スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第88回【GALNERYUS/RESURRECTION】10/7/23

皆さま、こんばんは!

2010年、新譜レビュ。GALNERYUSです。

なんでも、今作よりあの小野正利氏が加入しての新譜だそうです。
小野正利と言えば、あの超絶ハイトーンボイスにクネクネのロン毛
でしょうか。いや、私はそんなにこの人を知らないのですが、
とにかく超絶ハイトーンだったことだけは良く覚えています。
それくらいしか印象に残ってないなぁ・・・

それから、ギタリストであるSyu君ですかぁ、こちらも噂には良く
聞いていたのですが、一度もチェックしたことがありませんでした。
しかしなかなかのやり手だそうじゃないですか。

とにかく今まで一曲として、このバンドの音源を聴いた事がなかったの
ですが、巷の評判も良いし、全曲を購入前に試聴できたこともあり、
そこでの感触もかなり良かったので、思いきって買ってみました。


しかし・・・国内アーティストの¥3,000は痛い・・・orz

ジャケ、カッコいいなぁ~


RESURRECTIONRESURRECTION
(2010/06/23)
GALNERYUS

商品詳細を見る

『RESURRECTION』

CD (2010/6/23)
ディスク枚数: 1
レーベル: VAP =music=
収録時間: 58 分


収録曲

1. UNITED BLOOD
2. BURN MY HEART
3. CARRY ON
4. DESTINATIONS
5. STILL LOVING YOU
6. EMOTIONS
7. SAVE YOU
8. A FAR-OFF DISTANCE
9. FALL IN THE DARK
10. DESTINY
11. THE ROAD GOES ON




まずは要注目の小野正利氏の歌なのですが、これが実に素晴らしいです。
相も変わらずの超絶ハイトーンボイスです。他に日本にこんな歌える人
いるのか?ってくらい凄まじい歌いっぷりですね。しかしちょっと線は
細いか?

このバンド音楽性は所謂、メロスピになるかと思うのですが、そんな
テンポの速い楽曲にもまったく問題を感じさせない、堂々たる歌いっ
ぷりはやはり只者ではない。

英語の方も私のような英語ド素人には、全く違和感はなく、日本人臭さを
感じさせません。アルバム後半になると日本語の歌詞も出てくるのですが、
こちらも非常に美しく歌いあげていますし、楽曲に凄く日本詞がマッチして
いますので、私としては一緒に歌えることもあり、この日本詞の楽曲も
かなり気に入りました。

とにかくヴォーカルメロディは素晴らしいと思います。とてもキャッチー
ですし、フック満載ですね。小野正利、見事にバンドのサウンドにハマっ
たのではないでしょうか。文句なし。期待に見事にこたえています。

ちなみにクネクネのロン毛はもう辞めたようで、現在では普通の短髪に
なっています。



それからギターのSyuですが、私的にはこちらが気になるところでして、
一聴したところなかなかのシュレッタ―ですね。ゴリゴリのフルピッキングと
スウィープやエコノミーなどのテクニックがお得意のようです。さらには
ウリ・ジョン・ロートを彷彿させるような、チョーキングとヴィブラートが
Syu、最大の武器のようで、随所で泣きのフレージングを披露しています。
なかなか琴線を刺激してきます。いや、最近で言うとマイケル・アモットが
近いかなぁ。

と言う事で今作でも華麗なるギターヒーローぶりで、各楽曲に華を添えている
Syuなのですが、欲を言えばもう少しメロディアスなフレージングが欲しい
所です。ちょっとピッキングがゴリゴリすぎることもあり、非常に音の粒が
粗く、流麗さに欠けます。悪く言うと雑なプレイに感じなくもないです。
倍音が結構鳴ってしまっているような印象も受けます。

あとはギターの音作りなのですが、私個人的にはこの音作りに失敗していると
思います。これがまた非常に粒の粗い音色であり、バッキング時のブリッジ
ミュート音も今一つ粗雑な音になってしまっており、汚い音と言う印象を持って
しまいます。

要はもう少し良い音作りが出来れば、リードプレイでも、もう少し流麗さが出る
のではないかとも思います。

と、まぁダメ出しもありますが、反面泣きのフレージングは二番煎じかもしれ
ませんが、かなり臭く泣けます。この辺のプレイには彼の魂を感じさせられます。

しかしこのSyuはアルバムの大半の楽曲を書いているようなのですが、こちらは
もの凄い才能を感じさせます。今作では捨て曲という捨て曲はないように思い
ますし、むしろ全曲が必聴ものの出来栄えでありまして、クオリティはかなり
高いと言えます。

