スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第112回【メタラーまっちゅ的、2010年ベストアルバム!】10/12/24

皆さま、メリークリスマス!


今年もいよいよ終わりですねぇ、このブログも今年はあと数回の
更新となると思います。

今回は去年からの恒例として、前回申し上げた通り、今年私が購入
した作品の中から2010年ベストアルバムを決めたいと思います。



くどいようですが、下記が今年の購入作品です。



★2010年購入作品



OVERKILL/IRONBOUND
OZZY OSBOURNE/SCREAM
RAGE/STRINGS TO A WEB
RATT/INFESTASION
GALNERYUS/RESURRECTION
NEVERMORE/THE OBSIDIAN CONSPIRACY
TERRA NOVA/COME ALIVE
FIREWIND/DAYS OF DEFIANCE
ALLEN LANDE/THE SHOWDOWN






う~む、我ながら良い買い物が出来ていると思います。

オジー・オズボーンを除いては、すべての作品で80点台から90点台を
付けました。

購入から現在までに聴き込みも進んでいますので、当初付けた点数で
ベストアルバムを決めるのはやめようと思います。

若干ながらも加点、または減点をしたい作品がありますので・・・


ちなみに下記が購入当初に私が付けた点数でございます。





OVERKILL/IRONBOUND・・・91点
OZZY OSBOURNE/SCREAM・・・79点
RAGE/STRINGS TO A WEB・・・86点
RATT/INFESTASION・・・81点
GALNERYUS/RESURRECTION・・・83点
NEVERMORE/THE OBSIDIAN CONSPIRACY・・・89点
TERRA NOVA/COME ALIVE・・・90点
FIREWIND/DAYS OF DEFIANCE・・・89点
ALLEN LANDE/THE SHOWDOWN・・・81点





正直、70点台を付けたオジーや、80点台前半を付けた作品は現在でも
評価は変わりませんね。正直あまり印象は良くないと言えます。

オジーの新譜なんて、ザックを切って、ガス・Gを新加入させての
意欲作とばかり思っていたので、正直がっかりでした・・・
ですが、B!誌のレビューは凄いことになっていましたねぇ~、
クロスレビューで広瀬氏の97点とか高得点がゴロゴロ・・・

正直、理解不能ですた・・・orz


次に低い点数を付けたラットとアレン・ランデも結構驚きでした。
B!誌ではラットになんと95点が付いていたし、アレン・ランデなんて
私が81点とすごく厳しい点数付けたつもりだったのに、B!誌では
79点とさらに低い評価が付いていた・・・

次に低い点数を付けたガルネリウスは楽曲的には結構良作だったと
思います。あまり加点しなかったのは音作りがあまり好みじゃなかった
のと、リードプレイにあまり満足できなかったことが原因ですね。
楽曲はデスティニーをベストチューンの一曲にも選ばせてもらい
ましたが、素晴らしい佳曲も収録されていました。


残りはすべて80点台後半以上の作品となりますが、この中からベスト
アルバムを選ぶこととなりますかね。

どの作品も高得点を献上しただけあり、それなりに素晴らしい作品
ばかりで、非常に選考が難しいです。聴き込みが進んだ現在でも、
聴き続けている作品ばかりですし・・・




OVERKILL/IRONBOUND

RAGE/STRINGS TO A WEB

NEVERMORE/THE OBSIDIAN CONSPIRACY

TERRA NOVA/COME ALIVE

FIREWIND/DAYS OF DEFIANCE





残りはこの5作品なんですけど、どれも良く聴いている作品ばかり
です。正直、選考は難儀ですねぇ。


オーバーキルはベテランスラッシャーの意地と言うか、なんと言うか、
レビュー時にも書きましたが、ホントスラッシュ四天王の一角に加えても
いいんじゃないのってくらいパワフルでした。私個人的にはかなり重視
するギターパートは正直リフの切れ味こそ鋭いものの、リードプレイは、
まぁ、案外巧いなって程度でそんなに痺れるほどのものではありません
でしたが、このバンドはリズム隊が実に強力無比!凄まじいまでの
アグレッションでアルバム全編が徹頭徹尾貫かれています。捨て曲なし!
ベストアルバムの最有力候補と言えるでしょう!


