スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第85回【RAGE/STRINGS TO A WEB】10/7/6

皆さま、こんばんは!

2010年の新譜レビュー、RAGEです。


『俺たちはロックバンドをやってるんだ。日本でのツアーが
終わって帰るところだ。』

『明日のライブスケジュールが決まっているから今日帰りたいんだ。』

ピーヴィーが日本のニュース番組に登場しました。
先日のアイスランドの火山噴火で、日本の空港で足止めされたときに
偶然インタビューされたもののようです。

おちゃめだなぁ~

観てない方はこちら。



それはさておき、何を隠そう、私はレイジのアルバムを今回初めて
買った・・・。彼らの音源は、楽曲単位では結構聴いているのですが、
申し訳ない事に金を叩いて聴いたことがなかったんです・・・。正直、
今はお金使わないでも音源は手に入ったりするわけで・・・。

それはそうと、ちょっとピンとこない楽曲が多かった・・・と言う事も
ありまして、敬遠して来ていたわけなんですが、今回、遂に買った。
次作こそは次作こそはと常々思いつつ、スルーを続けてきたのですが、
遂に買ったのです。

CD一枚で、そんなに大げさに語るほどのことではないのですが、
この作品、心から買って良かったと思います。オススメしてくださった
ブロガー様方々、本当にありがとうございます!

これはマジで素晴らしい作品です。





ストリングス・トゥ・ア・ウェブストリングス・トゥ・ア・ウェブ
(2010/02/24)
レイジ

商品詳細を見る

『ストリングス・トゥ・ア・ウェブ』

CD (2010/2/24)
ディスク枚数: 1
レーベル: マーキー・インコーポレイティド
収録時間: 55 分


収録曲

1. ジ・エッジ・オヴ・ダークネス
2. ハンター・アンド・プレイ
3. イントゥ・ザ・ライト
4. ザ・ベガーズ・ラスト・ダイム
5. エンプティ・ホロウ (エンプティ・ホロウ)
6. ストリングス・トゥ・ア・ウェブ (エンプティ・ホロウ)
7. フェイタル・グレイス (エンプティ・ホロウ)
8. コネクテッド (エンプティ・ホロウ)
9. エンプティ・ホロウ (リプリーズ) (エンプティ・ホロウ)
10. セイヴィアー・オヴ・ザ・デッド
11. ヘルガール
12. ピューリファイド
13. スルー・エイジズ
14. トゥモロー・ネヴァー・カムズ




いい~!いいよ!

楽曲がホントいい!


とってもキャッチーで分かりやすいです。一度聴いただけでも、耳に
しっかりと残る良質なメロディを備えています。二回目からは一緒に
歌えそうなくらいキャッチーですね~

とにかく楽曲の盛り上げ方が非常に巧みです。しっかりとコーラスパートで
盛り上がる楽曲づくりがされており、そのコーラスが非常にキャッチーで
ありフック満載。特に①や④はブリッヂからコーラスへの盛り上げが、実に
秀逸であり、美しい。更に、ヴィクターのリードプレイでたたみ掛けてくる
怒涛の楽曲構成。

ふぅ・・・素晴らしい。

アルバム全編がカッコいいリフを備えているし、ヴォーカルメロディは
とてもキャッチーで分かりやすいし、かなりフックがあります。もちろん
このバンドは、素晴らしい演奏能力を備えたバンドであるわけですが、
しかし、まずは演奏力云々の前に、楽曲のメロディがとてもクオリティが
高いです。普通の歌ものとしても、聴けるくらいヴォーカルメロディは
良質ですね。

ただ反面、こういった分かりやすい楽曲というのは、キャッチーすぎる
ことが仇となり、少々飽きやすい性質も持っていると思います。今の
ところはもの凄く楽しめているのですが、そんな予感も無きにしも非ず
です・・・。

