スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第39回【IN FLAMES/COLONY】09/09/11

本日紹介する作品は、1999年発売の
IN FLAMESのアルバムです。

北欧メロディック・デスを代表するバンドの
通算4作目となるスタジオアルバム!



ColonyColony
(1999/05/21)
イン・フレイムス

商品詳細を見る

『COLONY』

CD (1999/5/21)
オリジナル盤発売日: 2003/1/28
ディスク枚数: 1
レーベル: トイズファクトリー
収録時間: 48 分


収録曲

1. エンボディ・ジ・インヴィジブル
2. オーディナリー・ストーリー
3. スコーン
4. コロニー
5. ゾンビ・インク
6. パーラー・アンダース・ヴィザ
7. コアースド・コウイグジステンス
8. レジン
9. ビハインド・スペース’99
10. インシピッド2000
11. ザ・ニュー・ワード
12. クラッド・イン・シャドウズ’99
13. マン・メイド・ゴッド



メロディックで叙情的であり、どこか悲壮感漂う空気、
雰囲気は彼ら独特の世界観!ズッシリと重く、深く歪んだ
ギターサウンドはとてもメタリックであり、リズム隊の
かたい演奏がさらに全体を重くヘヴィなサウンドにしています。

(1)ではのっけからメロディックなギターリフ、タイトな
バッキングにヒステリックなボーカル、アンダース・フリーデンの
歌が乗ってきます。リードギターではフロントP.Uが使われて
いるようで太く甘い音色はとてもこのサウンドにマッチしており、
爽快です!
(1)からなだれ込むような(2)はピアノ?をフューチャーした
楽曲。どこか悲しげなクリーンなヴァースはとてもメロディックで
ヘヴィなギターも入ってきて一層楽曲を盛り上る佳曲!
(3)はアークエネミーを彷彿させるメロディにシンプルですが
重くヘヴィなバッキングは迫力満点!中盤から疾走するその楽曲
構成はとてもヘヴィメタル!(4)でもクリーンなヴァースに
メタリックなギターが入ってきてヘヴィメタルを演出。
(5)ではわずかに歪んだトーンでのリードギターがカッコよく
まったく期待を裏切られる移調も気持ち悪くてGood!
序盤のこの5曲がとくに強力で、あまりの悲壮感と叙情的な
旋律に完全に脳みそ揺さぶられますね!

(6)(7)(8)(10)と多少メロディックさは薄れてしまい、
この強力な序盤の楽曲群の中では少々ダレ気味の展開と
なるかもしれませんが、捨て曲というほどのものでは
ないと思います。

(9)ではアイアンメイデン的なリフに変拍子で意表を突かれ
次々に変わるテンポ、移調はかなり複雑な楽曲構成であり
非常に面白いです。(11)(12)とラストへ向けての盛り上げも
見事にきまり(13)はインストナンバー特にリードギターが
入ってくるわけでもないので、何故ゆえ歌が入っていないのか
良く分かりませんが、曲展開はイン・フレイムスそのもので
あります。

ピアノやオルガンの導入などと新たな手法も取り入れますます
音楽性の拡散が見られ楽しめる本作ですが、反面中盤からの
ちょっとしたダレが気にかかりますかね~しかしながらやはり
序盤から中盤にかけての盛り上げは圧巻の一言です。

あとはもっとリードギターを弾けるテクニシャン、アーク・
エネミーのクリストファーのようなギタリストがこのバンドには
居ればもっと楽しめるのですが・・・

しかしながら今作はイン・フレイムスの魅力が十分に詰め込まれた
彼らの代表作であり、力作だと思います。




今作の私のアルバムへの点数は・・・

85点です!




一方BURRNの方ですが、3名によるレビューでした。
当時のレビューを見てみると・・・


伊藤氏・・・89点
小澤氏・・・87点
山口氏・・・88点


   
私の評価点が一番低いですね(汗)BURRN誌では
非常に高く評価されていました!



