スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第70回【過去に一度はレビューしたものの、やっぱりもう一度推したいアルバム その二】10/3/15

私の稚拙な文章能力ではなかなか作品の素晴らしさや魅力を
十分に伝えきれていないのでは(?)と思いまして、過去に一度は
レビューしたものの、今一度お勧めしたいアルバムを簡単ながら
紹介してみたいと思います。

あの世にも持って行くであろう、私の家宝であり
不朽の名作たちです。



まずは1枚目は1996年、フリーク・キッチン

スパンキング・アワースパンキング・アワー
(1996/08/21)
フリーク・キッチン

商品詳細を見る

『スパンキング・アワー』



凄まじいまでの変態テクニックとキャッチーでメロディアス、
そして異常なまでのリズム感を兼ね揃えた、まさにスーパー
ギタリスト!マティアス・エクルンド率いる3ピースバンドの
2ndアルバムです。

近年ではすっかり有名人になってしまったマティアスですが、
この頃はまだほぼ無名でした。私は今作を発表当時に音楽学校の
恩師からのすすめで買ってみたのですが、マジで腰抜かした。
それくらいの衝撃作!あまりの変態テクと天性のリズム感、
そして難解なバッキングを弾きながらも歌も兼任しているという
変人ぶり。変態度に関しては今作より近年の作品のほうがさらに
パワーアップしています・・・。

この頃のマティアスはまだ若かったこともあり、現在とは
少々イメージの違う尖がった演奏も聴けます。最近はあまり
フルピッキングのプレイとか聴かなくなりましたが、今作では
その辺もバリバリと弾いております。それでいて楽曲は
激キャッチーなので万人におすすめできますね。

ギタリストの方には当然もうひと押ししておきます。
マティアスはまさしく今までに類を見ないタイプの
ニュータイプです。まだ彼のプレイを聴いたことのない
ギタリストの方は絶対にチェックすべきですし、買いです。

しかし残念ながら他の方の情報によると今作は非常に手に
入りづらい状況のようです。万が一にもレコード屋で見つけた
際は速ゲットがよろしいかと・・・。私は最新作以外は全作品
持っていますが、中でも今作とムーブの2作、こちらを強く
おすすめ致します。はい。

過去のレビューはこちら





続いて2枚目は2009年発表のデンジャー・デンジャー


リヴォルヴリヴォルヴ
(2009/10/21)
デンジャー・デンジャー

商品詳細を見る

『リヴォルヴ』


昨年の年間ベストアルバムに私が選んだ一作です。
とりあえず、爽やかで清々しく良質なメロディ。それにカッコ
いいギターが聴きたければ今作を聴きいたらいいです。はい。

捨て曲なしの文句なしの名盤!

ちなみにギタリストであるロバート・マルセロのプレイは
昨年のベストギターソロにも選ばせて頂きましたが、実に
素晴らしく美しい。当初、私は今作をこのマルセロのプレイを
聴きたいがためだけに購入したのですが、それよりまずこの
楽曲の良さに非常に心を打たれました。まさしく良メロの洪水。
そこへ花を添えるマルセロのリードがこれまた絶品!

それからバンドのコンポーザーでもあるベーシストのブルーノ・
ラヴェルこの人のプレイも見事な職人ぶり。この人のプレイは
今作で初めて聴きましたが、完全に惚れました。

と、まぁ、メロディック・ハードが好きな方は当然、必聴!
あまり聴かない方も今作を聴いてみると、メロディック・
ハードが好きになるかもしれませんね。

2009年の発表作としては前回、同企画で紹介したメガデスと
同じく激しくおすすめ!


過去のレビューはこちら



つづきまして3枚目、こちらは2002年発表のストリート・トーク
3rdアルバム。


レストレイションレストレイション
(2002/09/21)
ストリート・トーク

商品詳細を見る

『レストレイション』


こちらは過去のレビューでも私のとっておきと言う事で、
かなり力を入れて紹介させて頂きましたが、当然ここでも
もうひと押しさせて頂きます!

とにかく極上のメロディック・ハードが聴きたけりゃ、
今作『レストレイション』を聴けばいいです。←使いまわし。

美しい楽曲に、透き通るようなヨラン・エドマンの歌、そして
卓越した技術に確かな音楽理論と洗練されたメロディセンスを
持ち合わせたスヴェン・ラーションのギターはまさしく歌う
ギター!その素晴らしさと言ったら、本当に音楽界の歴史に
残したい名演。少し玄人向けのプレイかもしれませんが、ある
程度の経験を積んだギタリストの方なら、このプレイの凄さが
どれだけ神がかっているかは十分に分かるかと思います。

とりあえずギタリストの方はこのスヴェン・ラーションの
プレイだけでアルバム購入代金の元は余裕で取れると思う。

ギタリスト以外の方もどうぞ一家に一枚ストリート・トーク!

我が家の家宝!!


過去のレビューはこちら





と、まぁ今回も3作品を再度プッシュさせていただきましたが、
本気でおすすめなんですよね~ どれだけ聴く価値があるかと
問われれば、私は前回の3作品も今回の3作品に関しても同様ですが、
アルバムの売値以上のお金を出してでも聴く価値があるとマジで
思っています。

当方はギタリストのため、ギターに特別な思い入れがあることも
事実なのですが、ここに挙げた作品はギターの素晴らしさは
勿論のこと、プラス楽曲の素晴らしさも文句なしの名作達です。

どなた様も安心して聴ける作品だと思いますし、やっぱり
今後も長い付き合いができるであろう、本当の傑作ですね!