ですが、このバンドの凄いところは楽曲の素晴らしさだけではなく、前述した
通り、非常に高い演奏能力を備えているところです。

やっぱりその中心は、ギタリストであるヴィクター・スモールスキですね。
今作でも大暴れでございます。凄まじいまでの暴れっぷりです。今作の
オープニングは、いきなりそのヴィクターによる、トリッキーなスラッピング
から幕を開けるわけですが、そのトリッキーでテクニカルなギターはアルバム
全編、徹頭徹尾貫かれており、もう、ぐうの音も出ません。まさしく、
タメ息級のプロの技とはこのことであり、インパクトは絶大です!これは
きっとギターを弾かない方でも、大いに楽しめるんじゃないでしょうか。

②なんかは凄いですね~、最初から最後までほとんど、ヴォーカルメロディと
ユニゾンして弾いちゃってますね。もう単なるバッキングの域を超えています。
とても聴いていて楽しいです。

リードプレイに関しては、もうなんでもありですね。スウィープから
タッピング、おまけに派手なクリケットまで炸裂しています。そのテクニックの
使い方も、かなり個性的で、そのオリジナリティを追求した、探究心が実に
素晴らしいと思います。

ちなみに私的な今作のベスト、リードプレイは⑭で聴かれるプレイなのですが、
ここでは恐らくワーミーペダルでしょうか?使っていると思います。その使い方は
実にトリッキーでスリリングですね~。ちょっとこんなプレイは、他では聴いた
ことがないです。鳥肌立つくらいゾクゾクします。アイデア満点の素晴らしい
プレイです。

ホント、ヴィクターは名手ですよ。

ただし、トリッキーでテクニカルなプレイには、メロディが失われ気味であり、
少々、メロディ面がおざなりになってしまっている・・・とも言えますかね。
まぁ、要するにメロディを楽しむよりは、唯一無二のオリジナリティ全開の
プレイを楽しむと言うのが、このヴィクターのプレイだと思います。

私はそんなに、ヴィクターが実際に弾いている姿を観たことはないですが、
これだけトリッキーでテクニカルだと恐らく、運指は指板上を縦横無尽で
しょうし、右手もかなりアーミングやクリケットなんかも使いますし、
タッピングからスラップ、スウィープと視覚的にも、かなりド派手なプレイに
なっているんじゃないかと思います。おまけにペダル関係も使っているような
んで、足技もあるんじゃないでしょうかね。

いや~しかしヴィクターもこの年齢で、このギターテクへの探究心、ホント
素晴らしいですね。これぞプロフェッショナルですよ。ちょっとアマチュア
にはマネの出来ない本物のプロの技ですね。尊敬します。

と、まぁ、ギターのやんちゃっぷりは凄まじいのですが、楽曲は非常に
キャッチー。いかにもマニアックでオタク的な音楽になってしまいそうなところ
ですが、全然そうは感じさせない楽曲づくりと、ヴィクターの巧みなギター
プレイのセンスの良さが、抜群のバランスをもたらしていますね。非常に良く
出来た、完成度の高い作品だと思います。

序盤は佳曲の連続だし、⑤から始まる長編組曲も少々盛り上がりに欠ける面も
ありますが、なかなかセンスがいいですし、終盤の⑬⑭も見事なアルバムの
締めとなっています。ちょっと欲を言えば、終盤にかけて、少々フックが
弱まっていくのが気になりますが、スキップするほどの駄曲は個人的にはないと
思います。アルバム一枚まるごと楽しめますね。

ただ、先述したとおり、ヴォーカルメロディが非常にキャッチーゆえに、少々
飽きやすい作品である可能性があります。ちょっと飽きが出てきたなら、
ギタリストであるヴィクターのプレイにも注目して聴いてみると、また違った
楽しみ方ができる作品なんじゃないかなぁと思います。

それからサウンド面ですが、こちらも非常に良好です。どのパートも良く録れて
いると思います。音作りもものすごく良い音を作ってきていますし、一つ一つの
音がかなりくっきりとした音像であり、埋もれた音がないですね。実に爽快!



