スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第41回【FREAK KITCHEN/SPANKING HOUR】09/09/19

本日紹介する作品は、1996年発売の
FREAK KITCHENのアルバムです。

超絶激テクギタリスト、マティアス・エクルンド率いる
北欧のヘヴィ・ロック・トリオの2nd。
本作は私の音楽学校時代の恩師にすすめられ聴いてみたのですが、
衝撃でしたね~ そのテクニカルなギターはさることながら
見事なまでのリズムワーク!すごいです!


スパンキング・アワースパンキング・アワー
(1996/08/21)
フリーク・キッチン

商品詳細を見る

『スパンキング・アワー』

CD (1996/8/21)
オリジナル盤発売日: 1996
ディスク枚数: 1
レーベル: ビクターエンタテインメント
収録時間: 48 分


収録曲

1. ウォールズ・オブ・ストゥーピディティ
2. ハウ,ハウ,ハウ
3. ジャーク
4. テイスト・マイ・フィスト
5. バーニング・ブリッジズ
6. インナー・レヴォリューション
7. リサ
8. スパンキング・アワー
9. プラウド・トゥ・ビー・プラスティック
10. ディストピア
11. ビター・シーズン




近年のギタリストの中で一際異彩を放つマティアス・エクルンド
バンドの中心人物である彼は、リードギター兼ボーカルも
とっておりその非凡な才能はまさに天才的であり、その非常に
高い音楽理論と技巧は秀逸な音楽クオリティを作り上げています!

まずはなによりこのマティアスのギタープレイですが、
完璧なまでの音楽理論とタイトで難解なリズムに乗せて奏でられる、
奇妙でスリリングなリードプレイは本当にタメ息物であり、奇をてらった
かのようなトリッキーなプレイといい、まさにエレキギターを自在に
操るマジシャンのようです!

その既成概念にとらわれることのないギターアプローチは、
ときにジャジーでもありエスニックな雰囲気すら醸しだしています。
また彼お得意のトリッキープレイは随所に盛り込まれており、
ホースクリップを使ったプレイや、超難度のハーモニクスなアーミング
プレイ、指板を鍵盤のように叩いてのプレイなどてんこ盛り!

そんな激烈テクのなかでも非常に耳をひくのが、やはり異常に難解な
リズム、そこに乗せられるリードギターは息もつかせぬスリリングな
プレイであり、そのアイデンティティと引き出しの多さには本当に驚き!
また本作は強力なリフをもつパワフルな楽曲からバラードまで
バラエティにも富んでおり、そのリフ、バッキングも非常に難解な
楽曲が多く収録されています。なかでもポリリズムを使った摩訶不思議な
リフ、バッキングなどもあり、その天才的なリズム感と完璧な音楽理論
難なく弾きこなす圧巻のテクニシャンぶりは是非、エレキギター
プレイヤーには実際に聴いてもらい体感してもらいたいですね!

またギターサウンドも非常に心地の良いハイゲインな音色で
とても良質な音作りをしていると思います。気分爽快なヘヴィ
サウンドですね!

また歌の方も難解なバッキングにも関わらず、器用に歌いこなし
ておりなかなか上手いです!歌メロもキャッチーな楽曲が多く、
非常に楽しめます。

とにかくその変幻自在でユーモア溢れるギターは、全曲で必聴で
あり楽器を演奏する人でしたらとても楽しめるのではないかと
思います。ですがメロディも非常にキャッチーなので、演奏云々が
よくわからないって人にもおすすめできますね!
本作には音楽の楽しみである愉快で爽快なリズム、メロディが
存分につめこまれた、トリオバンドによるアンサンブルも見事な
傑作であると思います!




今作の私のアルバムへの点数は・・・

89点です!




一方BURRN!の方ですが・・・


こちらはレビューなしですね、やはりギターものの
感が強いためでしょうかね。


マティアスのギターはリズムも難解ですね!
IMG_0047 (5)
しかしながら猫の格好もとても難解ですね!



