スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第109回【ALLEN LANDE/THE SHOWDOWN】10/12/4

予定通り購入しました。ALLEN・LANDEの新譜
3rdアルバムです。

国内盤が当初、確か9月に発売予定だったと思ったのですが、
ちょこちょこと延期が入り、ついには今年の年末にリリースとの
情報を得まして、待ち切れずに輸入盤を購入したのでした。

この企画も3作目まで来るとは、よほど評判がよろしいので
しょうか。私もまんまと3作すべて揃えてしまいました。

2ndをレビューしたときにも私は書きましたが、この新譜には
私、相当な期待をしていました。これまでの2作品があまりに
素晴らしい出来栄えゆえ、期待せずにはおれんかったのです。

年末までは待ちきれません、輸入盤を即ゲットというわけです。





The ShowdownThe Showdown
(2010/11/08)
Russell Allen

商品詳細を見る

『The Showdown』

CD (2010/11/8)
ディスク枚数: 1
フォーマット: Import, from US
レーベル: Frontiers


収録曲

1. The Showdown
2. Judgement Day
3. Never Again
4. Turn All Into Gold
5. Bloodlines
6. Copernicus
7. We Will Rise Again
8. The Guardian
9. Maya
10. The Artist
11. Eternity
12. ALIAS





今作の主要メンバーも変わりありません。主役のヴォーカリストに
ラッセル・アレンとヨルン・ランデの二人、ドラム以外のすべての
パートを今回も恐らくマグナス・カールソンが担当していると
思います。

冒頭、幕開けから、強烈なフック満載の楽曲が2曲続けてきます!
まずは掴みは完璧。思った通りの展開に、にんまりとします。
毎回、ほとんどけなすところがない彼らの作品なのでありますが、
この冒頭の2曲にノックアウトされてから以降は少々微妙な展開と
なります。

楽曲のクオリティこそ非常に高い楽曲がこの後も続きますが、
今一つパンチ力に欠け、メロディックさを失ってしまったかのような
気がします。

1st、2ndでは涙がこぼれるほど美しいバラードも収録されて
いましたが、今回はお涙ちょうだいとまではいかない少々メロディが
気薄なバラードとなってしまっているし、ミドルチューンもいまいち
フックが足りない気がします。

まぁ、はっきり申し上げると、冒頭①②以降は今までより、楽曲の
質が少々ですが、落ちていると感じます。

いや、決して悪くはないんです。

1st、2ndととんでもない良作が続いていた彼らだけに、それだけ
期待が大きかったんです。私も今作にはもの凄い期待をしていただけに、
・・・ん?って感じなんです。

しかし、そうは言いつつも一度アルバムを再生すると、スキップする
楽曲はないんですよねぇ。それだけ一曲一曲のクオリティはそれなりに
高いと言うことが言えます。しかし、なんとなくフックが足りない
そんなもどかしさや歯がゆさを感じることも事実です。

それから超絶ギタリストのマグナス・カールソンのプレイですが、
まぁ、これは2ndレビュー時にも書いたことですが、やっぱりあまり
好きにはなれません。

マシンガンのようなフルピッキングありスウィープありのタッピング
ありでテクニックは十分だし、それなりにメロディックでもあるしで、
十分に聴き手を楽しませるプレイはしてくれていると思いますが、
私個人的にはもうマグナスの手癖とフレージングには飽きてしまいましたし、
リズム的な音楽要素がもう少しリードプレイに含まれていると面白いのに
なぁ・・・と言った感じなんです。

今作でもその印象はまったく変わりませんでしたね。私的にはもう
マグナスのリードプレイには満腹でございます。

ですが、これも毎度書いていますが、マグナスの才能はギタープレイヤー
としてよりも、私は楽曲作り、コンポーザーとしての才能が大きいと
思っておりまして、今作では多少、フックの減退が見られ、歯がゆい
ところもありますが、やっぱりマグナスの書いた楽曲はすべて平均点
以上はある楽曲ばかりですし、その才能の豊かさは非凡なものがあると
思います。

と言うわけで、このプロジェクトにはマグナスの存在は言わずもがな、
必要不可欠なわけです。

・・・と、マグナスのことはもういいですね。

それよりも主役二人の歌はどうなのかですね。

まぁ、まずは一言・・・

素晴らしい!

