スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第42回【VINCE NEIL/EXPOSED】09/09/23

本日紹介する作品は、1993年発売の
VINCE NEILのアルバムです。

モトリー・クルーを解雇されどうなることやらの
心配をよそに、なんとあのギター巧者スティーブ・
スティーブンスを獲得しての見事なまでの復活作!


エクスポーズド+2エクスポーズド+2
(1997/05/25)
ヴィンス・ニール

商品詳細を見る

『エクスポーズド+2』

CD (1997/5/25)
ディスク枚数: 1
レーベル: ダブリューイーエー・ジャパン
収録時間: 59 分


収録曲

1. ルック・イン・ハー・アイズ
2. シスター・オブ・ペイン
3. キャント・ハブ・ユア・ケーキ
4. ファイン・ファイン・ワイン
5. エッジ
6. キャント・チェンジ・ミー
7. セット・ミー・フリー
8. リビング・イズ・ア・ラグジュリー
9. ユーアー・インバイテッド
10. ゲッティン・ハード
11. フォーエバー
12. スーパースターはブロンドがお好き
13. アイ・ワナ・ビー・シディテッド


モトリー・クルーを解雇され、半ばけんか別れ状態に
あった両者、ヴィンス・ニールは一体どうなることかと
当時はとても興味津津でしたが、なんとその1年後には
あのスティーブ・スティーブンスを従え余裕の音楽シーン
への復活!そのあまりのテンションの高い楽曲群に当時
まだまだガキだった私の音楽魂は激しく揺さぶられましたね!

まずはギタープレイですがこれがもう最高!!
完璧でしょう!その切れ味抜群でソリッドな音色は迫力満点で
バッキングひとつとってみても非の打ちどころは
一切なし!ヴィンスの歌にしっかりと華を添えています。
迫力のギターサウンドからは強力なリフが次々と奏でられ
非常に刺激的です!

リードの方もこれまたナイスプレイの連続、高いスキルに
裏打ちされたそのフレージングは、アイデンティティにも
とんでおり、ユニークでメタリックなリックを奏でています。
(1)他で聴かれる光線銃を使ったプレイも非常にユニークで
当時マネしてライブで使うアマチュアもたくさんいましたね(笑)
エッヂのきいた切れ味鋭いユニークなリードは全曲で必聴です。
また(5)(6)(11)などで聴かれるクラシックギターがまたまた
絶品!私もクラシックギターを弾きますが、この人の場合は、
ときにはフラメンコ風に弾いたり、クラシックギターですが
メタリックなリックを弾いたりもしています。非常に巧いです。
このスティーブ・スティーブンスのプレイをチェックするだけに
このアルバムを購入しても良いのでは、と言うような本当に
ナイスプレイが炸裂しています!

ヴィンスの歌ですが、こちらもさすがの安定感ですね!
彼の個性的な歌声と存在感がこれでもかと大爆発しています。
スティーブのド派手なギターとの絡み具合もまったく
問題ないくらいこちらもパワフルですね!

リズム隊の演奏はとても堅実にこなしていますが、
少し音が軽めですかね、歌とギターがあまりに強力な
ためもう少し重たい音作りを出来れば尚良かったと思います。

アルバム全編通して捨て曲はなく全曲が必聴ではないかと
思います。発売から15年以上が経過していますが、
今現在聴いてもまったく色あせることのない完璧な作品で、
オープニングトラックの(1)を聴くとあのガキのころに受けた
衝撃が未だに蘇ってくる本当に強力なアルバムです!



私も大好きな本アルバムへの点数は・・・

90点です!

これくらい献上できるでしょう!


一方BURRN!の方ですが、
4名によるクロスレビューでした。
当時のレビューを見てみると・・・


酒井氏・・・84点
大野氏・・・85点
平野氏・・・91点
前田氏・・・92点

   
う~ん、ライターさんたち結構点数に開きがありますね。
高得点にはかわりありませんが・・・
楽器をプレイするかどうかでも結構評価はかわるでしょうね!


我が家のニモちゃんです!
IMG_0095 (2)
イソギンチャクに身を潜めてますね!
スポンサーサイト

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして。

はじめまして。ちょくちょく拝見させていただいたんですがさっきちょうどモトリーの事について自分のブログに書いたもので、奇遇!と思いコメントさせて頂きます。

このアルバムは期待していなかった分凄く気に入りましたね。ただ、仰るとおり少し軽い音が気になるかな、とも。メロディを含めてポップメタルと思って聴いてます。

No title

な・・・懐かしいです(笑)。
このアルバムは私もかなり聴きました。楽曲もテクニカルなMOTLEY CRUEって感じで
ヴィンスの声に合っていましたし、いい曲ばかりでしたね。
私は特に3,4,5曲目が気に入っていました。
リズム隊の演奏が堅実だ、と感じられたようですが、
コピーする分にはこれが意外と面白かったりします。
上手いですしね。
スティーヴ・スティーブンスのプレイはこのアルバムが
一番好きですね。色々と面白いことをやっていますし。

確か、彼はこの数年後にト二ー・レヴィン氏らと共にアルバムを
出しているんですけど、そちらはプログレッシブなインストで
ちょっと面白いとは思いませんでした。

heyzoさん

heyzoさん、こんにちは!