スポンサーサイト

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

このバンドは以前から気になっていたのですが…これは買えと言っているようにしか思えません(笑)

早速探してきます!

しかし、やはりギターが前面に出るものは日本では流行りにくいですね…。

北欧海老さん

こんばんは、北欧海老さん!

ギタリストの北欧海老さんならきっと気に入られると思いますよ。
まぁ、もしダメだったときの責任は負えませんが・・・(汗)

私も恩師からの薦めで聴いてみたのですが、当時は衝撃でしたね、
その舌を巻くテクニックに加え、難解なリズムワークは音楽家の心を
これでもかと揺さぶります。
とにかく今作には音楽本来の楽しみがたくさん詰め込まれていますね!

ギタリストとしては彼もだいぶ有名人になってきましたが、どうもバンドの方は
いまいち売れてきませんね!来月には新譜も控えているようですが・・・

トリオバンドというのも非常にユニークで面白いバンドですので、
是非聴いてみてください。

Pure Metal Samplerシリーズ

 確か、この中では「Walls of Stupidity」が、当時ビクターから発売されていた「Pure Metal Sampler」シリーズの第何作目かに収録されているんですよね。
 また、1stからは「See you in Pittsburg」、3rdからは「Speak or spoken to」がこのシリーズに出展されていたと記憶しています。 ・・・アルバムタイトルは度忘れしてるけど(汗)。
 私の知っているその3曲は、いずれも癖の強い、ポップなメロディーと程よいヘヴィネスのあるHRチューンで、“パワー・ポップ”と呼ぶに相応しい曲でしたね~。。。耳を引いて離さないフレーズがよく聴こえてくるし。

・・・あ、思わず欲しくなってきちゃった。

Knacker-Mollyさん

Knacker-Mollyさん、こんばんは!

これはこれはお詳しいですね~ 
そのようなアルバムがあるとは全く存じませんでした。

やはりこのバンドはヘヴィなサウンドにキャッチーでポップなコーラス。
そこへ絶妙に絡む、トリッキーでリズミカルなリードギターがとても心地良いですね!
一度聴くととても耳に残るキャッチーなコーラスも一つの持ち味ですね!

もっと人気が出てもいいバンドだと思うんですけどね。

追加情報。

PURE METAL SAMPLER no.4(1995.24/Mar)
1. Against the wind (STRATOVARIUS)
2. Hold the line (IMPELLITTERI)
3. Death row (ACCEPT)
4. Revenger (UNITED)
5. Enermy (FREAK OF NATURE)
6. Killerdog (MENNEN)
7. See you in Pittsburg (FREAK KITCHEN) 出展:1st「APPETIZER」
8. TV war (GLENMORE)
9. dacin' on the edge (DEAD BANG)
10. Somebody's out there (ROUGH SILK)
11. American fever (HELICON)
12.Under permission (SANVOISEN)
13. I believe in wonders (VAGABOND)
14. Traveling man (STATE OF MIND)
15. Remember (ACES HIGH)

PURE METAL SAMPLER 7(1996.21/sep.)
1. Rat race (IMPELLITTERI)
2. What did I do (The SZUTERS) (MAGNA-FI の前身)
3.Feel like (SHEELA)
4. Janine (KINGDOM COME)
5. Walls of stupidity (FREAK KITCHEN)
6. How real is real for you (THE ALMIGHTY)
7. The one to last (PANGEA)
8. Faith in you (Jack Russel)
9. The invisible (G//Z/R) (現・GEEZER)
10.Why don't you know (MOON' DOC)
11.Line of fire (BRAZEN ABBOT)
12. Rebellion in dreamland(live) (GAMMA RAY)
13.Ghost of a stone (POVERTY'S NO CRIME)
14. On rich and poor (AMORPHIS)
15. A question of heaven (ICED EARTH)