これに尽きますね。超が付くほどの巧さです。

両者ともに稀代の名ヴォーカリストですよ!

そして、こちらも毎回書いていますが、似ている・・・
やっぱり歌声と歌い回しが似ている。どっちがどっちに似てきたのか
分かりませんが、さらに似てきたような気がします。

あまりに似ているんでデュエットさせる意味が少々分かりにくいの
ですが、まぁ、両者の歌の巧さは本当にメタル界随一だと思いますし、
二人の歌声を楽しむだけでも、それなりに価値のある作品だと思います。

ただこれからALLEN・LANDEを聴いてみようと言う方には
やっぱり私は1stか2ndから聴いてみることをオススメいたします。
ただしこの3rdアルバムも決して悪い作品ではございません。
全楽曲が十分に平均点以上のクオリティは持っている作品だと思います
ので、今作から聴かれてもなんら問題はないと思っています。






今作の点数です・・・


81点です!


まぁ、少々難癖も付けましたが、十分佳作だと思います。



一方BURRN!誌の方ですが、


小澤氏・・・79点


結構、評価低めですね。私より低い点数だとは思いませんでした。



またペプシからおかしなのが出てますよ~。モンブラン・・・
IMG_2014.jpg
プ~ンと漂う甘い香り、見事にコーラとモンブランの味が融合・・
うん、まずい。


スポンサーサイト

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

第93回【ALLEN LANDE/THE REVENGE】10/8/19

本日紹介する作品は、2007年発表の
ALLEN・LANDEの2ndアルバムです。

どうやら彼らの新作3rdアルバムが、9月頃にはリリース
されるのではないかとの情報を得ました。まぁ、私は今年も
あまりCDを買っていないわけですが、こちらは余程評判が
悪いものでない限りは、恐らくお買上げとなると思います。

と、ここまで買い控えする私がこの新譜はきっと買うと言える
のも、これまでの彼らの2作品がものすごい良盤だからなんです。
実にすばらしい実績を残してきていますので、新作には激しく
期待が高まるのも当然のこと。

そこで以前には1stアルバムのレビューを致しましたが、
まだレビュー記事を書いていなかった、2ndアルバムも新作
リリース前に記事をアップしておきます。

1stのレビューはこちら。

新作の出来栄えについては、まだまったく情報が入ってきており
ませんが、とにかく彼らの過去の作品、今回レビューする
2ndと過去にレビューした1st、私のレビューがどこまで
参考になるかは分かりませんが、読んで頂き作品が気になった方は
迷わず購入してほしいです。

新作を聴く前に、これまでのすばらしい実績を知っておいて頂き
たいです。





ザ・リヴェンジザ・リヴェンジ
(2007/05/23)
アレン・ランデ

商品詳細を見る

『ザ・リヴェンジ』

CD (2007/5/23)
ディスク枚数: 1
レーベル: キングレコード
収録時間: 67 分


収録曲

1. ザ・リヴェンジ
2. オブセスド
3. ヴィクトリー
4. マスター・オブ・ソロウ
5. ウィル・ユー・フォロー
6. ジャスト・ア・ドリーム
7. ハー・スペル
8. ゴーン・トゥー・ファー
9. ウェイク・アップ・コール
10. アンダー・ザ・ウェーヴス
11. フー・キャン・ユー・トラスト
12. ホウェン・タイム・ダズント・ヒール
13. ホウェン・タイム・ダズント・ヒール(リミックス)
(日本盤ボーナス・トラック)





今作も参加アーティストは変わっていません。主要メンバーですが
ヴォーカリストには当然この二人、ラッセル・アレンとヨルン・
ランデ。この二人が主役で歌うからバンド名は『アレン・ランデ』
ですね。それからこの人抜きにはこれらの名盤は誕生しなかったで
しょう。コンポーザー兼ドラム以外のすべての楽器を担当している
マグナス・カールソン。もっと細い彼らの経歴については1st
レビュー時にある程度書きましたので、ここでは割愛しますが
相変わらずすごい面子でございます。


早速、今作の内容の方ですが、前作『ザ・バトル』からほとんど
方向性は変わっていません。ほぼ前作を踏襲する内容と言ってよい
かと思います。ですがこちら2ndアルバムの方がより楽曲は
洗練された印象があります。深みが増していますねぇ。