非常にメロディアスな楽曲郡ですし、しっかりと盛り上がるべきところでは、
盛り上がり、聴き手を高揚させてくれますね。とても非凡なるセンスを感じ
させます。

その他のインスト陣もなかなか頑張っていまして、キーボードは結構目立って
いますね。ジョン・ロード彷彿のオルガンプレイもなかなかの聴きどころで
ありますし、リズム隊の頑張りも見逃せませんね。

ただ少々残念なのはドラムの音をもう少し、しっかりと録って欲しかったです。
かなり音が埋もれてしまっており、迫力にかけますね。ここがしっかりして
いれば全体の音像もかなりのパワーアップをしたような気がいますので、
ここはまことに惜しいところでございます。


しかし今回、初めて彼らの音源を聴いたわけですが、正直驚きですね。
こんなにクオリティが高いとは思いもしませんでした。これは海外でも十分に
通用する実力を備えていると思いますよ。そのためにもまずは音作りを
しっかりとすること、もっと良いプロデューサーと組んだ方が良いと思います。
アウトレイジみたいに海外の大物を使った方が、このバンドクラスは効果が
見込めるのではないでしょうか。

それから、やはりバンドの顔であるSyuはもう少し、決めフレーズばかりに
力を入れるのではなく、メロディ重視のフレージングを流麗に弾いて欲しい
ですね。正直、今作ではあまり心に残るリードプレイはありませんでした。
しかし、まだ若いギタリストですし、伸びしろは十分にあるでしょう。
次作にはこの辺の改善が欲しいところですね。そこらが向上すれば、本当に
世界レベルで活躍できるバンドだと思います。

世界レベルで考えれば、まだまだ課題も残すバンドではあると思いますが、
逆にその辺をクリアできれば、十分に海外へのアピールもできるのでは
ないでしょうか。

個人的には、やはりもっと力のあるプロデューサーと組むことが、この
バンドのレベルアップには欠かせないような気がします。要はプロデューサー
次第では、今作はもっと仕上がった作品になり得たとも思います。


いや~しかし良いバンドですよ。まだまだ日本も捨てたもんじゃありません。
今後も相当な期待ができるバンドだと思います。

最近のドラゴンフォースとかソナタ・アークティカ聴くよりかは、全然
こっちがいいですよ!




そんな本アルバムへの点数ですが・・・



83点です。


ちょっと厳しい評価かもしれませんが、色々と難癖付けた部分に
ついてはマイナスせざるを得ません。しかし十分に及第点ですよ。
次作もこの路線のまま、進化を遂げてもらいたいもんです。



一方BURRN!誌の方ですが、


羽田氏・・・86点



高評価していますね。妥当かと思います。




デカイ人が小野正利氏です。見た目、変わりましたね。
無題
ギター持っているのがSyu君ですね。痩せてるんですねぇ。
もっと肉を喰ったら良いと思うよ。



スポンサーサイト

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

プロフィール

メタラーまっちゅ

Author:メタラーまっちゅ
音楽学校卒業後、
ギターインストラクターと
なるものの、現在ではしがない
サラリーマン・・・orz
しかしながらギターに対する愛は昔も今も変わらず!


まずは自己紹介に【HR/HM好きの方へ100の質問】こちら

【性別】
  ♂
【Guitar】
Fender 
Ibanez
musicman
Gibson
Martin
Jose Ramirez
他、10本以上所有 
【愛車】
LEXUS GS350
【趣味】
GRANDTOURING
音楽鑑賞(CD1,000枚以上所有)
ビリヤード(たまにマスワリ)

小生、20年のキャリアを積んだギタリストです。その為、ギタープレイに関しての話題が多くなりますが、ご勘弁を・・・
各アルバムや曲の、演奏面を中心にレビューをしていきます。あくまでも私の主観によるレビューでありますので、ご了承下さいませ。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
yahoo!ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
Amazon
ブロとも一覧

翁のブログ。

テイルピースの気ままな写真とギターのブログ

シンプルに・・・ギターブログ(Guitar Blog)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
PING送信プラス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。