PURE METAL SAMPLER 12(最終版シリーズ、1999.20/mar.)
1.Arrows fly (EDGUY)
2. Starborn (IRON SAVIOR)
3. Shine (WIZARDS) (当時、ブラジルの新星と言われていた)
4. Living on the wildside (Axel Rudi Pell)
5. Summer rain(THE TRIBE OF GYPSIES)
6. Think of me (MESSAGE)
7. Blue (KICK)
8. My new haircut (FREAK KITCHEN) 出展:3rd「FREAK KITCHEN Ⅲ」
9.Mourning star (AMORPHIS)
10. Lionheart (GRAVE DIGGER)
11. Scavenger of human sorrow (DEATH)
12. Flame to the surface (CRYPTOPSY)
13. Lockdown (GRIP INC.)
14. Chemical noose (FLOTSAM AND JETSAM)
15. Consequences (ICED EARTH)

 ちなみに、このシリーズの内、ここでも紹介したvol.7が私が一番最初に買ったHR/HM物のアルバムです。6以前のシリーズは中古屋で手に入れました。 注目すべきは、このPMSシリーズのvol.9 に、EXODUSのP.バーロフをヴォーカルに据えてのライヴアルバム「Another lesson in violence」からの"Brain dead"が収録されていることでしょうか・・・

 他にも、まだまだ色んなジャンルのバンドが紹介されていました。 ・・・今となっては全て廃盤なのですが。。。

Knacker-Mollyさん

Knacker-Mollyさん、こんばんは!

うわ~こりゃあ凄い追加情報を・・・ありがとうございます!
前12枚のシリーズですか、結構たくさん出ていたんですねぇ
やっぱりすべて廃盤となっていますか、今度、中古屋で探してみます!

しかしこの顔ぶれの中にFREAK KITCHENとは・・・
結構、異質な感じがしますね。

しかしながらこれはなかなか興味深いバンドの名前も結構入っていて
楽しめそうですね!いや~しかしマニアックな情報を良くご存じで、
是非発見した際にはチェックしてみたいと思います。

No title

先日は@嬢系にコメTHXでした!(・∀・)
私も以前からこちらのブログ拝見しておりますが、なかなかコメント
残せずに申し訳ないっす^^;
当方かなり偏ったリスナーであるため、あまりメジャーどころを聴かない
のです…

ただ以前取り上げられていたLamb of Godは私も持ってまして、
まっちゅさんの記事、興味深く拝見致しました。
攻撃性は充分だがあまりピンと来なかった理由が分かった気がしますw

もしよければ今後も貴ブログを参考にしたいので、リンク追加させて頂いて
もよろしいでしょうか?
(というか既に追加してしまいますたw 厚かましくて申し訳ない…^^;)

KALI YUGAさん

KALI YUGAさん、こんにちは!

私の方も以前からこそこそといつも覗かせて頂いておりましたw
私の方はKALI YUGAさんとは逆にメジャーどころばかりを聴いておりまして、
そちらの♀にこだわったブログがとても興味深く毎日拝見させて頂いておりました。

リンクの件ですがこちらこそ喜んでお願いいたします。私の方にも貴ブログの方、
早速ですが貼らせて頂きました。

今後とも良きお付き合いのほどよろしくお願いいたします!

No title

だいぶ遅いコメントですが・・・初めまして!youと申します ブログはたびたびチェックさせていただいてます^^

Freak Kitchen、大好きなバンドです!しかもこのアルバム、ちょうど通学中に聴いてましたw

マティアスは超絶技巧の持ち主ですがバンドでは技巧に頼らずキャッチーな分かりやすいメロディーが必ずありますよね マティアスいわく誰でも分かる楽しいメロディあってこそ音楽になる、ということらしいです ユーモラスなマティアスらしいですよね

11月には楽器フェアで来日ですね 生であのおかしな奏法が見れるなんて、最高に楽しみですw

youさん

youさん、こんばんは!

初めまして!コメントならびに当ブログへの訪問まことに
ありがとうございます。

マティアスは本当に音楽の楽しみというものを理解していますね!
音楽の三大要素であるリズム、メロディ、ハーモニーの要素を楽曲作りに常に
心がけていますよね!歌メロも非常にキャッチーですし、楽しい音楽を作ろうという
マティアスの音楽家としての意識が聴き手に伝わってきますね!

