スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第23回【SYMPHONY X/PARADISE LOST】09/07/20

本日紹介するCDは、2007年発売のSYMPHONY Xの最新アルバムです。
4年ぶりの通算7作目は、とんでもない力作であります。
これはすごい・・・

パラダイス・ロストパラダイス・ロスト
(2007/07/25)
シンフォニー・X

商品詳細を見る

『パラダイス・ロスト』

オリジナル盤発売日: 2007/7/30
ディスク枚数: 1
レーベル: ビクターエンタテインメント
収録時間: 64 分


収録曲

1. オクルス・エクス・インフェルニ
2. セット・ザ・ワールド・オン・ファイア(ザ・ライ・オヴ・ライズ)
3. ドミネイション
4. ザ・サーペンツ・キッス
5. パラダイス・ロスト
6. イヴ・オヴ・シダクション
7. ザ・ウォールズ・オヴ・バビロン
8. セヴン
9. ザ・サクリファイス
10. レヴェレイション(ディーヴス・ペンナエ・エクス・トラゴエディア)
11. サクリファイス・プレリュード[デモ](日本盤ボーナス・トラック)
12. オープニング・オルタネイト・イントロ[デモ](日本盤ボーナス・トラック)


発売から2年が経過していますが、このアルバムは本当に凄いです!!
よくこんなにハイクオリティーな作品に仕上げたと、本当に関心します。
シンフォニックでありプログレッシブでヘヴィメタルな作風で、
これぞプロの音楽と感動するほどの出来栄えです。何度聴いたか数えきれ
ないほど聴きましたが、私が2007年度で購入したアルバムではダントツの
NO.1アルバムであります。

何よりまずマイケル・ロメオのギターですが、リードは全曲必聴で
非常にエキサイティング!超絶テクは当たり前、その上メロディックであり、
そのメロディックぶりたるものや、並みのセンスじゃありません!
マジに聴き惚れてしまいます。チョーキング、ビブラートのかけ方ひとつ
とってみても非の打ちどころがまったくなく、表現力の豊かさに舌を巻きます。
超高速スライドテクによる、ビブラート、ネオクラシカルでメタリックな
フレージングにタッピングやスウィープが、変拍子を用いた複雑な
バッキングが裏で鳴る中でエキサイティングにメロディックにアグレッシブに
繰り広げられます。
まさにギター職人!達人!マイケル・ロメオはメタル界の天才、鬼才です!

バッキングの方も非常にエキサイティング!メタリックで複雑な
変拍子のバッキングは一筋縄ではいかない難解さで、これまた
タメ息級のプロの業です!

ギターの音質の方も、実に気持ちの良いハイゲインな音づくりであり、
とても心地よい音です!こんな音で演奏出来たら、さぞ気持ちが良いこと
でしょう。こんな音づくりができたらいいんですけどね!さすがは
プロの音です!とにかく抜群のセンスでまとめられています。

ラッセルアレンの歌もまたまた凄いですね!!
とにかくパワフル!アグレッシブ!巧すぎます!

マイケル・ピネーラの鍵盤も今作でも必聴です!
マイケル・ロメオに負けず劣らずこちらも超絶プレイの連発!
バックの重厚な演奏、バッキングも今作を強固なものにしている
大きな要因ですね!

ちなみにタイトルトラックである(5)は2007年の私にとって
ベストバラードであり、捨て曲など一切なしのこのアルバムは、
繰り返しになりますが、2007年ベストアルバムです!

完璧でしょう!! 芸術作!!



私のアルバムへの点数は・・・

95点です!

これぐらいは献上できる作品です。



一方BURRNの方ですが、

広瀬氏・・・88点
   
BURRNのレビューとしては、とても高い点数ではありますが、
この作品でこの点数ですか・・・ しかもコメントには「名曲を書いてくれ」
との思いが綴られていました…とはいえ非常に高い評価をしていました。


うだるような暑さが続いていますね!
IMG_0147.jpg
みなさま、鯉でも鑑賞して涼みましょう!



スポンサーサイト

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私にとっても’07年度ベストアルバムですね、これは。
BURRN!のレビューの点数は低いし、あんまりいいことを
書かれていないな・・・と思ってたら
私のブログでつけた点数もあまり変わりませんでした(汗)。

しかし、「名曲を書いてくれ」って、
いい曲ばかりだと思うんですけどね。
2曲目、8曲目のためだけに買っても損はしないし
勿論他の曲だって期待以上に良い出来だと思いました。

思うにこのバンドは現代的なサウンド、
アグレッシヴと上手く付き合った良い曲作りをしています。
この辺のさじ加減を誤るとダサくなるし、メロディも薄れることは
よくあるんですけどね。

メタリストさん

こんにちは、メタリストさん!

このアルバムにはベテランバンドにしか作れないクオリティの高さがあると思います。

メタリストさんのおっしゃる通り、このバンドは現代的なサウンドを上手に取り込んでもいると思います。あのヘヴィなサウンドは明らかに現代のヘヴィネスぶりですもんね!

超絶技巧も見せびらかすことなく、メロディックさの中に盛り込まれるひとつの要素として使われているし、とても楽しめるアルバムです。
今作は多少玄人向けの作風かも知れませんが、まだまだ長い付き合いが出来る、本当の傑作だと思います。
プロフィール

メタラーまっちゅ

Author:メタラーまっちゅ
音楽学校卒業後、
ギターインストラクターと
なるものの、現在ではしがない
サラリーマン・・・orz
しかしながらギターに対する愛は昔も今も変わらず!


まずは自己紹介に【HR/HM好きの方へ100の質問】こちら

【性別】
  ♂
【Guitar】
Fender 
Ibanez
musicman
Gibson
Martin
Jose Ramirez
他、10本以上所有 
【愛車】
LEXUS GS350
【趣味】
GRANDTOURING
音楽鑑賞(CD1,000枚以上所有)
ビリヤード(たまにマスワリ)

小生、20年のキャリアを積んだギタリストです。その為、ギタープレイに関しての話題が多くなりますが、ご勘弁を・・・
各アルバムや曲の、演奏面を中心にレビューをしていきます。あくまでも私の主観によるレビューでありますので、ご了承下さいませ。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
yahoo!ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
Amazon
ブロとも一覧

翁のブログ。

テイルピースの気ままな写真とギターのブログ

シンプルに・・・ギターブログ(Guitar Blog)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
PING送信プラス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。