スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第97回【FAIR WARNING/GO!】10/9/15

フェア・ウォーニングの一番の代表作であり、出世作でしょうか。
名盤と名高い作品、3rdアルバム『GO!』であります。

メンバーの一部はあのジーノ・ロートが率いるバンド、Zenoの
元メンバーであり、しかもギタリストのヘルゲ・エンゲルケは
そのジーノの兄、ウリ・ジョン・ロートからスカイギターを授かると
いうなんとも、ものすごい肩書きを持った方々・・・

我が国、日本での人気が特に高く、母国では実は大して人気はないと
いう、ミスタービッグ的なバンド。

今作、発表時はBURRN!誌の煽りがとても激しかったなぁ・・・

しかし・・・

うむ、確かにクオリティは高い・・・。





ゴー!ゴー!
(2000/02/23)
フェア・ウォーニング

商品詳細を見る

『ゴー!』


CD (2000/2/23)
ディスク枚数: 1
レーベル: ビクターエンタテインメント



収録曲

1. エンジェルズ・オブ・ヘヴン
2. セイヴ・ミー
3. オール・オン・ユア・オウン
4. アイル・ビー・ゼア
5. マン・オン・ザ・ムーン
6. ウィズアウト・ユー
7. フォロウ・マイ・ハート
8. リヴァーズ・オブ・ラヴ
9. サムウェア
10. アイズ・オブ・ア・ストレンジャー
11. セイリング・ホーム
12. ザ・ウェイ・ユー・ウォント・イット
13. ザ・ラヴ・ソング





今さら、このバンドについての説明は無用でしょうが、一応少々・・・

まぁ、メロディック・ハード・ロックでよろしいでしょうか。端的に
申し上げるとそんな音楽性です。

ロート兄弟との活動でも知られる、ヴォーカルのトミー・ハート。
まずはこの人の熱い歌唱力がこのバンドの一番の売りでしょうか。
その絶妙にしゃがれた歌声は非常に日本人好みと言うか、私好みと言う
のか。まぁ、とにかく巧いです。パワフルな楽曲にもバラードにもほどよく
マッチする、なかなか素敵な歌声と歌唱力であります。

それから、ギタリストのヘルゲ・エンゲルケ。こちらは前述しました通り、
ウリ仙人から直々に譲り受けたという、スカイギターを操るなかなかの
変わり種。日本でもかなり人気の高いギタリストですね。

しかし、そのスカイギターですが、あんまり活かせてないかなぁ~・・・
なんてことを個人的には思ったりもします。それはきっとウリ仙人の
スカイギターの音色を知っているから、そういう風に思ってしまうのかも
しれないのですが、

・・・正直、この人からは特別秀でたものがあるようには感じませんし、
プロとしては並み程度の腕前かと個人的には思っています。

ちょっと人気のあるギタリストだけにこういう事を書くのは非常に気が退ける
のですが、まぁ、ワタクシの個人的見解と主観なんで、許してやってください
ませ・・・

しかし、ヘルゲはこのバンドにおいてはベースのウレ・リトゲンと同じく、
コンポーザーの役割も担っているだけに、このバンドには欠かせない存在で
ありますし、そういった意味ではかなりのメロディメイカ―であることも
間違いございません。

それから、このバンドにはアンディ・マレツェクという、非常に優れた
ギタリストがもう一人居ます。

しかしながら、非常に残念なことにアンディは体が麻痺する難病に侵されて
しまったこと(うろ覚え)が原因なのか、今作ではほとんどリードをとって
いません・・・ う~ん、バッキングもか?

こちらは個人的にはヘルゲよりも優れたギタリストであると思っていることも
ありまして、今作では③と⑬くらいでしか、アンディのリードプレイを聴けない
ことが非常に残念でなりません。と言うか、③の中間部のソロはアンディで
間違いないと思うのですが、どちらのギタリストが弾いている等の情報が
まったくないため、本当にアンディかどうかはっきり分からないのですが・・・
まぁ、③は間違いないでしょう。このアルバム一番の名演だと思います。
今作のベストソロですね!

③と⑬のプレイを聴いて頂ければ分かるように、アンディのプレイにはとても
華がありますし、とても流麗で美しいです。

こちらは逆に私の好みですね。


それから、えーとベーシストのウレ・リトゲン。この人はこのバンドの核です。
楽曲の大半をこのウレが書いていると思うのですが、相当なメロディセンスを
感じさせますね。

『ベーシストは良い楽曲を書く』なんてことを、私が音楽学校に通っていたころ
良く授業で先生が言っていたのですが、このバンドはその典型なんじゃないかと
思います。メロディがとても豊かですね~。ベーシストならではのメロディの
イメージ力と言いますか、コード構成や進行を意識しない楽曲づくりがなされて
いることを感じられます。

この辺の楽曲のメロディセンスでしょうね、日本人が喰いつくのは。確かに
日本人のツボだと思いますよ。



と、まぁ、この辺がフェア・ウォーニングの大きな売りでしょうか。こうやって
書いてみると、ホント凄いバンドですよね。ハァハァ・・・



しかしです!


