スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第45回【過去に一度はレビューしたものの、やっぱりもう一度推したいアルバム その一】09/10/16

私の稚拙な文章能力ではなかなか作品の素晴らしさや魅力を
十分に伝えきれていないのでは(?)と思いまして、過去に一度は
レビューしたものの、今一度お勧めしたいアルバムを簡単ながら
紹介してみたいと思います。

あの世にも持って行くであろう、私の家宝であり
不朽の名作たちです。



まずは1枚目は2007年、シンフォニーエックス

パラダイス・ロストパラダイス・ロスト
(2007/07/25)
シンフォニー・X

商品詳細を見る

『パラダイス・ロスト』


この作品はやっぱり激しくお勧めですね!
近年稀に見る傑作だと思っています。今一度推しておきたいです。

とくにギタリストは必聴でしょう!マイケル・ロメオの
その卓越した演奏技術と研ぎ澄まされた天性のメロディセンス、
エキサイティングでスリリングな超絶ギタープレイはそうは
聴けるものではありません!
今作での奇跡とでも形容したくなるような神々しいプレイは
是非押さえておきたいところですね!

各パートのレベルの高さも異常でバンドアンサンブルの高さ楽曲の
素晴らしさも芸術!

シンフォニックでドラマティックな楽曲群も捨て曲など一切なし!
タイトルトラックのバラードも最高!

近年に購入したアルバムの中でも断トツのNO.1作品!!




続いて2枚目は2009年、先月発売されたばかりのメガデスの新譜


エンドゲームエンドゲーム
(2009/09/09)
メガデス

商品詳細を見る

『エンドゲーム』


前作でも十分満足していた私、しかし今作では前作をはるかに
凌ぐ魂新の力作!!
名作ラスト・イン・ピースにも匹敵する傑作の誕生かと思います。

新加入のギタリスト、クリスのプレイも素晴らしいし、ここにきて
ベテランであるムステインも相当にテクを上げてきています!
完全なるギター音楽たるヘヴィ・メタル作品を作り上げてきています!

クリスとムステインのスリリングなギターバトルはあの
マーティ・フリードマンとのツインリードを彷彿させる壮絶さ!
さらにはアルバム全編の構成がファストチューンを中心とする
つくりとなっており非常にアグレッシブ!こんなメガデスは
ホントにラスト・イン・ピース以来であります。

まさにインテレクチュアル・スラッシュ・メタルの復活であり、
強力無比な楽曲の連続に心底震え、このバンドの持つ計り知れない
膨大なエネルギーを感じることができます!
ムステインも未だこんな底力を蓄えていたとは恐ろしい…

とにかく最高!
今作は2000年代を代表するメタルアルバムになるのではと
本気で思う。



つづきまして3枚目、こちらも2009年、
新星スティール・パンサーのデビュー作


鋼鉄の女豹(初回生産限定盤)鋼鉄の女豹(初回生産限定盤)
(2009/08/05)
スティール・パンサー

商品詳細を見る

『鋼鉄の女豹』

上記2作品から比べると少々弱いかもしれませんが、
こちらも私のお気に入り!

楽曲にいろいろなバンドの確信犯的パクリをふりかけ成分とし、
思わずにやけてしまうような場面を随所に盛り込みながらも、
自分たちの物にしてしまうそのテクニックには舌を巻いてしまいます。

また元ファイトのギタリスト、サッチェル(ラス・パリッシュ)の
ギターヒーローぶりも聴きどころで素晴らしいプレイの連続です。
ロブ・ハルフォードとやっていたときよりも、遥かに良質なプレイを
しています!

ボーカリスト、マイケル・スターの歌もかなりのもので
迫力のシャウトをかましています!
こちらも捨て曲と言う捨て曲はないんじゃないかな~
キャッチーでフックなメロディはついつい口ずさんでしまう
軽快さで何度聴いても楽しいです!

また歌詞は最上級にお下劣で対訳を読めば大爆笑!是非国内盤を
おすすめしたいですw

ちなみにメタルには特別興味のない私の妻も口ずさむほどの
印象的なメロディが満載です!





