スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第106回【メガデスとファイアーウインドのライヴDVDを買った。】10/11/12

まずはメガデスの方ですが、『ラスト・イン・ピース・ライヴ』
スタジオアルバム『ラスト・イン・ピース』からちょうど20周年に
あたる今年にオリジナル・ベーシストのデヴィッド・エレフソンが
復帰したメガデスが、全曲完全再現するというコンセプトで行った
ライブの模様をDVD化したものです。

ラスト・イン・ピース・ライヴ [DVD]ラスト・イン・ピース・ライヴ [DVD]
(2010/10/27)
メガデス

商品詳細を見る


『ラスト・イン・ピース』と言えば、私はメガデスの最高傑作であり、
歴史的名盤であると思っていますが、このライヴ、さすがは完全再現と
言うだけのことはあります。MCを一切挟むことなく、次々とオリジナル
通りの曲順で演奏されていくわけですが、その演奏力は相当なもので、
聴きごたえ十分です。

やはり注目はギタリストのクリス・ブロデリックでしょうか。と言うか、
私の個人的な今作購入の目的はこのクリスのプレイを観るためと言っても
過言ではないです。

マーティ・フリードマンに替わって今作を再現するわけですが、なんと
言ってもあのマーティの代役です。あの独特なギターアプローチを
どれだけ表現、再現できるのかが、非常に見ものなわけでございます。

そのクリスですが、見事に期待に答えたと思います。アルバム完全再現には
マーティ・フリードマンの存在が不可欠と思った方もいたかと思いますが、
その再現度はオリジナルにかなり忠実であり、実にお見事!正直ここまで
再現してくるとは思いもしませんでした。

しかし、一点残念なことはそのクリスのギターの音が悪いです・・・。
何と言うか、非常に抜けの悪い音であり、音量レベルも若干低めな感じが
します。逆にムステインの方は結構抜ける音作りをしており、その辺の
バランスがかなり悪く聴き苦しい印象です。

それから、このDVDにはまったく同内容のCDもセットになっており、
私的にはDVDだけ楽しめれば良いのに、まったく欲しくも無いCDも一緒に
購入しなければならないのが少々、痛いですね。

しかしながら、やはり本編のライヴの方はかなり見応えがあるし、生の
演奏力の高さもさすがの一言。(ひょっとしたら編集されているかもしれ
ませんが・・・ムステインのグダグダのギタープレイもしっかりと収録
されていますので、編集があったとしてもほんのわずかなものだと思い
ます。)

アルバム生誕20周年に相応しい見事なライヴだと思います。





続いて、ファイアーウインド。

『ライヴ・プリモニション』5thアルバム『ザ・プリモニション』
に伴う、彼らの母国ギリシャでのライヴ映像です。

ライヴ・プリモニション [DVD]ライヴ・プリモニション [DVD]
(2010/10/27)
ファイアーウインド

商品詳細を見る


こちらもこれまた、素晴らしい演奏力でございます。

バンドの中心はやはりギタリストである、ガス・Gですね。
そのガスのギタープレイですが、こちらも見事な再現力ですねぇ。
アルバム通りの非常に流麗で美麗なプレイを聴かせてくれます。
弾いているフレーズの難しさも加味すると、やはり相当高レベルな
演奏技術と言えると思います。やはり近年の若手の中でもその腕前は
業界随一かと。

しかしそのプレイにも一点、気になる点があります。それはそのギター
音なのですが、リードプレイの時にはやたらと深いディレイがかけられて
おりまして、別に悪い音と言うわけではないのですが、あまりにかけすぎ
じゃないかと・・・ リードプレイと言うことで目立って良いのですが、
良い意味でも悪い意味でもやたらと目立つ音作りです。

それから、なかなか観ものなのが、鍵盤プレイヤーのボブ・カティオニス
です。どうもギターもなかなかの腕前のようで、鍵盤を弾きながらも常に
ギターはストラップで体にかけられたまま。鍵盤を弾かないときは、常に
ギターでバッキングやガスとハモったりとかなりの芸達者ぶり、圧巻は
左手ギタープレイ&右手鍵盤プレイという、難解なこともいとも簡単に
やってのけます。

その他、アポロの歌も非常に安定感のあるものですし、バックのリズム隊も
実に堅実なプレイぶり。

ライヴでも全く問題なくアルバムの楽曲を再現出来ることを証明する、
非常に優れたライヴDVDだと思います。



まぁ、点数を付けるとすれば、両作品ともに90点くらい付けても
いいかと思います。両バンド共に実に素晴らしいライヴパフォーマンス
ですね!


オススメできます。


あ、それからクリス・ブロデリックってなんだか、おかしなピックを
使用しているんですね。このライヴを観て初めて知ったんですが、
サムピックみたいに親指にピックが固定されています。ズレを防ぐための
物かと思うのですが、あれは逆に弾きにくそうに見えました。
恐らくですが、ピッキングハーモニクスも出せないと思います。
変わったピックを使うもんです・・・ 本人はこれが弾きやすいんで
しょうから。


あとはガス、スノーウィ在籍時のドリーム・イーヴルのライブが観て
みたいです。
スポンサーサイト

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

プロフィール

メタラーまっちゅ

Author:メタラーまっちゅ
音楽学校卒業後、
ギターインストラクターと
なるものの、現在ではしがない
サラリーマン・・・orz
しかしながらギターに対する愛は昔も今も変わらず!


まずは自己紹介に【HR/HM好きの方へ100の質問】こちら

【性別】
  ♂
【Guitar】
Fender 
Ibanez
musicman
Gibson
Martin
Jose Ramirez
他、10本以上所有 
【愛車】
LEXUS GS350
【趣味】
GRANDTOURING
音楽鑑賞(CD1,000枚以上所有)
ビリヤード(たまにマスワリ)

小生、20年のキャリアを積んだギタリストです。その為、ギタープレイに関しての話題が多くなりますが、ご勘弁を・・・
各アルバムや曲の、演奏面を中心にレビューをしていきます。あくまでも私の主観によるレビューでありますので、ご了承下さいませ。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
yahoo!ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
Amazon
ブロとも一覧

翁のブログ。

テイルピースの気ままな写真とギターのブログ

シンプルに・・・ギターブログ(Guitar Blog)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
PING送信プラス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。