鳥取の梨、20世紀をお中元に頂きました!
IMG_0116 (2)
さすが、20世紀おいしかったです!ごちそうさまでした!




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Embody The Invisibleは初めてライブでやったメロデスなのでこのアルバムはとても印象に残ってます。

しかしダレが気になるのも否めませんね。頭3曲の流れとかは完璧なんですが…。

一般には傑作とも言われる本作ですが個人的には土着色の濃い3rd、隙のないメロディづくしの5th、路線変更してすぐの6thあたりが好きです。

北欧海老さん

こんばんは!北欧海老さん!

まったく同感で本作は序盤は非常に強力なのですが、
中盤からのダレが少々・・・

彼らの他のアルバムですと、こちらもまったく同感でClaymanと
Reroute To Remainの2作が私もこのColonyよりも実は気に入っています!

しかし巷の評価はColonyの方が高いですね、まぁもちろん悪くは
ありませんし、私も序盤の流れは大好きですからね!

No title

このアルバム、私はかなり好きですけど・・・それでも90点は
つけないですね。
北欧海老さんも仰ってますけど、ダレる部分もありますし
この時代の彼らのアルバムなら前作の方が好きです。
メタルコア色が入ってからもそれなりにいいアルバムを
作っているとは思いますが・・・最近は彼らのお友達の
SOILWORKの方に浮気しがちです(笑)。

メタリストさん

こんばんは!メタリストさん!

実は私は近年の彼らの方向性には少々ついていけずにおりまして、
昨年の発表された新譜などはスルーしています・・・ 

彼らのことを見限ったわけではありませんが、メタリストさんと同じく
最近ではソイルワークのほうが私も好きですね~
ちなみにソイルワークの方も近年の作品より3rdあたりが好きです。

No title

このアルバムはエネルギッシュですよね。Embody The Invisibleのあのメロディアスなリフを聴いただけで、のっけからテンション上がります。

最近のIn Flamesも好きですが、なんかアルバム毎にどんどん小綺麗な感じになってゆくのがちょっと……。
良い言葉で言ったら「洗練されてる」んだろうけど、もうちょっとハジけてみてもいいと思います。

ふぃーるでぃさん

こんにちは!ふぃーるでぃさん!

そうですね、本作は特に序盤から中盤にかけての構成がとても
エネルギッシュですよね!この頃の威勢の良さが私も好きでした。

ふぃーるでぃさんの仰る通り、私も近年の彼らの楽曲は小綺麗になってきていると
感じます。しかしながらアルバム毎に良くも悪くも多少なりとも変化を付けていく、
これが自然な流れでしょうね、どのアーティストも作品毎に新たなアイデアや
実験的なことはやってきますからね!それがリスナーに受け入れられるか
否かですよね。
そのさじ加減はアーティストにとって非常に悩みどころでしょうね!
プロフィール

メタラーまっちゅ

Author:メタラーまっちゅ
音楽学校卒業後、
ギターインストラクターと
なるものの、現在ではしがない
サラリーマン・・・orz
しかしながらギターに対する愛は昔も今も変わらず!


まずは自己紹介に【HR/HM好きの方へ100の質問】こちら

【性別】
  ♂
【Guitar】
Fender 
Ibanez
musicman
Gibson
Martin
Jose Ramirez
他、10本以上所有 
【愛車】
LEXUS GS350
【趣味】
GRANDTOURING
音楽鑑賞(CD1,000枚以上所有)
ビリヤード(たまにマスワリ)

小生、20年のキャリアを積んだギタリストです。その為、ギタープレイに関しての話題が多くなりますが、ご勘弁を・・・
各アルバムや曲の、演奏面を中心にレビューをしていきます。あくまでも私の主観によるレビューでありますので、ご了承下さいませ。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
yahoo!ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
Amazon
ブロとも一覧

翁のブログ。

テイルピースの気ままな写真とギターのブログ

シンプルに・・・ギターブログ(Guitar Blog)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
PING送信プラス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。