と、言う事で、あまり文句を付けるところがない作品ですね。素晴らしいです。
生のライブを観てみたいもんですねぇ。どれだけ忠実に再現できるものなのか、
とても興味があります。まぁ、きっとこのレベルは、心配無用なんでしょうが・・・






え~、アルバムへの点数です・・・



86点です。



これは本当に良い作品に巡り合えました。完全ギタリスト目線で評価するなら、
90点くらいは献上できます。なんで私はこれくらいの評価を実はしています。
要はギタリストでしたら、尚一層、楽しめる作品ってことです。



一方BURRN!誌の方ですが、


伊藤氏・・・85点


まぁ、私とほぼ同等の評価をなさっております。妥当な評価なんじゃ
ないでしょうか。



スポンサーサイト

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

ドイツへ帰れない人?

『俺たちはロックバンドをやってるんだ。日本でのツアーが終わって帰るところだ。』
ってwww
インタビューしてる人も、アナウンサーも、視聴者も
RAGEのピーヴィーだとはわかっていないという・・・
まぁ、わかるわけがないかw
『俺たちはロックバンドをやっているんだ』っていうレベルじゃないでしょ、あなた達は・・・
っと、つっこんでおきましょう(笑)
しかし、普通にインタビューに答えてしまう彼の人の良さがでている映像ですね(^^)

で、RAGEの新作ですか・・・
発売されたことは知ってはいたものの、購入にはいたらずな感じで今まできています。
ん~。
ヴィクター・スモールスキがハジケているんですね!
評判良いみたいですし、やっぱり買ってみようかなぁ。
なんだかんだで、トリッキーなギター、好きですから・・・
キャッチーな曲も大好きですからw

No title

こんにちは。
メタラーまっちゅさんにこのアルバムをお薦めした1人として、アルバムを気に入っていただけたようで嬉しいです。メタラーまっちゅさんは本作でRAGEを初購入ですか。実は僕もずーっと前からRAGEの曲は断片的に聴いていたのですが、なかなか購入に踏み切れず2002年に当時の最新作「UNITY」で初体験して以降は欠かさず買っています。
RAGEの全作品を聴いたわけではないですが、本作はかなりキャッチーな部類に入ると思いますね。そういう要素に惹かれる僕としては「UNITY」か本作が最高傑作候補です。

はちべえ@さん

はちべえ@さん、こんばんは!

このピーヴィーのニュースと同じく、ちょうどこの頃、ゲイリー・ムーアも
来日しておりまして、偶然こちらも日本のニュース、カメラに収められて
いましたね。

確かにレイジは単なるロックバンドなどと形容するほど、ぬるいバンドでは
ないですねw おもいっきりメタルですからねぇ~。めちゃくちゃテクニカルなw
あんな容姿で空港に滞在していたら、そりゃあ、目立つでしょうからねぇ。
レポーターもとりあえずあの人にインタビュー行こうってなりますよね。

私もレイジは今回初めて買ったのですが、今まで、楽曲単位で聴いてきた
ものが今一つピンとこなかったこともあり、スルーを続けていました。
しかし今作は巷でもかなり評判が良いですし、色々な方がオススメしてくれ
たことと、ようつべでは全曲フルに試聴が出来る事もありまして、自信を持って
購入できました。はちべえ@さんも、とりあえずはようつべにて試聴してみては
いかがでしょうか?きっと気に入ると思います。

ヴィクターは、はじけてますよ~!相当な暴れっぷりです。とてもド派手な
プレイなんですが、ちょっと一般の方にこの凄さが伝わるかは疑問ながら、
ギタリストには相当なインパクトを残すプレイだと思います。しかしながら、
今一つヴィクターが注目を浴びない理由には、やはり分かりやすいメロディが、
不足しているからのような気が今作からは感じられます。ただし、我々ギタリスト
目線で見れば、ヴィクターのプレイと言うのは、メロディックさよりも唯一無二の
オリジナリティとトリッキー技などで、楽しませる部類のギタリストであることが
分かるかと思います。これはこれでホント超絶ですし、それも中途半端ではなく
徹頭徹尾それが貫かれているところが、プロフェッショナルだと思いますよ。

なかなかいないタイプのギタリストだと思いますし、私は素晴らしいプレイだと
評価しています。ホント楽しいですよ。

まぁ、まずは一聴を・・・

よしよさん

よしよさん、こんばんは!

