スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第88回【GALNERYUS/RESURRECTION】10/7/23

皆さま、こんばんは!

2010年、新譜レビュ。GALNERYUSです。

なんでも、今作よりあの小野正利氏が加入しての新譜だそうです。
小野正利と言えば、あの超絶ハイトーンボイスにクネクネのロン毛
でしょうか。いや、私はそんなにこの人を知らないのですが、
とにかく超絶ハイトーンだったことだけは良く覚えています。
それくらいしか印象に残ってないなぁ・・・

それから、ギタリストであるSyu君ですかぁ、こちらも噂には良く
聞いていたのですが、一度もチェックしたことがありませんでした。
しかしなかなかのやり手だそうじゃないですか。

とにかく今まで一曲として、このバンドの音源を聴いた事がなかったの
ですが、巷の評判も良いし、全曲を購入前に試聴できたこともあり、
そこでの感触もかなり良かったので、思いきって買ってみました。


しかし・・・国内アーティストの¥3,000は痛い・・・orz

ジャケ、カッコいいなぁ~


RESURRECTIONRESURRECTION
(2010/06/23)
GALNERYUS

商品詳細を見る

『RESURRECTION』

CD (2010/6/23)
ディスク枚数: 1
レーベル: VAP =music=
収録時間: 58 分


収録曲

1. UNITED BLOOD
2. BURN MY HEART
3. CARRY ON
4. DESTINATIONS
5. STILL LOVING YOU
6. EMOTIONS
7. SAVE YOU
8. A FAR-OFF DISTANCE
9. FALL IN THE DARK
10. DESTINY
11. THE ROAD GOES ON




まずは要注目の小野正利氏の歌なのですが、これが実に素晴らしいです。
相も変わらずの超絶ハイトーンボイスです。他に日本にこんな歌える人
いるのか?ってくらい凄まじい歌いっぷりですね。しかしちょっと線は
細いか?

このバンド音楽性は所謂、メロスピになるかと思うのですが、そんな
テンポの速い楽曲にもまったく問題を感じさせない、堂々たる歌いっ
ぷりはやはり只者ではない。

英語の方も私のような英語ド素人には、全く違和感はなく、日本人臭さを
感じさせません。アルバム後半になると日本語の歌詞も出てくるのですが、
こちらも非常に美しく歌いあげていますし、楽曲に凄く日本詞がマッチして
いますので、私としては一緒に歌えることもあり、この日本詞の楽曲も
かなり気に入りました。

とにかくヴォーカルメロディは素晴らしいと思います。とてもキャッチー
ですし、フック満載ですね。小野正利、見事にバンドのサウンドにハマっ
たのではないでしょうか。文句なし。期待に見事にこたえています。

ちなみにクネクネのロン毛はもう辞めたようで、現在では普通の短髪に
なっています。



それからギターのSyuですが、私的にはこちらが気になるところでして、
一聴したところなかなかのシュレッタ―ですね。ゴリゴリのフルピッキングと
スウィープやエコノミーなどのテクニックがお得意のようです。さらには
ウリ・ジョン・ロートを彷彿させるような、チョーキングとヴィブラートが
Syu、最大の武器のようで、随所で泣きのフレージングを披露しています。
なかなか琴線を刺激してきます。いや、最近で言うとマイケル・アモットが
近いかなぁ。

と言う事で今作でも華麗なるギターヒーローぶりで、各楽曲に華を添えている
Syuなのですが、欲を言えばもう少しメロディアスなフレージングが欲しい
所です。ちょっとピッキングがゴリゴリすぎることもあり、非常に音の粒が
粗く、流麗さに欠けます。悪く言うと雑なプレイに感じなくもないです。
倍音が結構鳴ってしまっているような印象も受けます。

あとはギターの音作りなのですが、私個人的にはこの音作りに失敗していると
思います。これがまた非常に粒の粗い音色であり、バッキング時のブリッジ
ミュート音も今一つ粗雑な音になってしまっており、汚い音と言う印象を持って
しまいます。