楽曲単位での話になると、1stアルバムの方がパンチ力のある
楽曲が多く、とくに前半のたたみかけが半端じゃなかったわけ
ですが、今作2ndアルバムでは、全曲の均整が非常に良くとれて
おり、アルバム単位で作品を見た場合の評価は、個人的にはこの
2ndアルバムを高く評価します。もちろん1stアルバムだって
すばらしい構成で仕上がっているのですが、この2ndは非の打ち
どころがございません。

非の打ちどころがない・・・大事なことなので2回言っておきます。

1stアルバムから変わらず素晴らしいことは、当然主役は二人の
ヴォーカリストなので当たり前のことなのですが、彼らの歌の巧さが
全面的に活かされていることですね。マグナス・カールソンは本当に
優れたコンポーザーであり、その辺りのことが実に良く分かっていると
思います。二人の歌を活かす楽曲作りがしっかりとされています。
ヴォーカルメロディが本当に素晴らしいんです!良質なメロディの
洪水です!

しっかしアレンとランデの二人の歌ですが、今回もめちゃくちゃ巧い
です。さらにはマグナスの書いた楽曲に、二人の歌声はとても良く
マッチしています。前述した通り私個人的には、アルバムとしての
仕上がりはこの2ndの方が良いと言いましたが、それは前作の製作
では楽曲は出来上がっていても、その時点ではまだ誰が歌うかと言う
のが決まっていなかったということでした。しかし今作は完全にこの
二人が歌う事を前提にして書かれた楽曲郡であり、マグナスは二人の
歌声もイメージしながらのソングライティングが出来たこともあり、
今作は前作よりもさらに洗練された作品に仕上がったのではないかと
思います。

あと歌声に関してですが、こちらは1stレビュー時にも書きまし
たが、今作でも二人の歌声はそっくりです・・・。やっぱりこの
二人の歌声は似すぎだと思います。正直区別の付かない楽曲がかなり
あります。はい。
ラッセル・アレンがシンフォニー・エックスでの怒りを感じさせる
ような歌唱法をすれば、ある程度の聴きとりはできると思うのですが、
今作品に合わせてのことだとは思いますが、シンフォニー・エックス
よりもしっとりと上品に歌いあげていますので、それがヨルン・ランデの
歌声と被るのです・・・

少なくとも私には聴きわけがちょっと難しいですね~
ですが、両者共にめちゃくちゃ巧いです!めちゃくちゃです!
今作で一番大事なことなので2回言っておきます。

それから超絶ギタリストとしても知られるマグナス・カールソン
ですが、プレイ面でもとても良い仕事をしていると思います。
あくまで主役は二人のシンガーであることを念頭に置いたプレイ
だと思います。しっかりとリードタイムはとってはありますが、
あくまで二人の歌声と楽曲に花を添えるそんなプレイぶりですね。
超絶技巧もバリバリと弾いていますが、楽曲の邪魔にはなって
いないと思いますし、さらっと流して聴けるメロディを持った
プレイになっているところがさすがですね。

しかし残念ながら、ちょっと私好みのプレイではないんですよねぇ。
何が好みじゃないのかって、上手く言葉では言えないのですが・・・
たぶんその卓越した超絶技巧の使いかたが好きじゃないんだと
思います。タメ息もののプレイは分かるんですが、そこにハッと
するようなメロディがないと言うかなんと言うか・・・まぁ部分的な
フレージングの話です。前述した通りリードタイム全体ではそれ
なりにメロディックなものに仕上がっているとは思います。

まぁマグナスは楽曲づくりに全力を尽くしていると思いますし、
主役は二人のシンガーなわけであり、マグナスのギタープレイを
聴くために今作を買ったわけではありませんので、全く問題になり
ませんが。と言うか自虐的ですが、このギタープレイにケチ付ける
方がきっと鬼畜だと思います・・・。

まとめとしまして、楽曲の方は前述した通り1stに比べてとても
深みが増していると思います。その分少々ですが聴き込みを要する
かもしれませんね。ただ聴き込めばその分、味の出てくるスルメ盤でも
あります。もう今作を購入してから一年近く聴き続けていますが、
まったく飽きる気配がありません。非常に完成度の高い秀逸な
アルバムであると言えます。

これはかなり幅広い音楽層にも受け入れられる作品なんではない
でしょうか。余程、デス系なんかに傾倒している人にはどうかは
分かりませんが、誰が聴いても良質な作品になりえると思います。

1stに続き非常に素晴らしい作品に仕上がっていると思います。


これまた傑作!