はい。



その一での記事はこちら







スポンサーサイト

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

第45回【過去に一度はレビューしたものの、やっぱりもう一度推したいアルバム その一】09/10/16

私の稚拙な文章能力ではなかなか作品の素晴らしさや魅力を
十分に伝えきれていないのでは(?)と思いまして、過去に一度は
レビューしたものの、今一度お勧めしたいアルバムを簡単ながら
紹介してみたいと思います。

あの世にも持って行くであろう、私の家宝であり
不朽の名作たちです。



まずは1枚目は2007年、シンフォニーエックス

パラダイス・ロストパラダイス・ロスト
(2007/07/25)
シンフォニー・X

商品詳細を見る

『パラダイス・ロスト』


この作品はやっぱり激しくお勧めですね!
近年稀に見る傑作だと思っています。今一度推しておきたいです。

とくにギタリストは必聴でしょう!マイケル・ロメオの
その卓越した演奏技術と研ぎ澄まされた天性のメロディセンス、
エキサイティングでスリリングな超絶ギタープレイはそうは
聴けるものではありません!
今作での奇跡とでも形容したくなるような神々しいプレイは
是非押さえておきたいところですね!

各パートのレベルの高さも異常でバンドアンサンブルの高さ楽曲の
素晴らしさも芸術!

シンフォニックでドラマティックな楽曲群も捨て曲など一切なし!
タイトルトラックのバラードも最高!

近年に購入したアルバムの中でも断トツのNO.1作品!!




続いて2枚目は2009年、先月発売されたばかりのメガデスの新譜


エンドゲームエンドゲーム
(2009/09/09)
メガデス

商品詳細を見る

『エンドゲーム』


前作でも十分満足していた私、しかし今作では前作をはるかに
凌ぐ魂新の力作!!
名作ラスト・イン・ピースにも匹敵する傑作の誕生かと思います。

新加入のギタリスト、クリスのプレイも素晴らしいし、ここにきて
ベテランであるムステインも相当にテクを上げてきています!
完全なるギター音楽たるヘヴィ・メタル作品を作り上げてきています!

クリスとムステインのスリリングなギターバトルはあの
マーティ・フリードマンとのツインリードを彷彿させる壮絶さ!
さらにはアルバム全編の構成がファストチューンを中心とする
つくりとなっており非常にアグレッシブ!こんなメガデスは
ホントにラスト・イン・ピース以来であります。

まさにインテレクチュアル・スラッシュ・メタルの復活であり、
強力無比な楽曲の連続に心底震え、このバンドの持つ計り知れない
膨大なエネルギーを感じることができます!
ムステインも未だこんな底力を蓄えていたとは恐ろしい…

とにかく最高!
今作は2000年代を代表するメタルアルバムになるのではと
本気で思う。



つづきまして3枚目、こちらも2009年、
新星スティール・パンサーのデビュー作


鋼鉄の女豹(初回生産限定盤)鋼鉄の女豹(初回生産限定盤)
(2009/08/05)
スティール・パンサー

商品詳細を見る

『鋼鉄の女豹』

上記2作品から比べると少々弱いかもしれませんが、
こちらも私のお気に入り!

楽曲にいろいろなバンドの確信犯的パクリをふりかけ成分とし、
思わずにやけてしまうような場面を随所に盛り込みながらも、
自分たちの物にしてしまうそのテクニックには舌を巻いてしまいます。

また元ファイトのギタリスト、サッチェル(ラス・パリッシュ)の
ギターヒーローぶりも聴きどころで素晴らしいプレイの連続です。
ロブ・ハルフォードとやっていたときよりも、遥かに良質なプレイを
しています!

ボーカリスト、マイケル・スターの歌もかなりのもので
迫力のシャウトをかましています!
こちらも捨て曲と言う捨て曲はないんじゃないかな~
キャッチーでフックなメロディはついつい口ずさんでしまう
軽快さで何度聴いても楽しいです!

また歌詞は最上級にお下劣で対訳を読めば大爆笑!是非国内盤を
おすすめしたいですw

ちなみにメタルには特別興味のない私の妻も口ずさむほどの
印象的なメロディが満載です!





今回取り上げた3作品は、私自信とてもリピート回数が多く聴けば
聴くほどにその魅力に引き込まれてしまいます。

とりあえずその一はこの3枚ということで…
あとはカテゴリより過去のレビューも合わせて読んで頂けると
幸いであります。

今後も長い付き合いができるであろう、本当の傑作ばかりです!



我が愛車、レクサスGS。
IMG_0056 (2)
ディーラーに行くと毎回こんなおもてなしをしてくれます、ちいさな幸せです。

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

プロフィール

メタラーまっちゅ

Author:メタラーまっちゅ
音楽学校卒業後、
ギターインストラクターと
なるものの、現在ではしがない
サラリーマン・・・orz
しかしながらギターに対する愛は昔も今も変わらず!


まずは自己紹介に【HR/HM好きの方へ100の質問】こちら

【性別】
  ♂
【Guitar】
Fender 
Ibanez
musicman
Gibson
Martin
Jose Ramirez
他、10本以上所有 
【愛車】
LEXUS GS350
【趣味】
GRANDTOURING
音楽鑑賞(CD1,000枚以上所有)
ビリヤード(たまにマスワリ)

小生、20年のキャリアを積んだギタリストです。その為、ギタープレイに関しての話題が多くなりますが、ご勘弁を・・・
各アルバムや曲の、演奏面を中心にレビューをしていきます。あくまでも私の主観によるレビューでありますので、ご了承下さいませ。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
yahoo!ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
Amazon
ブロとも一覧

翁のブログ。

テイルピースの気ままな写真とギターのブログ

シンプルに・・・ギターブログ(Guitar Blog)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
PING送信プラス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。