要はもう少し良い音作りが出来れば、リードプレイでも、もう少し流麗さが出る
のではないかとも思います。

と、まぁダメ出しもありますが、反面泣きのフレージングは二番煎じかもしれ
ませんが、かなり臭く泣けます。この辺のプレイには彼の魂を感じさせられます。

しかしこのSyuはアルバムの大半の楽曲を書いているようなのですが、こちらは
もの凄い才能を感じさせます。今作では捨て曲という捨て曲はないように思い
ますし、むしろ全曲が必聴ものの出来栄えでありまして、クオリティはかなり
高いと言えます。

非常にメロディアスな楽曲郡ですし、しっかりと盛り上がるべきところでは、
盛り上がり、聴き手を高揚させてくれますね。とても非凡なるセンスを感じ
させます。

その他のインスト陣もなかなか頑張っていまして、キーボードは結構目立って
いますね。ジョン・ロード彷彿のオルガンプレイもなかなかの聴きどころで
ありますし、リズム隊の頑張りも見逃せませんね。

ただ少々残念なのはドラムの音をもう少し、しっかりと録って欲しかったです。
かなり音が埋もれてしまっており、迫力にかけますね。ここがしっかりして
いれば全体の音像もかなりのパワーアップをしたような気がいますので、
ここはまことに惜しいところでございます。


しかし今回、初めて彼らの音源を聴いたわけですが、正直驚きですね。
こんなにクオリティが高いとは思いもしませんでした。これは海外でも十分に
通用する実力を備えていると思いますよ。そのためにもまずは音作りを
しっかりとすること、もっと良いプロデューサーと組んだ方が良いと思います。
アウトレイジみたいに海外の大物を使った方が、このバンドクラスは効果が
見込めるのではないでしょうか。

それから、やはりバンドの顔であるSyuはもう少し、決めフレーズばかりに
力を入れるのではなく、メロディ重視のフレージングを流麗に弾いて欲しい
ですね。正直、今作ではあまり心に残るリードプレイはありませんでした。
しかし、まだ若いギタリストですし、伸びしろは十分にあるでしょう。
次作にはこの辺の改善が欲しいところですね。そこらが向上すれば、本当に
世界レベルで活躍できるバンドだと思います。

世界レベルで考えれば、まだまだ課題も残すバンドではあると思いますが、
逆にその辺をクリアできれば、十分に海外へのアピールもできるのでは
ないでしょうか。

個人的には、やはりもっと力のあるプロデューサーと組むことが、この
バンドのレベルアップには欠かせないような気がします。要はプロデューサー
次第では、今作はもっと仕上がった作品になり得たとも思います。


いや~しかし良いバンドですよ。まだまだ日本も捨てたもんじゃありません。
今後も相当な期待ができるバンドだと思います。

最近のドラゴンフォースとかソナタ・アークティカ聴くよりかは、全然
こっちがいいですよ!




そんな本アルバムへの点数ですが・・・



83点です。


ちょっと厳しい評価かもしれませんが、色々と難癖付けた部分に
ついてはマイナスせざるを得ません。しかし十分に及第点ですよ。
次作もこの路線のまま、進化を遂げてもらいたいもんです。



一方BURRN!誌の方ですが、


羽田氏・・・86点



高評価していますね。妥当かと思います。




デカイ人が小野正利氏です。見た目、変わりましたね。
無題
ギター持っているのがSyu君ですね。痩せてるんですねぇ。
もっと肉を喰ったら良いと思うよ。



スポンサーサイト

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

どもです~♪

なるほど・・・。

いつもながら、かなり鋭利な角度から分析されてますね♪

たしかにSyuのプレイは巧いとは思いますがそれ以上でもなくそれ以下でもなく・・・(でも、聞いてしまいますが・・・

正直、ドラゴンフォースとかソナタ・アークティカよりギターを前面に出してガンガンやって欲しい~。

嫌いじゃないのでwww


No title

自分的にもかなり面白いと思えた作品でした♪
いや-正直、自分もここまで気にいるとは思ってもみなかったですw

Syuのプレイはゴリゴリで結構力技な早弾きですね。
なんとなく、感情を込めようとする気迫がプレイに出てる気がしますw
これは弾いてる本人の好みなんでしょうかね??スタイルがクセづいてそうですw
しかし、流麗さも必要な場面はある楽曲もありますし
これからのプレイにも注目したいです♪
自分は今のプレイも嫌いじゃないですが、世界を照準にやっていくなら
確かに色々クリアしなければならない感じがしますね!
部分的にソロが単調でマンネリする曲もあったりするのでw