よしよさんのオススメもありまして、自信を持って購入できました。
結果大満足でございます。楽曲単位では結構聴いているんですが、どうも
今までピンとこなかったんですよねぇ。ヴィクターのギター以外・・・
やっぱりアルバム単位でしっかりと聴き込まないといけませんね。

今作は特にギタリストにウケの良い作品かと思いますが、⑤からの組曲
以外の楽曲は、ヴォーカルメロディがキャッチーな楽曲ばかりですからね、
実は万人ウケしやすい作風かとも思いますね。

そうですか、よしよさん的には「UNITY」か本作が最高傑作候補ですかぁ、
では次は「UNITY」も聴いてみましょうかね。ちょっと懐事情が厳しいゆえ、
余裕のある時になるとは思いますが、次はこの辺を狙ってみます。

オススメありがとうございましたぁ!よしよさんのオススメもありまして、
自信を持って購入できました。結果大満足でございます。
楽曲単位では結構聴いているんですが、どうも今までピンとこなかったんです
よねぇ。ヴィクターのギター以外・・・
やっぱりアルバム単位でしっかりと聴き込まないといけませんね。

今作は特にギタリストにウケの良い作品かと思いますが、⑤からの組曲
以外の楽曲は、ヴォーカルメロディがキャッチーな楽曲ばかりですからね、
実は万人ウケしやすい作風かとも思いますね。

そうですか、よしよさん的には「UNITY」か本作が最高傑作候補ですかぁ、
では次は「UNITY」も聴いてみましょうかね。ちょっと懐事情が厳しいゆえ、
余裕のある時になるとは思いますが、次はこの辺を狙ってみます。

オススメありがとうございましたぁ!

どもです~♪

なるほど・・・

まっちゅさん久々の好評価(笑)
しかも伊藤氏とほぼ同じとは♪

それにしても辛口のまっちゅさんがアレとは・・・。
実に興味がありますね~♪

No title

ピーヴィー、こんな所で映っていたんですね!!!
何回も見ちゃいましたw
最近のRAGEって聴いていなかったのですが、メタラーまっちゅさんのレビューを見て「聴いてみよう!!」と思いました。
近日、買いに行ってきます♩

killerfさん

killerfさん、こんばんは!

どもで~す!

そうでね、今作は非常に高く評価してます。
私は基本的に思ったことをそのまま書いたり、怒りにまかせた
コメントをするヤローですので、どうしても辛口なレビューになっちゃうん
です。なんで、出来るだけ良い作品を紹介していきたいのですが、新譜に
関しては当たりはずれ関係なくレビューすることにしていますので、糞盤
掴んだ時はいつもこのざまですよ・・・旧譜はできるだけ良いものを選んで
レビューすることが多いんですが。

ともあれ今作は非常に良い仕上がりだと思います。Youtubeで全曲試聴できる
はずですので、良かったらお試しくださいませ。

TAKIさん

TAKIさん、こんばんは!

なかなかおちゃめな映像ですよね~!違うニュースではゲイリー・ムーアも
映っていましたよ!

おおぅ!買っちゃいますか!
私としては、特にギタリストにはオススメしたい作品なんでそれは嬉しい
ですね!Youtubeでも全曲が試聴できると思いますので、まずは一聴して
頂き、感触を確かめてからのご購入でも良いと思いますが、思いきって
買ってしまってもまず後悔はない作品だと思います。

⑭のリードプレイ聴いてくださいね~ゾックゾクしますから♪
まぁヴィクターのプレイは全曲が必聴なわけですが・・・

No title

ニュースのヒトコマは自分も前にYoutubeで見たんですが
事も有ろうにピーヴィー・ワグナー様が『乗客』の一言で済まされるという・・・
非常にシュールなものでしたねwwwまあ、観て笑ってしまったんですがw