レイジも実に素晴らしかったですねぇ。こちらはなんと言っても
やはりベストギターソロにも選ばせてもらいましたが、ヴィクターの
ギターワークですね。どの楽曲も思わずタメ息がもれるほどの凄まじい
リードプレイの連続!指板を縦横無尽の大暴れでございました。
それからへヴィな楽曲の中にもとてもキャッチーなメロディを持った
楽曲郡も印象的でした。完全ギタリスト目線での評価をするなら当時
付けた点数よりさらに高評価できる作品です。誰が聴いても乗れる
作品だと思いますし、ギターの超絶技巧、ファンタスティックな
プレイにはギター未経験の方でもそれなりにその凄さは伝わると思います。
こちらも捨て曲はないですね!十分にベストアルバム候補になりえるで
しょう。


それからネヴァーモア。実はこちらはもう少し点数盛っても良かった
かなぁ・・・と、今さらながら思っています。90点以上を献上するべき
だったかと。まぁ、ご存知、7弦の鬼神ジェフ・ルーミズ率いるバンドな
わけですが、ギター以外にも全パートが本当に素晴らしかったと思います。
非常に奥深い作風であり、一聴しただけではその良さがなかなか伝わり
にくい、実に個性的な唯一無二の音楽性なわけですが、聴けば聴くほどに
味が出るまさしくスルメ盤。何度聴いても飽きないどころか、さらに
ハマってしまいます。特筆すべきはやはりジェフの鬼神のごときギター
プレイなわけですが、その他にもアンディ・スニープによるサウンド
プロダクションの素晴らしさも今作をより強力なものへと押し上げてい
ます。こちらもほぼ捨て曲なし!ベストアルバムの最有力候補と言えるで
しょう。


テラ・ノヴァは待ちに待った新作でしたね。歓喜のあまり少々ですが、
点数盛りすぎたかもしれません・・・orz 当時90点付けましたが、
ここまでに聴き込みを進めた結果、まぁ、86、87点くらいと言った
ところが妥当でしょうか。それでも何れにしても高得点は献上できる
素晴らしい作品です。何はともあれ、ファンの期待を裏切らない往年の
テラ・ノヴァ節が聴けたことは非常に嬉しかったですね。多少彼らも
年をとってしまったためか、ジェスィーノのギタープレイも少々おとな
しめになっていましたし、フレッドの歌声も若干ながら高音域がきつく
なってきたか?と言ったところでしたが、その分年季が入って渋みが
増量されていましたね。総じて良盤でした。


え~と、ファイアーウインドはB!誌小澤氏になんと78点を付けられると
いう憂き目に会い、うわ~これは購入見合わせるかぁ、と私も揺らぎま
したが、なんですか、実際に音源聴いてみればむしろ素晴らしい作品じゃ
ないですか!78点に失笑でした。とは言え、レビュー時にも書きましたが
まぁ、小澤さんの言いたいことも分からないでもない部分も理解できます。
確かに言えているという面もあったことは事実。しかしながら、やはり
何度聴き返しても良盤ですね。皆さん期待のガスのプレイはそこまで
はじけてませんけど、非常にツボを得た流麗なプレイの連続でしたし、
鍵盤との駆け合いなど以前より大幅に増強されており、聴きどころは
それなりにあります。個人的にはやはりガスにはもっと弾きまくって
欲しかったという思いもかなり残った作品でした。でも十分、佳作。



と、まぁ各アルバムについての感想を簡単ながら書いてみましたが、
やっぱりどの作品もとんでもない力作ばかりですよ。この中から
いかにしてベストアルバムを選ぼうかと実に悩ましいのですが、
実はこの中でも飛びぬけてリピート率が高い作品があるのです。


これです。



OVERKILL/IRONBOUND

NEVERMORE/THE OBSIDIAN CONSPIRACY




この2作品はちょっとレベルが違うと思います。次元が違います。
まぁ、ここまでの結論を言うと、ずばりこの2作品ですよ。今年の
ベストアルバムは。私の気持ちとしてはどちらもベストアルバムと
して締めてしまいたいところですが、やはり購入枚数も大したこと
ないと言うことで、やはり一枚だけベストアルバムを選出しましょう。