十分お金叩いて聴く価値があります!



これまでのニ作品を聴けば皆さん、今年リリース予定の新譜が
きっと聴きたくなるじゃないでしょうか。

・・・私は聴きたい。





そんな本アルバムへの点数ですが・・・


91点です!


全然飽きませんからねぇ~まだまだ聴けそうです。
名盤です!



一方BURRN!誌の方ですが、


前田氏・・・86点



まぁ、まずまず評価されているようですね。





アレン・ランデはとても声質が良く似ているわけですが、
もう一人似ている人がいます。
10640_pic_300.jpg
ピンククリーム69やアダージョでご活躍の
デイヴィッド・リードマン(真ん中)。この三者はホント同じ声質だと思う。




テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

第47回【ALLEN LANDE/THE BATTLE 】09/10/26

本日紹介する作品は、2005年発表の
ALLEN・LANDEのアルバムです。

ご存じSYMPHONY Xのラッセル・アレンと
MASTER PLANのヨルン・ランデの二人の
超絶実力派シンガーが組んだプロジェクト!

実はこのアルバムはホントつい先日購入したものなんですが、
一聴してあまりの素晴らしさにその時丁度聴いていた
BEATALLICAのアルバムは放り投げ、こっちに
完全にはまり込んでしまいました。

さらには今作に楽曲を提供したコンポーザーはこれまた超絶
ギタリスト、LAST TRIBE、PRIMAL FEAR、
STARBREAKERでおなじみのマグナス・カールソンであり、
演奏の方もドラム以外はギター、ベース、キーボードと
マグナス自身が担当しています。

とにかくこの才人達が生み出した至高のメロディは、実に美しくも
華麗であり聴く者の心を掴み離さない、極上の作品!


ザ・バトルザ・バトル
(2005/08/24)
アレン・ランデ

商品詳細を見る

『ザ・バトル』

CD (2005/8/24)
オリジナル盤発売日: 2006/6/22
ディスク枚数: 1
レーベル: マーキー・インコーポレイティド
収録時間: 65 分


収録曲

1. アナザー・バトル
2. ハンターズ・ナイト
3. ウィッシュ・フォー・ア・ミラクル
4. リーチ・ア・リトル・ロンガー
5. カム・アライヴ
6. トゥルース・オヴ・アワ・タイム
7. マイ・オウン・ウェイ・ホーム
8. アスク・ユー・エニウェイ
9. サイレント・レイジ
10. ウェア・ハヴ・ジ・エンジェルス・ゴーン
11. ユニヴァース・オヴ・ライト
12. ザ・フォーガットン・ワンズ
13. リーチ・ア・リトル・ロンガー(アコースティック・ヴァージョン)



このアルバムに収められている楽曲は全てマグナスの書いた
ものですが、楽曲完成時には誰がこの楽曲群を歌うかは
決まっていなかったとのことです。
しかしながら今作のシンガーに選出された二人の実力派シンガー、
アレンとランデの歌は見事なまでにマグナスの楽曲にはまっており、
まるで二人のために書いたかのような印象まで持ってしまうほどの
はまりようです。

今作の主役はもちろん二人の実力派シンガーなのですが、
コンポーザー兼ドラム以外のその他の楽器を担当する
マグナス・カールソンの仕事振りを見逃すことはできません。
まずは今作に提供したメロディアス・ハード・ロックの楽曲群の
素晴らしさはまさに珠玉の逸品!聴く者の心に染みわたる
至高のメロディの洪水であります。
特に冒頭の(1)~(5)までの流れは非常に強力でメロディアス!
アレンとランデの表現力豊かな歌は楽曲をさらに洗練させています。
さらにそこへマグナスの流麗で華麗なリードプレイが切り込んで
くるという、悶絶物の力強さを持つ楽曲群を堪能することができます。