SHOのヴォーカルはかなり好きです♪
自分はハスキー系も好きなのですがラルフ・シーパース系も好みなのでww
わりかし気管の裏にドスを効かせるハイトーンの歌い方のワリには
結構声の太さはある方だと思いますね。
DESTINYの序盤のハイトーンは普通あの声の太さでも
そうそう出せる人はいない気もしますw
喉もそうですが、特に肺も年齢を考えれば相当強そうです。
プロ意識も強いだろう感じですね!
ここまでメタルを歌い上げるタイプとは知りませんでしたねw
自分、ちょとこれは是非生で観てみたいですww

killerfさん

killerfさん、こんばんは!

どもどもで~す。

鋭利にグサグサといきまっせ~。

Syuのプレイは今作で初めて聴いたんですが、きっとメロディセンスは
かなり良いものを持っているのではないでしょうか。ちょっと決めフレーズと
泣きのフレージングに力を入れ過ぎており、メロディアス感が薄れている
ような気がします。

あとはちょっと弾き方が粗っぽいほうの部類だと思いますので、音の乱れが
気になりますね。

でもホント、最近のドラゴンフォースとかソナタ・アークティカより
全然こっちの方がいいと思いましたよ。この方向性で良いと思うので
より進化を遂げてもらいたいですね。

koumeiさん

koumeiさん、こんばんは!

私は今作でこのバンド初体験だったんですけど、なかなかやるもんですねぇ。
正直、ヴィジュアル系なのか?くらい思っていましたから・・・

しかしSyuのギタープレイはあともう一つ何かが欲しいですね。ゴリゴリ
ピッキングも泣きのチョーキングも彼の個性で良いと思うんですが、
もっとギターを歌わせて欲しいですね。メロディックに・・・。
ちょっと決めフレーズに力注ぎすぎな気がします。素材的にはこの日本に
おいては間違いなく逸材だと思いますので、より精進してもらいたいもんです。

世界レベルで見れば、同じ若手でも一枚も二枚も上手な手練がたくさん
いますからね。オジーに加入しちゃうような若手もいますし。

小野氏は良く頑張りましたね。ちょっと私の場合は前任者との比較ができない
ので、アレですけど、良くバンドのサウンドにはマッチしていたと思います。

>喉もそうですが、特に肺も年齢を考えれば相当強そうです。

ホントですよね~。もう年齢的にも結構あのハイトーンはきついのではないかと
思います。って言うか、そろそろ限界が来ても良さそうな年齢ですよね。
ってことで、小野氏の喉が絶頂のうちに、次作が早いスパンで発表されたり
なんてことも考えられますよね。

>ちょとこれは是非生で観てみたいですww

こないだNHKの音楽番組でDESTINYをやっていましたけど、ちょっと声は上ずり
ながらも堂々たる歌いっぷりでしたよ!ちょっw口パクじゃないのかよ~ww
って、驚きましたわ。こりゃあ本物です。

私は、まだ買ってません。

おお、買いましたか・・・。 私も、注目  ・・・・・・・・・してるだけで購入リストから外してる状態だったり(爆死)

 ともかく、往年の小野さんの最大ヒット曲「you're the only」のGALNERYUSヴァージョンは、ネット(Youtube)限定で流れているんですよね~・・・ そちらも(特にPVのヴァージョン)素晴らしいと思うんですけど・・・。
 あと、
 後任ヴォーカルを探す際に、Syu さんが「小野さんでお願いします!」と頼み、小野さん達から「本当にそれでいいの? 例えば年齢差が大きいとかあるけど・・・」と返されても、しつこく小野さんと交渉してバンドに入ってくれと頼んだ というエピソードがある(B誌のインタヴュー参照)ようなので、今後のバンドは磐石なんだろうな~,と思っています。  ・・・・・・ずっと以前小野さん加入の報が流れた時、彼に関する簡単な記事を書いた事があるのですが、そのときに紹介したポップのアルバムとは違う雰囲気ですよね(結構試聴させてもらってます)。
・・・・・・さて、いつ頃買おうかな。。。。。。(苦笑)