来月には新譜の発表、さらに11月にはマティアス来日ですか、
これはまた楽しみですね!

No title

はじめまして。v-222
Freak Kitchenもそうですが、MattiasのギターはとってもCoolですよね。
来月には「Land of the Freaks」なる新譜もでるようです。

またお邪魔します。

TKさん

TKさん、初めまして、こんばんは!

当ブログへお越し頂き、またコメントまで頂きましてありがとうございます。

私もマティアスのプレイが大好きです。彼のギタープレイを完全フューチャーした
ソロ作Freak Guitarも持っていまして、マティアスのプレイはほとんど
チェックしています。本当に奇才ですね、 一際異彩を放っていますね。

来月には新譜が発売されますね、私もとても楽しみにしていますよ。

No title

一つだけといったら、やはりこのアルバムでしたね!
最初に薦めるなら自分もコレですw
自分も彼らのアルバム全部持ってます。マティアスのソロ『Freak Guiter』も。

まさしく『奇をてらう』でしょうね。彼ら知ったのもこのアルバムが発売した時で、衝撃的でした。
キャッチーなへヴィさにフレーズの変幻自在奇々怪々さw
おっしゃる通り、ギター弾きなら一度は絶対必聴ですね!
自分、彼の奏法、色々雑誌やらネットやらで調べまくりでしたw

新作『Land of the freaks』は輸入盤とipodは手に入るらしいですが
日本盤は、何と来年まで持ち越しとの情報ですorz
気に入るアルバムでしたら・・・レビューしてくださいね~(^-^)

koumeiさん

koumeiさん、こんばんは!

koumeiさんもそうとうなマティアスフリークですね!(笑)
やっぱり一度はマティアスのプレイは体感しておかなければ、井の中の蛙ですよ。
世界は広いです、信じられんようなプレイをする奇才がまだまだ存在しますからね。
マティアスもその中の一人ですね、この人の場合はそれに加えて、
メロディ第一の楽曲づくりに難解なリズム遊びなどと、一際異彩を放っていますね!

マティアスのことはデビューアルバムから応援していますが、バンドは
なかなか売れてきませんね~ギタリストとしてはかなり認知されてきていますが、
肝心なアルバムの売れ行きを是非伸ばしてもらいたいですね~

>新作『Land of the freaks』は輸入盤とipodは手に入るらしいですが
>日本盤は、何と来年まで持ち越しとの情報ですorz

あらら、楽しみにしていたのに・・・来年ですか・・・ 
私はライナーも必ず
読むので国内盤しか買わない主義ゆえ、しばらくはおあずけですね~
マイスぺで一曲はチェック済みですが・・・
首をなが~くして待っておきますよw
プロフィール

メタラーまっちゅ

Author:メタラーまっちゅ
音楽学校卒業後、
ギターインストラクターと
なるものの、現在ではしがない
サラリーマン・・・orz
しかしながらギターに対する愛は昔も今も変わらず!


まずは自己紹介に【HR/HM好きの方へ100の質問】こちら

【性別】
  ♂
【Guitar】
Fender 
Ibanez
musicman
Gibson
Martin
Jose Ramirez
他、10本以上所有 
【愛車】
LEXUS GS350
【趣味】
GRANDTOURING
音楽鑑賞(CD1,000枚以上所有)
ビリヤード(たまにマスワリ)

小生、20年のキャリアを積んだギタリストです。その為、ギタープレイに関しての話題が多くなりますが、ご勘弁を・・・
各アルバムや曲の、演奏面を中心にレビューをしていきます。あくまでも私の主観によるレビューでありますので、ご了承下さいませ。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
yahoo!ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
Amazon
ブロとも一覧

翁のブログ。

テイルピースの気ままな写真とギターのブログ

シンプルに・・・ギターブログ(Guitar Blog)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
PING送信プラス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。