アレンとランデの歌唱も実に素晴らしく秀逸!アレンの怒りを
感じさせるような表現力の豊かさや、ランデの美麗で格調高い歌唱力は
さすがのキャリアを感じさせるものであり、高いスキルに裏打ちされた
その歌唱力の高さは数々の感動的なメロディを生み出しています。

しかしながらこの二人のシンガー同時に聴いてみるともの凄く声質が
似ている・・・一瞬どっちが歌っているのかわからなくなるくらいに
似ていて、アレンの怒鳴るような歌声がしてきて、あ~アレンか。
みたな感じになることが多々ありますね。いや~とにかく二人とも
恐ろしく高い歌唱力なのですが聴き分けが難しいです。
ジョー・リン・ターナーとグレン・ヒューズでも同じような企画が
以前にありましたが、あれぐらいお互い個性的ならすぐに聴き分けも
利きますが、今作はホント良く似ているためデュエットさせるのも
微妙に感じることもなくはないですね。とはいえこれは別に今作の
マイナス点と感じているわけではありません。とにかく聴き分けの
難しさはともかく、こんなに美しい歌メロに浸れるアルバムもそうは
ないですから!

それからやっぱりマグナスのリードも素晴らしいですね!
二人の歌に華麗に華を添えていますね。こちらもしっかり自分の
見せ場のパートを作っていますね。しっかりと各曲にリードの時間が
確保されています。しかしこちらの方も独りよがりになっておらず、
あくまで二人のシンガーの歌と楽曲に華を添えるといった感じの構築美を
感じさせるものですのでご安心を。

先述したとおり今作は(1)~(5)までの流れが非常に強力なのですが、
その後の楽曲が別に悪いということではありません。冒頭の5曲が
あまりに強力すぎるということであり、中盤以降も非常に楽曲のレベルは
高いと思います。聴く人によってはむしろ後半の流れの方が俺は好みって方も
いるのではというような出来栄えで、捨て曲という捨て曲はないと思いますし、
今回のマグナスの仕事振りは本当に素晴らしいの一言ですね!
私個人的には(4)のランデが歌うバラードがあまりにも美しく、胸を締め
付けられる思いに本当に涙腺が緩んでしまいました。

今作はメロディアス・ハード・ロックが好きな人や、近年のヘヴィネス路線に
食傷気味の方などにはとくにおすすめですね!ラッセル・アレンと
ヨルン・ランデの夢の共演、それに華麗に華を添えるマグナス・カールソンの
ギター、聴き手を高揚させる極上のメロディをもつ楽曲群、これを傑作と
言わずしてなんと言おうか!
とにかく素晴らしい出来栄え!!




そんな本アルバムへの点数ですが・・・



89点です!

うん、とにかく力作ですよ!これぐらいありでしょう!



一方BURRN!誌の方ですが、


伊藤氏・・・84点



思ったより点付いてないですね~高得点ではありますが・・・
結構厳しい評価をするもんだな~
個人的にはこれはとても厳しめな評価だと思いますね。


池の穴をのぞいてみたらカニさんのお住まいでした。
IMG_0155.jpg
めっさびっくりしたお!

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

プロフィール

メタラーまっちゅ

Author:メタラーまっちゅ
音楽学校卒業後、
ギターインストラクターと
なるものの、現在ではしがない
サラリーマン・・・orz
しかしながらギターに対する愛は昔も今も変わらず!


まずは自己紹介に【HR/HM好きの方へ100の質問】こちら

【性別】
  ♂
【Guitar】
Fender 
Ibanez
musicman
Gibson
Martin
Jose Ramirez
他、10本以上所有 
【愛車】
LEXUS GS350
【趣味】
GRANDTOURING
音楽鑑賞(CD1,000枚以上所有)
ビリヤード(たまにマスワリ)

小生、20年のキャリアを積んだギタリストです。その為、ギタープレイに関しての話題が多くなりますが、ご勘弁を・・・
各アルバムや曲の、演奏面を中心にレビューをしていきます。あくまでも私の主観によるレビューでありますので、ご了承下さいませ。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
yahoo!ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
Amazon
ブロとも一覧

翁のブログ。

テイルピースの気ままな写真とギターのブログ

シンプルに・・・ギターブログ(Guitar Blog)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
PING送信プラス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。