなってしまい、もしかしたら私の思い
違いや勘違い、誤解もあるかもしれませんが、私が今作を聴いて、こういう
感想を持ったことは事実であり、いくら歴史あるバンドの作品であろうが、
思ったままを嘘偽りなく書いたまでです。

何か良い面を書くならば、こちらも先述しましたが、オジーの歌声に衰えを
感じないと言うことでしょうか。まぁ、もともとあの歌いかたなんで、
それもそこまで凄いことではないかもしれないのですが。

それから今作は、オジーの過去作を知らない方でしたら、多少は楽しめる
可能性はあります。先行配信されていた②や①③なんかはまずまずの出来
栄えで、オジーらしさも残っていますので。ただ私のようにギタリストの
交替で、バンドが一新することを期待した方にはやはり厳しい作品だと
思います。

期待が大きかっただけに厳しいレビューとなってしまいました。


非常に残念です。




今作の評価です。


79点です。


前作にもかなり厳しい評価をしましたが、今回も同様ですね。
普通の歌ものだと思えば、これくらいの評価はできます。






BURRN!誌の方はクロスレビューとなっています。


小澤氏・・・87点
広瀬氏・・・97点
前田氏・・・86点
幅氏・・・・90点

   

4者のコメントを見ても、私より高評価をしているわけですが、中でも
広瀬氏の97点。これはもう正気の沙汰とは思えません・・・。
私は別にこの評価に釣られて買ったわけではないので、なんとも思いま
せんが、中にはこの評価を見て、飛びついちゃった方も居るんじゃない
でしょうか・・・。

心中は如何に・・・。



またペプシからおかしなのが発売されていますが、
ばおばぶ?・・・モチーフ・・・?

IMG_0248.jpg
一体何がバオバブなのか分かりませんが、もはやコーラの味ではありません。嫌いじゃないですけど。



スポンサーサイト

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

第37回【OZZY OSBOURNE/BLACK RAIN】09/09/07

本日紹介する作品は、2007年発売の
OZZY OSBOURNEのアルバムです。

通算9作目となるスタジオアルバム現時点での
最新アルバムですね!
内容はいかほどか・・・


ブラック・レインブラック・レイン
(2007/05/23)
オジー・オズボーン

商品詳細を見る

『ブラック・レイン』

CD (2007/5/23)
オリジナル盤発売日: 2007/5/22
ディスク枚数: 1
レーベル: ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
収録時間: 54 分


収録曲

1. ノット・ゴーイング・アウェイ
2. アイ・ドント・ワナ・ストップ
3. ブラック・レイン
4. レイ・ユア・ワールド・オン・ミー
5. ジ・オールマイティー・ダラー
6. 11 シルヴァー
7. シヴィライズ・ザ・ユニヴァース
8. ヒア・フォー・ユー
9. カウントダウンズ・ビガン
10. トラップ・ドア
11. アイ・キャント・セイヴ・ユー (日本盤のみのボーナス・トラック)
12. ナイトメア (日本盤のみのボーナス・トラック)


今作は作曲面からザック・ワイルドが全面参加しています。
それもありやはり、ザック加入後の初期の2作品よりな作風を
期待しがちなのですが、今作では多少はその雰囲気もないとも
言えませんが、あまりそれを期待すると肩すかしを喰らう
ことになるかと・・・

まずはギタープレイのチェックですが、ザックの持ち味である
豪快で爽快なリフがまず聴けません・・・なんだかBLSを
聴かされているかのようなヘヴィネス路線であり、パンチの
聴いたキラーチューンは今作では聴けません。ゴリゴリと
ラウド系のバッキングが全編で展開されており、楽曲の
キャッチーさも弱冠薄いですかね。
リードの方ですが、残念ながら私には一曲として心に響くような
リードはありませんでした・・・私も大好きなギタリストだけに
リードくらいはいつものザック節を期待していましたが、
これまた、訴えかけてくるものはなし・・・残念です。
サウンド面も今までよりもヒステリックな歪みを使っており
なんだか粒の潰れたような音色で、あまりいい音とは言えません。
なんだかマイナス要素ばかりを書いてしまいましたが、
私はザックのライブに何度も足を運んでいますし、ザックのギター
クリニックに参加をしたこともあるほどの、ザック贔屓です、
その私が涙をのんで、正直に感じたことを書いたまでですので
ザックファンの方、ご勘弁を・・・