今回取り上げた3作品は、私自信とてもリピート回数が多く聴けば
聴くほどにその魅力に引き込まれてしまいます。

とりあえずその一はこの3枚ということで…
あとはカテゴリより過去のレビューも合わせて読んで頂けると
幸いであります。

今後も長い付き合いができるであろう、本当の傑作ばかりです!



我が愛車、レクサスGS。
IMG_0056 (2)
ディーラーに行くと毎回こんなおもてなしをしてくれます、ちいさな幸せです。
スポンサーサイト

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

スティール・パンサー。80年代サウンドらしいし、オモシロそうですよね。
ギターも、ポール師匠の元ルームメイト?で凄腕のラスだし。

でもサンプル音源しか聴いたことがありません。。。(^^;

TKさん

TKさん、こんばんは!

そうです!
このスティール・パンサーは本当に聴いていると楽しくて面白いですよ!
ふりかけのふりかけ方も絶妙で思わずニヤケるフレーズも満載です。

ギターは上手いですよ~ファイトの頃よりだいぶ貫禄のあるプレイに
なっていますね。
まぁ元GITのインストラクターですから上手いはずですね!

このバンド新人バンド扱いになっていますが腕前はベテランのそれと
なんらかわりのない本物の実力を備えています。
機会があれば是非触れて頂きたいアルバムです!

No title

あれからSTEEL PANTHERの"FEEL THE STEEL"を買って、
聴いてみたのですが、これは結構ハマりますよね。
元ネタの有無は関係なく純粋にいい曲が多くて
確かに口ずさみたくなるようなキャッチーさがあります。

それにFIGHTにいた時のラス・パリッシュは、スラッシーなギターを弾く
人なんだな・・・くらいにしか思っていませんでしたが
このバンドではインギー風の速弾きをも見せたりして、
その器用さにビックリです。

ただ・・・歌詞はネタにしても酷いと思いました(笑)。
数年前に流行ったTHE DARKNESSも変な歌詞を書いたりして
ましたが、これは酷すぎます(笑)。
メタラーまっちゅさんの奥さんが対訳を読んだなら
さぞ驚かれることでしょう。

No title

はじめまして、たけちよ といいます。
いつも遊びにこさせてもらっています。

シンフォニーXの最新作はスルーしていたので
近いうちに聴いてみようかと興味が出てきました!

メタラーまっちゅさんの
ギタリスト視点からの考察レビュー、とても興味深く閲覧しています。
最後のレビューとは関係の無い写真も面白いですw

また遊びにこさせてもらいますね~。

No title

こんばんは!
「PARADISE LOST」はSYMPHONY Xの最高傑作だと思ってます。楽曲単位なら3rd「THE DIVINE WINGS OF TRAGEDY」ですが、アルバム全体ではこちらに軍配という感じです。ジャケットも素晴らしい!

メタラーまっちゅさんのお薦めで買った「ENDGAME」は今年のトップ10アルバム入り確実です。本当にギターの素晴らしさが光るメタルアルバムですよね。

最後の「FEEL THE STEEL」も近々購入予定です。僕は所謂パクリも気にならない方なので楽しみです。WIG WAMのような感じなのかなと想像しております。

メタラーまっちゅさんが「やっぱりもう一度」のコーナーでどんな作品を紹介されるのか楽しみにしてますねー。

「ENDGAME」まだ買ってない・・・

SYMPHONY X は、「Paradise lost」以外にも4枚目以降のアルバムを全て持っています。 それに、とても大好きなのですが・・・


後に上げた2作品は、持ってません。 というか、3枚目の STEEL PANTHER の作品は、完全にスルーしておりました(汗)

STEEL PANTHER の作品、注目してみようかな・・・。

たけちよさん

はじめまして、こんばんは!

私のブログへいつもお越しいただき、またコメントまで
いただきまして
まことにありがとうございます!