うん、また長文になっていますね・・・orz



煮え切らないですが、ベストアルバム決定は次回の更新でしたいと
思います。

・・・ごめんなさい。



つづく。




スポンサーサイト

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

えええ、そんなオチなんですか。。。

RAGE の「strings to a web」かって、何度か聴きました。 実は、頑張って年内にレヴュー上げたいな,と思っていたのですが・・・

いやまあとにかく、確かに、ヴィクターのギターは凄まじくてテクニカルで、新たなRAGEの側面 というのを感じさせられました。 ここまでギターの主張したアルバムは、RAGE としてもかなり珍しいかと思いましたので。


しかし、

まさか、

今年の最有力候補に OVERKILL がしっかりと残りましたか!  そういえば、ベースに関しては、まっちゅさんとしてはどのような聴き方をするのかが個人的に気掛かりです。 ベースに着目すれば、即行で“あの” D.D.のいる方に決まる ・・・というのは私個人の感覚なのですが。

というか、
てっきり、勝手に、「まっちゅさんなら、FIREWIND か NEVERMORE のどちらかに軍配が上がるだろうな」なんて思ってました。 (そうでなければ RAGE とか・・・)


それでは。

No title

きゃー!

きになります(笑)

Knacker-Mollyさん

Knacker-Mollyさん、おはようございます。
メリークリスマスです!

おっ!レイジ買われましたね!まだ数回しか聴かれていないようですが、
非常にキャッチーな作風ですからね。なかなか分かりやすい作品なんでは
ないでしょうか。

>ここまでギターの主張したアルバムは、RAGE としてもかなり珍しいかと
>思いましたので。

あ、そうなんですかぁ。私はなにを隠そう今作で初めて彼らの音源を金
出して買いましたので・・・楽曲単位では結構知っているんですが、
アルバム単位だとほとんどの作品を知りませんから・・・

前からあんな調子で弾きまくりなのかと思ってましたよ・・・

オーバーキルはやっぱり最終決戦まで残りますよぉ。私、本気で気に入って
ますから。まぁ、私はD.D.のベースには当然着目していますが、それよりも
リズム隊としての着目度の方が高いです。このバンドはドラムも本当に
巧いですから。

まぁ、記事はもう書き終えていますので、結論はすでに出ているのですが、
次回の更新ではベストアルバム&ベストプレイヤーまでを決定したいと
考えています。

callitameさん

callitameさん、おはようございます。
メリークリスマスです!

あ、気にしといてください。

近日中に次回記事のアップをしますので・・・
書き終えてみたらあまりの長文になっていましたので、
やむなく半分にちょん切りましたorz

申し訳ないです。

No title

おつかれさまですwwwいやー自分の方の記事も苦労しますたww
とにかく選ぶにも横一線に並ぶ展開だったので難儀すぎでw
まっちゅさん的にはオーヴァーキルかねばもあですね!
非常に極悪なソリッドさの2枚ですね~♪
しかしまっちゅさんの趣味は、かなりクリーンで優雅なものから
極悪サウンドまでの両極っぷりがスゴイですねw(; ̄∀ ̄)
でもその中に素晴らしい流麗なプレイが備わってるってことですね!

で、まっちゅさんと某B誌の点数ですが・・・かなり面白いことになってますねwww
B誌はやはり2・3回程度のリピートでの採点でしょうねw
あと、レビュー者の趣味もあるでしょうが
『あ~こういうのしか採点しないんだな~』というものも大分見えてきました。
オジーやFIREWINDだけでも充分傾向は見えた気がしますw
オジーは実際、初聴きで一般的にメロディラインが分かりやすくて
キャッチーなのは分かりますね。

と、ベストギタリスト賞も併設!?自分はやってませんがやったとしたら
ヴィクター・ジェフ・ガスGでモロ並行ですねwwwちょっと選び辛いですねw
楽しみにしたいです!♪

余談ですが、オジーとインギーの新譜をこの前友人に借りますた♪
やはり特には自分の選考には響かなそうな感じでしたがインギーはもうちょい聴くかもしれませんw
結構ギターが『ライブ盤』みたいな仕上がりな気がしますが・・・・(; ̄∀ ̄)
オジーのガスは確かにちょっとガスじゃないみたいですね~特にバッキングからしてビックリでw
フレーズ研究マニアの彼としてもアレがアレなのでしょうがないかもですが・・・
でも確かに彼の片鱗は見えました♪w

koumeiさん

koumeiさん、こんにちは!
メリークリスマスです!