 これは・・・メンバーショットでの Syu の表情が悪すぎると思います。一瞬見たとき、「病気してんの?」なんて思っちゃいましたよ。

Knacker-Mollyさん

Knacker-Mollyさん、こんばんは!

Youtubeで今作は全曲フルで試聴できちゃうんですよね~
私の場合はそこでしっかりと試聴ができましたので、自信を持って購入
できましたよ。¥3Kもしますけど・・・

逆に言うと買わずとも、全曲をタダ聴きすることもできるわけなのですが・・・

小野氏加入までのエピソードは私も読みました。よくぞ小野氏を動かしたと
思いますよ。ちょっと前任者との比較が私は聴いたことがないので、できない
のですが、小野氏の声はもの凄くSyu君の書く楽曲にマッチしていると思います。
完璧な人選だと思いますよ。それだけSyu君の楽曲にも小野氏の心を動かすだけの
魅力があったと言う事でしょう。

音楽性は所謂、メロスピになるかと思いますが、小野氏の歌声は堂々たる
ものですよ!この年齢でまだここまで声でますかぁ~って感じですねw

>これは・・・メンバーショットでの Syu の表情が悪すぎると思います。

そうなんですよね~しかし歌詞カードにも思いっきりこれと同じ写真が
使われています・・・ ちょっと本当に具合悪そうに見えますねw

No title

SYU氏のギターについて
私が漠然と思っていたことをズバリ言ってくれていますね。
そう、この人はウリ、シェンカーっぽいところは
結構好きなんですけど
何と言うか、ピッキングが結構雑な感じがします。
実はこの最新作はまだ聴いていないのですが、
どうやら、その弱点は相変わらずのようですね(苦笑)。

まあ、でも作曲とかアレンジのセンスはかなり高いレベルに
あると思いますし、SONATA ARCTICAっぽいKeyのフレージングも
私としてはかなり気に入っています。
おそらく、メタラーまっちゅさんが83点と付けたのは
ギター部分で減点されているのだと思いますので、
楽曲自体には期待しています。
・・・まあ、最近はCD買っても出張が多いため
なかなかゆっくり聴けないのが悲しいところです(涙)。

メタリストさん

メタリストさん、こんばんは!

あっ、メタリストさんも同じこと思っていたと言う事ですね。
やはりスタジオ盤とは言え、このピッキングの粗さはしっかり音として出て
しまっていますね。私の経験上を語れば、ある程度のキャリアを積んでいる
場合はもう完全なる癖となりますので、こういったピッキングの癖を直そうと
してもなかなか治せません。ですので、このピッキングがSyu流なのだと
聴き手は理解して聴かないといけないでしょうね。あとは好みの問題に
なるんでしょうが・・・

言わずもがな、私は流麗なプレイが大好きなんで、ちょっとこのSyu君の
プレイには共感出来かねる部分もあります。ただし、泣きのフレージングには
日本人好みのニュアンスを持っていると思いますし、ソングライティング能力は
かなり非凡なものを持っていると思いますよ。

>メタラーまっちゅさんが83点と付けたのはギター部分で減点されているのだと
思いますので、

その通りでございます。楽曲自体はむしろかなり高い次元にあると思います。
そういった面では非常に高い評価を私もしているのですが、ギタープレイに
関しては粗さと、メロディアス度、それから音ですかね。個人的にはマイナス
せざるを得ません。ただし前述した通り楽曲のレベルは非常に高いので、それ
なりにオススメできる作品です。

>最近はCD買っても出張が多いため

そうでしたかぁ、最近はメタリストさんにしてはブログがあまり更新されて
いなかったので、何かあったのかぁ~なんてちょっと心配していましたが、
仕事がお忙しいのですね。そういうことでしたら安心しましたよ。

お久しぶりです

(突然ですが・・・)
元ギターの先生をしていた
メタラーまっちゅさんに質問です。

レッド・ツェッペリンのギタリスト
(ジミー・ペイジでしたっけ?)
って本当に巧いのでしょうか?