ワタクシ・・・実はそんなに好きじゃないんです。。


工工工エエエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエエエエ工工工


大胆な告白ですが、冗談抜きです・・・


あ、いやいや当然駄作だなんてことは思っておりませんよ!
ただB!誌があれだけ煽るほどの名盤だとは感じていないだけのことです。


ワタクシ個人的な今作のマイナス点としましては、まずは楽曲の優等生感。
あまりに綺麗にまとまりすぎていて、聴き手を良い意味で裏切るような
ハッとするような展開がないこと。もちろんクオリティは高いとは感じ
つつも、良い曲だなぁ~程度の感動しか得られないこと。

それからヘルゲのギタープレイ。こちらはスカイギターというとんでも
ない飛び道具を与えられているにも関わらず、今一つそのポテンシャルを
活かしきれていない点・・・

それはやはりもともとの技術がそれほど高くない、並み程度の腕前だから
だと思います。ちょっとスカイギターを弾くほどの高みにはないと思います。
しかし今作のリードプレイはほとんどこのヘルゲのプレイですので、私には
今一つ面白みを感じられません。


と、まぁ、とんでもなく毒づいたことを書いているわけですが、これは
もちろん非常にレベルの高いところの話であり、当然作品自体の評価はそれ
なりにしています。ファンの方にはあまりこういうことを書くと申し訳が
ないのですが、私のやっていることは音楽作品のレビューでありますので、
嘘や誇張、脚色などをすることは、音楽レビューをする上で絶対にあっては
ならないことだと思っております。(誤報はあります。)

これは私が今作を聴いて感じた、嘘偽りない正直な感想なんです。どうぞ
その辺りのところはご了承くださいませ。



と言うわけで、結論を言うと、かなりの良盤だとは思います。しかし
私のような偏屈者には多少の難点があります。私は彼らの作品のほとんどを
所有していますが、やはりどれも同じ印象ですね。強いて言えば、今作の
次作、『フォー』が一番好きでしょうか。近年、バンドはアンディ抜きで再結成を
していますが、やはりその辺の作品もあまりしっくりはこなかったです。

要するに私はこのバンドがそんなに好きじゃないんですね。そういうことだと
思います。彼らの作品で満足をしたことがございませんので・・・





えーと、そんな本アルバムへの点数ですが・・・



84点です。


普通に良盤に付ける点数です。ただし、世間の評価からするとかなり
低い評価ということになりますかね・・・


一方BURRN!誌の方ですが、


広瀬氏・・・98点
大野氏・・・95点
藤木氏・・・94点
幅氏・・・96点






ホント、ビックリしちゃいます・・・ 四者ともに90点オーバーとは
稀に見る名盤扱いですね。この評価を見てきっと多くの人が今作を手に
したと思いますが、そのほとんどの方々はその評価通り、裏切られることは
なかったと思いますので、まぁいいんじゃないでしょうか・・・

なんで、今作をまだ未聴の方がいましたら、このB!誌の評価を信じて
今作を購入されても、きっと裏切られることはないと思います。
私のような評価をする人はごくごく少数だと思います。

うん、間違いなく私が奇特なんですよorz 間違いない・・・


うっ、か、かわいい。。
DSC_0100.jpg
あ、私の飼い猫です。猫の可愛さは異常です。




スポンサーサイト

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

プロフィール

メタラーまっちゅ

Author:メタラーまっちゅ
音楽学校卒業後、
ギターインストラクターと
なるものの、現在ではしがない
サラリーマン・・・orz
しかしながらギターに対する愛は昔も今も変わらず!


まずは自己紹介に【HR/HM好きの方へ100の質問】こちら

【性別】
  ♂
【Guitar】
Fender 
Ibanez
musicman
Gibson
Martin
Jose Ramirez
他、10本以上所有 
【愛車】
LEXUS GS350
【趣味】
GRANDTOURING
音楽鑑賞(CD1,000枚以上所有)
ビリヤード(たまにマスワリ)

小生、20年のキャリアを積んだギタリストです。その為、ギタープレイに関しての話題が多くなりますが、ご勘弁を・・・
各アルバムや曲の、演奏面を中心にレビューをしていきます。あくまでも私の主観によるレビューでありますので、ご了承下さいませ。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
yahoo!ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
Amazon
ブロとも一覧

翁のブログ。

テイルピースの気ままな写真とギターのブログ

シンプルに・・・ギターブログ(Guitar Blog)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
PING送信プラス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。