オジーの歌ですが特にかわりはないです、すごい安定感
ですね(笑)もちろんオジーレベルでの話です(笑)
しかしながらオジーが歌えばそれだけで、今回のような
楽曲もあっという間に、彼のお得意の世界観へと引きずり込まれ
ますね!この人ももう還暦を過ぎていたはず、私の両親と
同じくらいの年齢ですよ、それを考えると昔からかわりのない
歌声を維持しているとは恐るべしですね!

アルバム全体の楽曲ですが、とにかくパンチのきいた楽曲こそ
聴かれないものの、役目済まし的楽曲もないですし、オジー
ワールドは十分に展開されていると思います。まぁ彼が歌えば
全部そんな感じになるのかもしれませんが・・・
やはり分かりやすいキャッチーな楽曲のなさからか、多少中盤から
ダレてくる感は否めませんかね。

私もザックが大好きなのですが、オジーがまだ今後も音楽活動を
継続していくというのなら、そろそろギタリストのチェンジを
考えるときだと私は思います。ザックは現在ではBLSもあり
十分に自分の活躍の場と世界観を持っているわけで、有能な
ギタリストの獲得はオジーの得意とするところで、今までギタリスト
選びで失敗はありませんし、大成功をしていますからね!
歴代ギタリストは全員、私のギターヒーローですし!

ってこんなこと書いていたら、ザックが解雇?
そんな噂が耳に入り込んできました!まさに寝耳に水・・・
しかもそれだけではありません、新ギタリストになんと
あのガス・G! エッ!これホント マジでビビりました!
一応、YouTube確認するとすでにありました、オジーの
傍らで、月に吠えるを弾くガス・Gの映像!
マジでした・・・ガス・Gと言えば現代ギタリストの中では
私もとても贔屓にしているギタリスト、非常に巧いです!
また凄いギタリストを獲得したもんですね・・・
しかしながらオジーの世界観にガス・G・・・合うかな~
それとも単なるサポートギタリストなのか?




ソース  英語のサイトですが、それらしきことが書かれている模様
http://www.roadrunnerrecords.com/blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=125635


え~アルバムレビューからだいぶ脱線しましたが
今作の私のアルバムへの点数は・・・

81点です!




一方BURRNの方ですが、3名によるレビューでした。
当時のレビューを見てみると・・・


小澤氏・・・81点
大野氏・・・93点
奥野氏・・・86点


   
BURRN誌の方でも評価が割れていますね!
非常に高く評価をする方もいるのが本作ですね。


うちのネコちゃん 
CSC_0298.jpg
オジーにガス・Gが加入だと!そりゃ楽しみだね!


テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

第29回【OZZY OSBOURNE/NO MORE TEARS】09/08/07

本日紹介する作品は、1991年発売の
OZZY OSBOURNEのアルバムです。

確かオジーはこのアルバムのリリース前に引退を
示唆しており、そんなおりにリリースされた本作は
なんだかいつになく感情に訴えかけてくるような
そんな作風でした、当時まだ小僧だった私の心は感動すら
覚える芸術作に心底痺れたのを今でも思い出します。


ノー・モア・ティアーズノー・モア・ティアーズ
(2002/06/19)
オジー・オズボーン

商品詳細を見る

『ノー・モア・ティアーズ』

CD (2002/6/19)
オリジナル盤発売日: 1991/9/17
ディスク枚数: 1
レーベル: ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
収録時間: 66 分


収録曲

1. ミスター・ティンカートレイン
2. アイ・ドント・ウォント・トゥ・チェンジ・ザ・ワールド
3. ママ、アイム・カミング・ホーム
4. ディザイア
5. ノー・モア・ティアーズ
6. S.I.N.
7. ヘルレイザー
8. タイム・アフター・タイム
9. ゾンビ・ストンプ
10. A.V.H.
11. ロード・トゥ・ノーホェア
12. ドント・ブレイム・ミー
13. パーティー・ウィズ・ジ・アニマルズ