↑私はこの人のギターが苦手で・・・。

小野正利、なつかしいですね。。。
確かクリスタル・キングを上品にしたような
声をしていたと記憶しております。

No title

新生ガルネリ…ワタクシはまだ未聴なんですが…

小野さんのボーカルはようつべで観る限りは全く問題ないですね!むしろ素晴らしい!!


おっしゃる通りSyuは以前の作品でも共通して音作りに雑さが結構見え隠れするんですよ。速くてすごいとは思っても小さな違和感を感じるのは多分メタラーまっちゅさんがおっしゃるように倍音の処理などが不完全なせいでしょうね。

このバンドはベースもその道専門(前任は元ギタリスト)になったしキーボードのYuhki氏は超絶プログレハードバンドALHAMBRAを率いるやり手だしますます今後が楽しみですね!

沙羅斗牙さん

沙羅斗牙さん、こんにちは!

お久しぶりでございます。

また、いきなり突拍子もない質問ですが・・・w

ジミー・ペイジですかぁ・・・

実は私は大嫌いなんです・・・。あの人は良くヘタウマなんてことを
言われていますけど、プロとして正直申し上げてヘタウマじゃなくて、
下手くそでよろしいかと思います。

私も何故、ジミー・ペイジが神のように崇められているのかが正直
疑問ですね(苦笑)

小野正利氏は私もそんなに知っている人ではなかったんですが、
まだまだ歌声は衰え知らずのようです。クリスタル・キング並みの
ハイトーンボイスが今作でも聴けますよ。

北欧海老さん

北欧海老さん、こんにちは!

小野氏は私もあまり記憶になかったのですが、今作を聴く限りでは
絶好調のようですよ。衰えは感じられませんね。もう結構いい歳に
なってるはずなんですが・・・

Syuに関しては私は今作で初めて、そのプレイを聴いてみたわけですが、
以前の作品でもやっぱりそんな感じなんですかぁ・・・
まぁ、これがSyuの個性と思うほかないですね。あとは好みの問題でしょうね。
ちょっと倍音の処理とか気になりますよね~。プロデューサーは何を
やっていたのか・・・?気になります。

北欧海老さんは結構このバンドに詳しいんですね!
ギター以外のパートもかなりの手練だというのは今作を聴いてみても
良く分かりますよ。

>キーボードのYuhki氏は超絶プログレハードバンドALHAMBRAを率いるやり手

そうでしたかぁ、この鍵盤弾きかなり目立ってますもんねぇ。やっぱり
やり手なんですね。

ところで話は変りますが、ネヴァーモアの新譜は買われましたか?
私は今、激しくヘビロテ中なんですが、これはなかなかのクオリティなんじゃ
ないでしょうか。

No title

こんにちは。
GALNERYUSは陰陽座と並んで僕が特に気に入っている日本のバンドでデビュー作から追いかけています。実は前作、前々作辺りから僕の好みと離れてきている印象を受けたので心配していましたが今回は正に復活作と呼びたくなる好盤だと感じています。
メタラーまっちゅさんが指摘されいるSyuのピッキングについては素人なのでわからないのですが、楽曲重視の僕にしてみれば今回は結構満足している1枚です。確か、プロデューサーもデビュー時から同じ人が手がけていたように記憶しているので、その人から巣立つ時こそGALNERYUSが世界に羽ばたく時なのかも知れませんね。DRAGON FORCE、SONATA ARCTICAを超える存在になって欲しいものです。このバンドならやってくれそうですし。それにしても小野さんのハイトーンはほんと爽やかで清涼感すら感じますね。まだ、どことなく助っ人参加という空気が感じなくもないですが是非このラインナップで活動を続けて欲しいですね。
先日、SOILWORKの最新作もゲットして聴いているのですが、こちらもここ最近のイマイチ感が払拭されていて嬉しい気持ちでリピート中です。

よしよさん

よしよさん、こんばんは!