シンフォニーエックスの今作は全曲がそれはそれは
素晴らしい出来栄えで、
研ぎ澄まされたメロディセンスは一瞬にして聴き手を飲み込むほどの強力な
魅力を秘めています。
演奏の方は難解で複雑なプレイの連続ですが(タメ息級のプロの業とはこのこと)、
楽曲に小難しさは一切なく、何度も何度も聴き込まなければ良さが伝わってこない
なんてこともないです。要はそれだけ良質なメロディが楽曲から溢れ出て
いるということですね!

是非、機会があれば聴いて頂きたい作品です!

長年ギターを弾いていることもあり、異常なまでにギタープレイにこだわって
しまうところが私の難点でもあり、ギターが下手くそなバンドだとそれだけで
そのアルバムは余程そのほかのパートが魅力的じゃないとほとんど
聴かなくなってしまいます。
ヘヴィ・メタルには流麗で華麗なリードプレイは欠かせないものだと
思っていますので今後もこんなレビューになっていくと思います。

>最後のレビューとは関係の無い写真も面白いですw

写真ですね、普段からデジカメを持ち歩いていますのでなにか見つけると
すかさず『カッシャッ』といきますw

最近仕事が忙しくて更新頻度が落ちていますが…orz 是非また遊びに
きてくださいませ~

よしよさん

よしよさん、こんばんは!

私も同じくシンフォニー・エックスは今作が一番の傑作だと思っています。
まぁこの人たちに駄作など一枚もありませんが、今作はひときわ輝いていました。
ジャケットアートもホントカッコよかったですね!

メガデスの方は喜んでいただきまして幸いですw2009年を代表するアルバムで
あることはもちろん、ヘヴィ・メタル史、メガデスの歴史にも燦然と輝く
代表的傑作となるでしょうね。

スティール・パンサーはもう笑っちゃって下さいw近年稀に見るひどい歌詞…w
しかしながらボーカル、ギターの実力は凄いですよ!本物です。
楽曲はあまりの楽しさにきっと口ずさんでしまうでしょう!

>「やっぱりもう一度」のコーナーでどんな作品を紹介されるのか楽しみに
してますねー。

私、文章能力にも難ありなわけでどうしても作品の魅力を皆さまに伝えきれて
いないのでは?と、少々自信がないための企画としてやってみました。
よってこのコーナーで取り上げる作品は私も大真面目、本気で皆さまにも
ご一聴してもらいたい作品たちなのです!

何を買おうか迷っているようなときは、この作品たちを是非手にとってほしいですね!

メタリストさん

こんばんは!

スティール・パンサー買われていましたか!
古き良き80年代を心地よく匂わせる楽曲群は近年流行りのヘヴィネス
路線からの音楽性からはかけはなれていますが、最近はそんな音楽ばかり
聴いていて少々、食傷気味の私には非常に懐かしくもあり、
新鮮味を感じる作品でした。

また演奏の方も相当な熟練ぶりでありラス・パリッシュもファイトの頃の
荒々しさは影を潜めとても艶やかにメロディックなギタープレイでとても
カッコ良かったと思います。
ボーカルのマイケルもメロウに歌ったり激しくシャウトしたりと緩急も良く、
キャッチーな歌メロはついつい口ずさんでしまいます。

歌詞の方ですがこれはもうホントひどいの一言ですね。
極上のバラードにも下品な詞を乗せてきて、さらにはそれを大真面目に
歌うという過激さ!
一曲目とか大丈夫なのか?訴えられないのかとこっちが心配になるほど
過激でお下劣ですもんね。

>奥さんが対訳を読んだならさぞ驚かれることでしょう。

妻には対訳はすでに見せています(笑)
あまりの傍若無人ぶりに引くどころか二人して大爆笑でした。
そんな私たち夫婦も下品ですね。(苦笑)

Knacker-Mollyさん

Knacker-Mollyさん、こんばんは!