あ、お疲れ様でございます。koumei殿は記事を書き終えましたかぁ。
後ほどお伺いいたしまする。実際こういったことってやってみると
ホント難儀でしょう。一枚に絞ると言うことが非常に難しく、記事
書いていると最終的には一枚に絞ること自体がナンセンスなのか?
みたいな気持にもなってくるし・・・

あっ!そうです。私個人的には今年はオーバーキル&ネヴァーモアを
推したいと思います。そうそう私は本来はもっとクリアーな音像を好みますが、
今年はこの2枚に久々にスラッシャーの血がたぎりまして、ドーパミンが
ドバァ~と分泌され、前頭葉が激しく刺激されちゃいますた。ハァハァ。。

B!誌と、私の評価との差ですけど、今年も結構顕著に出ましたねw
実際B!誌ではどれくらい聴いてからレビューを書いているのか気には
なるところですよねぇ。正直たった数回聴いた程度のレビューではいくら
プロのレビュワーさんの書いたものとは言え、私はほとんどアテにしませんねぇ。
その辺りが非常に難しいお仕事だと思いますよ。大変でしょう、あの人達も・・・
私は反面、結構聴きこんでからレビューしますので、このような差が生じる
んでしょうね。あとはB!誌はあまりインスト面が分かってないレビュワーの
方が多いような気がします。アンドリューW.K. みたいな大して演奏力の
ないバンドにもとんでもない点数付けたりしますし・・・あとスリップノット
なんかもリード面、私は非常に不満ですけど、毎度ものすごい点数が
付けられますよね。

>ベストギタリスト賞も併設!?

ベストギタリストも選んでいますが、一応鍵盤以外の全パートを対象に
ベストプレイヤーを決めました。こちらもなかなか選びづらかったです。
ヴォーカリスト部門とかかなりの混戦ですよw

>オジーとインギーの新譜をこの前友人に借りますた♪

オジーは私はえらく低評価してしまいましたが、まぁ、ガスらしさが
まったくなかったわけでもないですね。楽曲はキャッチーだし、分かり
やすい作品だったとは思います。しかし私は前々から言っていますが、
近年の若手ギタリストではガスを一番推していますので、やっぱりこの
オジーという大舞台では本当の全力のガスのプレイが聴きたかったです。
ありゃあ、ガスのポテンシャルの20%ほどしか発揮できていませんからね。
ファイアウインドの1stと比べたらまったくの別人ですよ。

インギーは聴いてないんですけど、噂によると相変わらずインギーして
いるみたいですねww それを聞いて安心しましたよ。ジャケの独りよがりも
いつも通りですね!買いません。レンタルで十分でしょう。

どもです~♪

メリ~クリスマス♪

相変わらずのレビュー・・・
まっちゅさんらしさがにじみ出てま~す(笑)

ごちそうさまで~す♪

killerfさん

killerfさん、こんにちは!
メリークリスマスで~す♪

どうも長文になってしまって困るのですが、今年ももう終わりです
からね、いつも通りの長文で締めますよぉ。

申し訳ございませんが、次回へと続きます。

はい~いただいちゃって下さーい!

メリクリでございます。

オーヴァー・キル、確か年初に出たヤツですよね。
一年残りましたかぁ、じんわりと気になっていたんですがリフがイケてるなら聴いてみようかなぁ。

あとテラ・ノヴァが今更もりもり気になっているんですが、まっちゅさん的にはオーヴァーキルの方が高評価なんですね。

う~ん、買い納めあるいは買い初めにロックが欲しいんで、最終選考を待ちます。

こんばんは。
メタラーまっちゅさんの年間ベストがどの作品なのかワクワクしながら読んでたら今回はこういうオチでしたかー。焦らしますねぇ。次回記事を楽しみにしておきますー。

heyzoさん

heyzoさん、こんばんは!

メリークリスマスです!

オーバーキルはもう何周聴いたかわからんくらい聴きましたよ!
スラッシャーの血がたぎります。

リフですかぁ?

もうキレキレですよ。凄まじい切れ味です。それからリズム隊の
アグレッションも半端じゃないです。スラッシャーにはとてもおすすめ
できる作品ですね!

テラ・ノヴァもメロハーファンにはとてもオススメできます。しかし、
オーバーキルとはちょっと比較になりませんね。オーバーキルが強力
すぎます。

一応、次回更新分の記事は書き終えていますので、選考結果の方はもう少々
お待ちくださいませ。ぜひ、買い納め買い初めにはロックをご購入ください
ますようお願い申しあげます!