そうですかぁ、よしよさんはデビューから追いかけているとは筋金入り
ですね。私は今作で初めて、彼らの音源を聴いたのですが、このクオリティの
高さには非常に驚きました。こんなに実力のあるバンドだとは思いもしません
でしたから。

Syuのピッキングに関しての話は非常に次元の高いところでの話でありまして、
かなりマニアックな話題だと思います。しかし、ピッキングとはエレキギターで
一番習得の難しい技術であり、海外の一流プロは総じてこのピッキングテクに
長けているというのが実情なんです。なんで、あともう一歩をこのSyuには
望んでしまうんですよね。彼はそれだけの逸材であると思いますから。

楽曲作りに関しては文句なしですね。素晴らしいセンスだと思います。
あ、プロデューサーは毎回同じ人物なんですかぁ・・・う~ん、もうちょっと
音作りに貢献できなかったものか・・・ちょっと今作のサウンドプロダクション
には不満もあります。決して悪いものではありませんが。

海外の大物プロデューサーを使って今作を製作していたら、ただでさえ、快作
ですが、それはそれは凄い傑作になっていたような気もしますね。

小野氏の歌は本当に素晴らしいですね~。ホント爽やかな清涼感を感じさせます。
私の場合、今作しか知らないので、前任者との比較はできませんが、凄くこの
バンドにマッチした人選だと感じました。

私もソイルワーク数曲試聴しましたが、だいぶ昔の攻撃的なサウンドに回帰して
いると感じました。私はソイルワークとネヴァーモアでどちらか一枚で迷ったの
ですが、今回はネヴァーモアを購入しました。こちらも非常にカオスな作風ですが
素晴らしい快作ですよ!

遅ればせながら

まっちゅさんによる本作へのレビューに
勧めた私がコメントをつけないのは道義的に許されないと思いますのでw
今更ながらコメントを残してイキマース(^^)/

私はかなーり贔屓目の評価をしましたので、
まっちゅさんの採点の83点というのはすごく妥当なところではないかと思います。
私もテクニカルギターが大好きなメタラーですので、
まっちゅさんのご指摘さている点はよく解ります。
まさにおっしゃる通りだと思います。

作品としては概ね気にいって頂けたようですので、
本作を勧めた男としては嬉しい限りです(^^♪
3Kの価値があったものと解釈しました(笑)

「力のあるプロデューサーに~」というのはホントおっしゃる通りですね。
日本人のプロデュースってのはなんでこう、
ドラムの音圧(特にキック)がダメなんですかね・・・
ほんともったいないなぁ~と思います。
実は、彼らはすでに海外の名のあるプロダクションにお世話になっているんですよね。
3作目なんですが、NOCTURNAL RITESの近作などを手掛けた
スウェーデンのサウンド・プロダクション・チーム「SHEP」によって
ミックスダウン&マスタリングされています。
1st、2rdと比べると引き締まった「本格派」の音へと変貌していました。
ぜひ次回作はまたこのチームにお願いしてほしいですね。
欲を言えばフレドリック・ノルドストームを召喚して欲しいな~

個人的にSyuくんをかなり気に入っちゃってるワタクシですw
メジャーデビューしてアニメタルに参加したあたりからブレイクした彼ですが、
それ以前も知っているので思い入れがありますねぇ~♪
それと、彼の弾き方が若い頃の私によく似てるんですよね(笑)
(勝手にそう思っている・・・って話ですが)
ゴリゴリのピッキングで倍音をかき鳴らしてしまうところなんかそっくりですよw
→もちろん私には彼のようなテクもメロディセンスもありませんが(T_T)

っと、余計な話をしてしまいましたwww

何にしても、今の日本メタル界で
『世界』という2文字を視野に入れることのできる数少ない正統派のHMバンドだと思いますので、
変な方向へ走らずこのまま突っ走ってほしいですね!