こうしてコメントをいただきますのを読んでいるとシンフォニー・エックスの
今作は実は結構聴いている方が多いですね。ちょっと意外ですね~。
総じて皆さん高評価していますし。
まぁ近年の作品では私の断トツのおすすめアルバムなので嬉しいことです。

メガデスは自分たちのやりたいことと、ファンの聴きたいものとの
バランスの悪さからファンを失望させることもあったわけでそのせいも
手伝ってか、今作をスルーしてしまう方が結構いますのでここで強力にプッシュして
おきたいです。今作は2000年代を代表する名作ヘヴィ・メタルアルバムですので。

スティール・パンサーは近年のヘヴィネスサウンドに食傷気味の方には
とくにおすすめです。80年代を彷彿させる楽曲群はとてもキャッチーで
フックの利いたメロディであり、思わずニヤケてしまうポイントも満載ですよ!
なにしろ聴いていて楽しいですw

メタラーまっちゅさん

メタラーまっちゅさん、こんばんは!

「やっぱりもう一度」の3組中2組が現在来日中ですね。
Megadethの新たな傑作とSteel Pantherの確信犯的パクリは、
今年1,2位を争うHR/HM界の話題だと思います。
この2組のアルバムは、入手してずっとヘビロテに入りっぱなしです。

>メタルには特別興味のない私の妻も口ずさむほど

Steel Pantherを口ずさむ奥様凄いですねw

wormboyさん

wormboyさん、こんばんは!

いや~ラウパですね~
私も行きたかったです。今年話題のメガデスにスティール・パンサー
本日の公演はどんな感じだったでしょうね。盛り上がっただろうな~
私も相変わらず通勤中などでヘビロテですね!

うちの奥さんですね!『えぃじあんふっか~♪』と熱唱しますよw
アホですね~w

No title

こんにちわ。訪問ありがとうございました。

ラスパリッシュ、久しぶりに名前ききました!(失礼ですね)。
当時、僕はポールつながりでFIGHTを買ったんですが、
ギターの低音とロブの高音にやられましたねぇ。

メタラーまっちゅさんと同じで、僕もギターありきで音楽を聴いてた時期があります。
ギター雑誌で譜面載ってる所からCD聞いちゃったりとか笑

最近はギターからもメタルからも離れていたので、
ちょっと聞きなおしてみよっかなと思いました☆

くるくる鉢巻きさん

くるくる鉢巻きさん、はじめまして、こんばんは!

私のブログへの訪問&コメントを頂きましてありがとうございます。

ラス・パリッシュですが今作では別名(サッチェル)をなのっているので
まったく何者なのか気付かなかったのですが、やたらと卓越したテクニックに
気になり調べてみたら元ファイトのラスでした。しかしながらあのファイトからまったく
音沙汰のなかったラスの復活バンド、スティール・パンサーはかなり鮮烈でしたよ!

メタルにはヘヴィなギターが付き物ですよね!
近年のメタルもなかなか熱いですよ!よりヘヴィにアグレッシブに
進化してきていますよ~!またメタル聴いて下さいね~また遊びに来てくださいね~!


プロフィール

メタラーまっちゅ

Author:メタラーまっちゅ
音楽学校卒業後、
ギターインストラクターと
なるものの、現在ではしがない
サラリーマン・・・orz
しかしながらギターに対する愛は昔も今も変わらず!


まずは自己紹介に【HR/HM好きの方へ100の質問】こちら

【性別】
  ♂
【Guitar】
Fender 
Ibanez
musicman
Gibson
Martin
Jose Ramirez
他、10本以上所有 
【愛車】
LEXUS GS350
【趣味】
GRANDTOURING
音楽鑑賞(CD1,000枚以上所有)
ビリヤード(たまにマスワリ)

小生、20年のキャリアを積んだギタリストです。その為、ギタープレイに関しての話題が多くなりますが、ご勘弁を・・・
各アルバムや曲の、演奏面を中心にレビューをしていきます。あくまでも私の主観によるレビューでありますので、ご了承下さいませ。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
yahoo!ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
Amazon
ブロとも一覧

翁のブログ。

テイルピースの気ままな写真とギターのブログ

シンプルに・・・ギターブログ(Guitar Blog)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
PING送信プラス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。