初めまして、コメント&いつも当ブログへ足跡を残して
頂きましてありがとうございます。

私個人的にはヴィンス・ニールはモトリーのときより今作のときが
一番はじけていた気がします。やはりバックのメンバーを一新し、
有能なギタリストを獲得したことが非常に本作においては大きかったですね!

heyzoさんの仰る通りポップなメロディも満載で万人に受け入れられるような
そんな楽曲が多かったですよね!非常にキャッチーな作風だと思います。



メタリストさん

メタリストさん、こんにちは!

私も結構、今作はコピーをしましたが、とても面白かったです。楽曲はとても
キャッチーでしたが、ギタープレイの方はかなりテクニカルでしたね。また
音作りもとても良質なものだったと思います。迫力のギターサウンドには
心底痺れました。

トニー・レヴィンとテリー・ボジオですね。
これははっきり言ってつまらない作品でしたね~私も持っているのですが
まったくもって聴く気がおきません。あれは自分たちの自己満足で
やったんでしょうかね。凄い才能の人達ですから売れ線も作れるでしょうからね。
あれが一般リスナーにうけるはずないですよね、残念ながら楽器奏者でも
つまらなかったですからね。

う わ ぁ~・・・

 あっちゃ~~~・・・・・・  「BOZZIO, LEVEN, STEVENS」は、実は2枚持っているのですが・・・
 2nd「Situation Dangerous」は1st「Black light syndrome」より曲の持つ緊張感とドラマティック展開がさらに激しくブーストされて、捨て曲全く無しの名盤で、何度も聴きたくなるものだと思うんですよ、ワタシは・・・(汗)

 この場で酷評されているのが1st限定の話ならば当方、あまり気にせずに済むのですが(爆/大量汗)


 何か、ただ単に乱入して来てしまったようで、スミマセン。。。。。。

Knacker-Mollyさん

こんばんは!

これ2ndもあったんですか!私が書き込んでいたのは1stのことなんですが、
知りませんでした。その1stの印象が私には非常に悪かったゆえに
もしかしたら当時2ndをスルーしたのかもしれません。何しろ10年以上昔の
ことで記憶が曖昧なのですが、所有している1stもそれ以来聴いていません…

たしかにこの1stも当時は非常に高い評価がされていた記憶があります。
久しぶりにこの機会に今一度聴き直してみますね!なんせ大昔に聴いたきり
なので、今聴いたらKnacker-Mollyさんと同様の良い印象を持つかもしれませんので・・・

メタラーまっちゅさん

メタラーまっちゅさん、こんにちは!

来日公演で何故か不機嫌だったスティーブ・スティーブンスが参加したヴィンスの1stソロ!w
「俺がいてこそモトリーだ」と言わんばかりにモトリー節全開のアルバムで
脱退のニュースでショックを受けていた私としては非常に嬉しいアルバムでした。
このアルバムを聴いて、逆にモトリーの行く末の方が心配になるほどの出来でした。

スティーブ・スティーブンスも非常に上手く華を添えていて
マイケル・モンローと一緒にやらずに、こちらに参加して正解!と納得させられました。

私も90点以上の点数をつけると思います。

Wormboyさん

wormboyさん、こんばんは!

なぜか私が観に行った来日公演もテンションのやたらと低かった
スティーブ・スティーブンスですが、今作では彼の非凡なる才能が
大爆発でしたね!

>逆にモトリーの行く末の方が心配になるほどの出来

ホントですよね~私も当時同じことを考えましたね、しかしながら
こちらもヴィンスとはタイプは違えどジョンというパワフルなボーカルを
獲得していましたね。それも決して悪くなかったと思います。

今作でのスティーブ・スティーブンス&ヴィンスのパフォーマンスは
本当に素晴らしいの一言で、長い間聴き込んできた作品ですが、
まだまだ今後も長い付き合いのできる本当の良作だと思います。

メタラーまっちゅさん

メタラーまっちゅさん、こんばんは!

メタラーまっちゅさんの記事を読んで、久しぶりにヴィンスのソロを1stから聞きなおしました。
1stで疲れが吹っ飛ぶほど盛り上がったのですが、2ndに突入して一気にテンションがダウンしてしまいましたw
1stが良かっただけに2ndのモダン路線にはどうも馴染めないんですよね~

ジョンが参加したモトリーのアルバムも好きでモトリーのアルバムの中でも良く聴きます。
後にヴィンスが戻って作った「Generation Swine」より遥かにラウドで生々しいサウンドを捉えた良盤でしたね。

メタラーまっちゅさんは沢山ペットを飼ってらっしゃるんですね!
犬に猫、そして熱帯魚まで!
先日コメントで書くのを忘れていました。

wormboyさん

wormboyさん、こんにちは!