長文失礼しました<(_ _)>

おはようございます。
し、失礼しました。はちべえ@さんのおっしゃるとおりバンドは3作目で海外チームにミキシング、マスタリングされてましたね。自分のblog記事にも書いていながらすっかり忘れてしまってました(苦笑)。

はちべえ@さん

はちべえ@さん、こんばんは!

あ、いやいや、なんか気を使って頂きましてすみません。コメントは気の
向いたときに気軽なお気持ちでいいですよ~。ありがとうございます。

私の場合、ギターに関するメロディック度や流麗さ、それから音の良さ
などに関しては人一倍、と言うか、キチガイのようにうるさいので、今作は
かなりの快作とは思いつつも、少々点数的にはマイナスせざるを得ませんで
した。

しかしながら楽曲作りに関してはまことに素晴らしいと思います。私は今作を
全曲すべてを何周も試聴した上で購入していますので、概ねどころか相当に
彼らのサウンドに惚れて購入したことになります。3Kでも満足していますよ!

今作のドラムの音の軽さやギターの音の雑さは、私はプロデューサーが悪いの
ではないかと思います。セルフプロデュースじゃないんだから、もう少し
なんとかならなかったのかと少々疑問なんですよね~。

>サウンド・プロダクション・チーム「SHEP」によってミックスダウン&
マスタリングされています。

なんと、そうでしたかぁ!そういった作品もあったのですね。ノクターナル・
ライツの最近の作品はめちゃくちゃ音良いですからね。なんでその一作だけ
しかこのチームを使わなかったのか・・・

今作はプロデューサー次第ではもっと凄い傑作になれたような気がするの
ですが・・・

私も次回作にはこのチームかフレドリック・ノルドストローム、それか
アンディ・スニープを激しく希望します。

いや~Syuくんが大好きなんですね~。確かに我が国、日本の期待の星ですよね。
タッカンがズッコケ気味なんで、是非ともこういった若い勢力に頑張って
もらいたいものです。弾き方がはちべえ@さんと似ているとはそれはクール
ですなぁ~。彼のギターを弾く姿はとてもカッコ良いですよ。あんな低く
構えて弾くギタリストも最近じゃあまりいませんからねぇ。あれは実はもの
すごいハンディキャップを背負っていますからね。見た目のカッコ良さも
ギターヒーローの必要条件ですよ。

>『世界』という2文字を視野に入れることのできる数少ない正統派のHMバンド
だと思います

まったくその通りだと思います。個人的にはアンセムに次ぐ世界レベルの
バンドだと思います。

熱いコメントありがとうございます!!

よしよさん

よしよさん、こんばんは!

あ、いえいえ、とんでもございません。わざわざご丁寧にありがとうございます。

しかしそんな凄いチームにもお世話になっていたんですね。色々ビジネス上の
事情があるのでしょうが、できればこういった海外の大物を次回作には期待
しますね。
プロフィール

メタラーまっちゅ

Author:メタラーまっちゅ
音楽学校卒業後、
ギターインストラクターと
なるものの、現在ではしがない
サラリーマン・・・orz
しかしながらギターに対する愛は昔も今も変わらず!


まずは自己紹介に【HR/HM好きの方へ100の質問】こちら

【性別】
  ♂
【Guitar】
Fender 
Ibanez
musicman
Gibson
Martin
Jose Ramirez
他、10本以上所有 
【愛車】
LEXUS GS350
【趣味】
GRANDTOURING
音楽鑑賞(CD1,000枚以上所有)
ビリヤード(たまにマスワリ)

小生、20年のキャリアを積んだギタリストです。その為、ギタープレイに関しての話題が多くなりますが、ご勘弁を・・・
各アルバムや曲の、演奏面を中心にレビューをしていきます。あくまでも私の主観によるレビューでありますので、ご了承下さいませ。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
yahoo!ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
Amazon
ブロとも一覧

翁のブログ。

テイルピースの気ままな写真とギターのブログ

シンプルに・・・ギターブログ(Guitar Blog)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
PING送信プラス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。