と、新作!・・・・やはり自分は買っておきたいところです。
レイジ自体はピーヴィーの声とメロデイセンスが好きになれかで決まってしまう部分もあるんですが
自分は彼の声もメロディセンスも大好きですし、加えてヴィクターのギターも
個性丸出しでキレキレということになるともう買いでしょうね♪ww
しかしながらメロディを殺してる部分もあると・・・・でもやはり聴いてみたいですね♪
前任ギターとの評価も聴き比べたいですしww

UNITYやSOUNDCHASER辺りも個人的には好きで
彼らの名盤とされるMISSING LINKやBLACK IN MINDも大好きですね♪
このころのギターと比べるのは自分の使命かもしれません・・・なんつって(*゚∀゚)

koumeiさん

乗客は―・・・

シュールwww 

別の映像ではゲイリー・ムーア様も激写されていましたね!

そう、レイジはピーヴィーの歌声でかなり好き嫌いが分かれやすいでしょうね。
私はメタリカのジェイムズ系で好きなんですけどね。メロディセンスも今作を
聴いた限りではとても非凡なものを感じます。

ヴィクターのギターはまぁ、メロディックさには欠けるとは思いますが、
そういった面よりも、やはりあの唯一無二の個性とアイデアを楽しむプレイだと
思うんですよね。そういった意味では本当にピカイチのプレイだと思いますし、
ちょっとアマチュアにはマネができそうにない、プロフェッショナルぶりだと
思いますよ。ギタリストは必聴だと思います。

>UNITYやSOUNDCHASER辺りも個人的には好きで彼らの名盤とされる
MISSING LINKやBLACK IN MINDも大好きですね♪

私は今作で初めて金出してレイジの音源を買ったんですけど、次はこの辺を
行ってみますよ。ちょっと今まで、ピンとこない楽曲が多かったんですけど、
やはりアルバム単位でしっかりと聴き込まないといけませんね。今回、買って
みてそう思いました。

とにかく満足な一品ですね!

No title

あ、高得点ですね!

このアルバム好きですねー。確かに、後半に行くにつれて失速していく感じはすっごくあるので曲順何とかならんのかー
とかは思いました。
このキャッチーさが今回のLIVEの盛り上がりにつながったのかも知れないですね~。
ジェイムスが好きなのでピーウィーの声も好きです。

callitameさん

callitameさん、こんばんは!

えぇ、こちらはもう素直に高得点を献上いたします。まことに素晴らしいと
思いますね。ギタリスト的な目線でいけば90点ほどあるかと。

まぁ、終盤につれてキャッチーさがなくなるというのも、序盤に比べての
話であり、まったく駄曲ではありませんからね。全曲が楽しめますよ。

そう言えば、callitameさんはライブ行かれたんですよね。羨ましいですわ。
ホント、レイジみたいなバンドは生演奏を観てみたいものです。
きっと再現力とか凄いんでしょうなぁ・・・

あ~私もジェイムズの声とか歌い方すきなんで、このピーヴィーのくせの
ある歌い方も全然OKですね。って言うか、好きです。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

メタラーまっちゅ

Author:メタラーまっちゅ
音楽学校卒業後、
ギターインストラクターと
なるものの、現在ではしがない
サラリーマン・・・orz
しかしながらギターに対する愛は昔も今も変わらず!


まずは自己紹介に【HR/HM好きの方へ100の質問】こちら

【性別】
  ♂
【Guitar】
Fender 
Ibanez
musicman
Gibson
Martin
Jose Ramirez
他、10本以上所有 
【愛車】
LEXUS GS350
【趣味】
GRANDTOURING
音楽鑑賞(CD1,000枚以上所有)
ビリヤード(たまにマスワリ)

小生、20年のキャリアを積んだギタリストです。その為、ギタープレイに関しての話題が多くなりますが、ご勘弁を・・・
各アルバムや曲の、演奏面を中心にレビューをしていきます。あくまでも私の主観によるレビューでありますので、ご了承下さいませ。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
yahoo!ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
Amazon
ブロとも一覧

翁のブログ。

テイルピースの気ままな写真とギターのブログ

シンプルに・・・ギターブログ(Guitar Blog)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
PING送信プラス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。