2ndでは一体どうしてしまったんだろうと言うほどテンションがた落ちでしたね・・・
私も急激な路線変更に耳がついていけなかった一人です…
というか、1stの素晴らしさに釣られてついつい2ndも購入してしまいましたが、
これは本当に失敗でしたorz
長らく我が家のCDラックの番人役の2ndですが、私も懐かしいので聴いてみようw
また番人役に後戻りするでしょうが・・・

私もジョンが参加した作品は結構好きです。いきなりギターもドロップDチューン
などを使い始めこちらもいきなりヘヴィネスを追求してきたかというような
印象を当時は持ったものですが、こちらには私の耳も対応できましたね。
こちらにはしっかりと楽曲にキャッチーな部分が残っていたからですかね。

ペットは大好きなんです!動物が本当に大好きで子供のころから
動物を飼っていない時期がほとんどありません。動物はいいですね、
音楽と同じでホントに心和ませてくれますよね!
犬、猫、魚とそれぞれに個性があり本当に楽しいですw

メタラーまっちゅさん

メタラーまっちゅさん、こんばんは!

てっきり1stの路線で楽しませてくれるものだと思っていたので
2ndは本当に予想外の変化で付いていけませんでした。
私もiTunesのシャッフルで再生されない限り
またしばらく2ndを聴くことはないと思いますw

私も動物が好きなので、ついついメタラーまっちゅさんの画像に喰いついてしまいますw
休日の買い物では、いつもペットショップを覗くほどです。
また熱帯魚飼いたいな~と勝手に画策しているところですw
犬、猫、魚どれでも見ているだけで時間を忘れてしまいますよね。

wormboyさん

wormboyさん、こんばんは!

良い機会なので2ndを今一度聴き返してみました。
実に10年以上ぶりに・・・

モダンだな~・・・
本当に久しぶりすぎて、まったく楽曲も覚えていませんでしたよ。
やっぱりギタリストの交代がかなりこたえていますかね、ブレント・ウッズなる
ギタリストもまぁ上手いんでしょうけど、スティーブと比べてやっぱり華がないですね。
アルバム全編がモダンな曲ばかりでやはり聴いていてかったるくなってきますね。
印象に残るような楽曲もやっぱりないですね…(汗)

動物は世話が大変なんですが、いつでも心を和ませてくれるので
私にとっての最高の癒しなんですよね~
ペットショップは私も好きですね~何も用事ないくせに目に入ると
とりあえず行ってしまいますもんねw
しかし本当に動物と遊んでいると時間を忘れてしまいますね。

メタラーまっちゅさん

メタラーまっちゅさん、こんばんは!

私も入手してから数回(おそらく片手で数えれる回数)しか聴いていなかったので
同じく10年以上ぶりに聴きました。

>スティーブと比べてやっぱり華がないですね

そうなんです!華々しさがなくてヴィンスらしさが十分発揮されていないんです。
声は間違いなくヴィンスのあの声なのに…
カバー曲のLust For Lifeも1stソロのメンバーなら、もっと良くなったと思うんですが。

動物は世話もお金もかかりますが、本当にそれ以上の癒しを与えてくれますよね。
以前熱帯魚を飼っていた時は、時間も忘れてずっと眺めていました。
今晩、何気なく「熱帯魚を飼おうかな~」と探りを入れたら
「どこに水槽置く気?」の一言で終わってしまいました(涙)
次はペットショップに行く度に、ペットと生活する良さを訴えていく作戦で行こうかと思っています。
長期戦になりそうです(汗)

wormboyさん

wormboyさん、こんばんは!

2ndですがもうあまりの気だるさに体をムズムズとさせながらようやく
完走しました。(汗)ちょっとこれは本気で無理ですね。もう恐らく何か
よっぽどのことがない限りは封印されることになりそうです…

熱帯魚は水槽の置き場の問題はありますね~意外に場所とりますからね~
それと意外に水槽の水の交換作業も大変なんですよね~魚が私の手を
敵とみなして噛みついてきますw
たまに海老なんかを入れておくと翌日脱皮サプライズがあったり、
どういうわけかこの狭い水槽の中で失踪する魚がいたり(本当に消滅したかのように
ある日を境に失踪)いろんなサプライズがありますね!
さかなもなかなか和みますよね!
プロフィール

メタラーまっちゅ

Author:メタラーまっちゅ
音楽学校卒業後、
ギターインストラクターと
なるものの、現在ではしがない
サラリーマン・・・orz
しかしながらギターに対する愛は昔も今も変わらず!


まずは自己紹介に【HR/HM好きの方へ100の質問】こちら

【性別】
  ♂
【Guitar】
Fender 
Ibanez
musicman
Gibson
Martin
Jose Ramirez
他、10本以上所有 
【愛車】
LEXUS GS350
【趣味】
GRANDTOURING
音楽鑑賞(CD1,000枚以上所有)
ビリヤード(たまにマスワリ)

小生、20年のキャリアを積んだギタリストです。その為、ギタープレイに関しての話題が多くなりますが、ご勘弁を・・・
各アルバムや曲の、演奏面を中心にレビューをしていきます。あくまでも私の主観によるレビューでありますので、ご了承下さいませ。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
yahoo!ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
Amazon
ブロとも一覧

翁のブログ。

テイルピースの気ままな写真とギターのブログ

シンプルに・・・ギターブログ(Guitar Blog)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
PING送信プラス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。