よしよさん

よしよさん、こんばんは!

メリークリスマスです!

いや~焦らしてしまいまして申し訳ございません。
どうしても文章能力が拙いものでして、文章がコンパクトに書けませんorz

あんまりにも長文になりすぎましたので、半分にちょん切っちゃいました。
次回の記事も是非読んでみてくださいませ。

美人は三日で飽きる

古い諺に「佐々木希のビキニ写真は三日で飽きる」というのがあります。まあ、「美人は三日で飽きる」に近い意味なのですが、私としては、「もっと(モデルがブスでかまわないから)セクシーで斬新な写真が落ちてないかなぁ」と常々、願っており・・・。

「オーバー着る」の新作ですが、個人的には、「もっと斬新なものが欲しいなぁ」と思ったので、今のところCD買わずにスルーしております。正直、あのバンドが何をもって他のHR/HMバンドとの「差別化」をしようとしているのか、私にはわからず・・・。

余談ですが、SPEED-KILL-HATE (OVERKILLのスピンオフ・バンド)も、パンテラみたいな感じで、つまり既存のメタルの域を出ておりませんでしたね(-_-;)

ただ OVERKILL の場合、リンスク師匠という(音が)個性的でメロディアスなギタリストがおりますから、密かに注目はしております。

ところでメタラーまっちゅさんは、FORBIDENの新作を聴かれましたでしょうか? ギターの片割れにスティーブ・スマイスの名前があったので、お知らせしときますね。(新しいもの好きな私はスルーしましたが)なかなか、いいアルバムでした、ちなみに。

SaintVoxさん

SaintVoxさん、こんにちは!

オーバーキルに関してはどうなんでしょう。私は久しぶりに彼らの作品を
購入しましたが、唯一無二とまではいかないまでも、それなりに彼らの
個性を感じます。それは何十年も前に聴いた、独特なメロディの旋律が
しっかりと現在にまで残されていたことにそう感じたのだと思いますが。

差別化とかを図ろうと言うよりかは、自分達の個性はしっかりと活かそうと
いう意図が私は感じられました。まぁ、そういったことよりなによりも
私はバンドの凄まじいまでのアグレッションにやられてしまったわけ
ですが・・・

ですから斬新な音楽性とは私も思いませんね。ありがちなエクストリーム
メタルだと思いますよ。しかも私はそんなに幅広いジャンルを消化する
ほうでもございません、デスメタルなんかはほとんど聴きませんし・・・

なんで私にとってはこのオーバーキルなんかはかなり激しい部類の音楽に
なりますね。

デイヴ・リンスクは何気にリードも巧いですからね。私も嫌いじゃないですよ。
彼のリードプレイは楽曲に凄く良いアクセントをもたらしていると思います。
案外巧いです。

>メタラーまっちゅさんは、FORBIDENの新作を聴かれましたでしょうか?

いや~残念ながら未聴でございます~。
ほう~それにしてもスティーブ・スマイスときましたかぁ。テスタメント、
ネヴァーモアを経て新たに加入したのですね。これは興味深い情報でした。
ありがとうございます。
プロフィール

メタラーまっちゅ

Author:メタラーまっちゅ
音楽学校卒業後、
ギターインストラクターと
なるものの、現在ではしがない
サラリーマン・・・orz
しかしながらギターに対する愛は昔も今も変わらず!


まずは自己紹介に【HR/HM好きの方へ100の質問】こちら

【性別】
  ♂
【Guitar】
Fender 
Ibanez
musicman
Gibson
Martin
Jose Ramirez
他、10本以上所有 
【愛車】
LEXUS GS350
【趣味】
GRANDTOURING
音楽鑑賞(CD1,000枚以上所有)
ビリヤード(たまにマスワリ)

小生、20年のキャリアを積んだギタリストです。その為、ギタープレイに関しての話題が多くなりますが、ご勘弁を・・・
各アルバムや曲の、演奏面を中心にレビューをしていきます。あくまでも私の主観によるレビューでありますので、ご了承下さいませ。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
yahoo!ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
Amazon
ブロとも一覧

翁のブログ。

テイルピースの気ままな写真とギターのブログ

シンプルに・・・ギターブログ(Guitar Blog)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
PING送信プラス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。