全体的に強力なリフは抑えられているものの
今までにない力強いザック・ワイルド音作りが、強力な印象
アクティブのレスポールにマーシャル!間にエフェクター(コーラス?)は
少々かかっているがほとんど生の音作りだと思います。
この設定でこんな硬く強固な音はまず出ませんね!
みなさんご存じのあのマッチョなボディにしかなせない強力な
腕っぷし、ピッキングがあっての音でしょう!これには圧巻!!
すばらしい音です!!

しかしながらこのメロディックさは一体?
涙腺を刺激してやまない、絶妙に配置された3曲のバラード!
全曲がコーラスはもちろんヴァース、ブリッジ、インタールードまでもが
メロディの洪水となっており、まったく聴く者の耳を離さないでしょう!
ザックのメタリックなバッキングに絶妙にオジーワールドの歌が
乗っていますね!ヴァース、ブリッジにいたるまで!すばらしい!
オジーの歌は上手い下手はどうでもいいような気すらします。
巧いのです!!

ザックのプレイもやたらと気合が入っています。
今回はあまり強力なリフは弾きませんでしたが、それなのにもの凄い
迫力です!まったくどんな腕っぷししていることか、バッキングでは
メタリックにアグレッシブなプレイですが、リードでは太く甘いトーンで
一層、感情を盛り上げてくれます。ペンタトニックスケールを主体とした
単調な音階をここまでメロディックにヘヴィに操るとは、まさに
ペンタトニック大魔王の異名に相応しいと思います。

ちなみにギター弾きの私は、このアルバムでの神懸ったザックのプレイに
心底、惚れておりまして、まぁ~コピーですね!
ほぼ全曲を弾けますwもちろんレスポールかハムバッカーのギターにて
プレイさせて頂いております!

この手の音楽が好きな方は、だいたい今作は聴かれているかとは
思いますが、まだ聴かれたことのない方にはリリースから20年ちかく
経とうとしていますが、今現在聴いても近年の作品となんら変らない
迫力の音に古さも全く感じないと思いますし、ギター弾きの方にも
おすすめできますね!

全曲がメロディックでキャッチーな本作に捨て曲など一曲も
ありませんね!
全HR/HMリスナーは必聴の一枚ですね!



私のアルバムへの点数は・・・

93点です!




一方BURRNの方ですが、3名によるレビューでした。
当時のレビューを見てみると・・・


酒井氏・・・89点
大野氏・・・89点
平野氏・・・92点


   
これだけの傑作90点以上は付けているだろうと、思ったら・・・
まぁそれでもそう簡単に付けてくれる点数ではないですね!


いや~いい天気です。美しい景色!
IMG_0323.jpg
最高のドライブ日和ですね!

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

プロフィール

メタラーまっちゅ

Author:メタラーまっちゅ
音楽学校卒業後、
ギターインストラクターと
なるものの、現在ではしがない
サラリーマン・・・orz
しかしながらギターに対する愛は昔も今も変わらず!


まずは自己紹介に【HR/HM好きの方へ100の質問】こちら

【性別】
  ♂
【Guitar】
Fender 
Ibanez
musicman
Gibson
Martin
Jose Ramirez
他、10本以上所有 
【愛車】
LEXUS GS350
【趣味】
GRANDTOURING
音楽鑑賞(CD1,000枚以上所有)
ビリヤード(たまにマスワリ)

小生、20年のキャリアを積んだギタリストです。その為、ギタープレイに関しての話題が多くなりますが、ご勘弁を・・・
各アルバムや曲の、演奏面を中心にレビューをしていきます。あくまでも私の主観によるレビューでありますので、ご了承下さいませ。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
yahoo!ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
Amazon
ブロとも一覧

翁のブログ。

テイルピースの気ままな写真とギターのブログ

シンプルに・・・ギターブログ(Guitar Blog)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
PING送信プラス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。