スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第46回【BLUE MURDER/NOTHIN' BUT TROUBLE 】09/10/21

本日紹介する作品は、1993年発表の
BLUE MURDERのアルバムです。

シン・リジィ、ホワイトスネイクと大きな成功へと
導いた立役者であるギタリスト、ジョン・サイクスの
結成したバンドの2nd。

ちなみにジョン・サイクスは私の大好きなギターヒーローの
一人です。この人のロングサスティーンとビブラート
そしてマシンガンピッキングは実に爽快!
今作でもブラックビューティーは大爆発であります!



ナッシング・バット・トラブルナッシング・バット・トラブル
(2006/08/30)
ブルー・マーダー

商品詳細を見る

『ナッシング・バット・トラブル』

CD (2006/8/30)
ディスク枚数: 1
レーベル: ユニバーサル インターナショナル
収録時間: 60 分


収録曲

1. ウィ・オール・フォール・ダウン
2. イチクー・パーク
3. クライ・フォー・ラヴ
4. ランナウェイ
5. ダンス
6. アイム・オン・ファイア
7. セイヴ・マイ・ラヴ
8. ラヴ・チャイルド
9. シュドゥント・ハヴ・レット・ユー・ゴー
10. アイ・ニード・アン・エンジェル
11. シー・ノウズ
12. バイ・バイ(日本盤ボーナス・トラック)


1stにしてすでに高次元の楽曲を提供してくれたブルーマーダー、
良く練り込まれた粒揃いの楽曲群には本当に関心したものでしたが
サウンドプロダクションの悪さが少々耳触りの感が否めませんでした。
今作ではその辺の修正もしっかりとなされており、本作リリース当時と
してはなかなか鮮烈なサウンドだったのを思いだします。
今現在聴いても全くもって良質な音質ですね。

まぁまずはジョン・サイクスのギターに関して書かなくては
いけないと思いますが、ホワイトスネイク時代の緊張感を持った
ギターとは少々雰囲気が違う楽曲が多いですかね。アルバム全編の
楽曲自体の雰囲気が割とポップな感じに仕上がっていますので
あまり背筋に緊張が走るような緊張感は減退しているような気がします。
(3)などではホワイトスネイク時代を彷彿させる壮絶なリードが聴けますが。
とは言ったもののギターの質が落ちたわけではまったくありません。
今作でも実に素晴らしいジョンのギターが聴けます!
(1)よりブラックビューティーは全開でうなりをあげており、
一聴しただけでもジョンのブラックビューティーだとすぐにわかる
ロングサスティーンは今作でもより表現力豊かにより伸びやかに
歌っております!お得意のマシンガンピッキングも健在で相変わらずの
ジョン・サイクス節ですね!まるで胸を締め付けられるかのような
美しさ溢れる哀愁の旋律も満載であり、ついつい涙腺も緩みがちに。
(とくに(7)などは極上のバラードであり胸を締め付けられる)
実に美麗であり華麗なギターワークは本当に心に沁みわたるような
メロディックさで叙情的でありとてもクオリティの高いものです!
どの曲を聴いてもジョン・サイクスのギターだとすぐにわかる独特な
音色とピッキング、そしてロングサスティーンに強烈なビブラート
リードは全曲が必聴ですね!

また今作ではベースにマルコ・メンドーサが参加しており
うねるようなフレットレスベースが聴けます。これが本当に
いい味だしてまして今回の楽曲群には良くマッチしていると
思います。リードギターの裏で鳴っている音も非常にいい効果を
生み出していますね~!これはなかなかの職人ぶりであります。

今作は(1)(6)とファンを喜ばせるファストチューンがフューチャー
されていますが、そのほかの楽曲はミドルテンポまたはバラードに
よって構成されています。いかにも捨て曲が多そうな構成に感じるかも
しれませんが、ジョン・サイクスの作曲能力の高さは楽曲テンポなど
関係ありません、すべての楽曲に美しくも哀愁漂う高貴なメロディが
乗せられておりマイナー調の楽曲もメジャー調の楽曲も非常に良質な
ものを作り上げてきております。アルバム全編のバランスもダレることも
なく良好かと思います。さらには今作でもボーカルはジョン自身が担当して
おりますがこちらも無難にこなしています。これだけのギターを
弾きながらの歌ですからね、器用にこなしていると言えるでしょう。

しかしながら私個人的にはジョン・サイクスにはマイナー調の楽曲を
たくさん書いてもらいたい(今作でも(3)とかもう最高!)と思っているので
(この人はダークな楽曲作りが特に絶品!)本作のポップな楽曲の多さは
少し私の期待していたところとは、ずれが生じました。
まぁこれは非常に贅沢な要求だと思いますが。

ちなみに当時、私は今作リリースに伴う来日ライブへと参戦しました。
会場はクラブチッタ川崎でしたが、このライブは私が今までで参戦した
ライブの中でどのバンドよりも一番素晴らしいパフォーマンスでした!
(まぁそんなに多くのライブに足を運んでもいないですが…)会場の
良さも手伝ってかギターの音の素晴らしいことこの上なかったです!
しかも歌いながらほぼノーミスで弾いてくれました。生で聴くジョンの
プレイ、ブラックビューティーから奏でられる音色はまさしくプロの
音でした!
忘れられない私の中のベストライブですね!





そんな本アルバムへの点数ですが・・・



87点です!

もう数曲ダークな曲が収録されていれば個人的には
さらに高評価になっていた気がします。



一方BURRN!誌の方ですが、クロスレビューでの
4名のライターさんによるレビューですね。


酒井氏・・・89点
広瀬氏・・・90点
平野氏・・・90点
前田氏・・・90点


これはすごい高評価ですね~私もそれなりに高評価している
つもりでしたが若干とはいえ私が一番点数低いですね(汗)


俺の大好きなぬこちゃんになんてことしやがる!このガキ!ちなみにジョンの息子さんだそうです…
IMG_0003 (5)
私、猫ってこの世の中で一番可愛い生物だと思うんですよ~はい。



スポンサーサイト

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。

このアルバム私も結構気にいってました。サイクスの方はよく分かんなかったですけど。今なら分かるんでしょうか。

ええ、猫の可愛さは宇宙一、ですよ。

heyzoさん

heyzoさん、こんばんは!

ですよね~やっぱり猫ちゃんですよね~!
ホントこの可愛さは宇宙一ですよね!犬も好きなんですが
やっぱり猫ちゃんですよね~!
ちょっとキモいですね、私・・・orz

え~サイクスの方はどうでしょうかね、賛否両論あるかな~って思います。
ブルーマーダーは1st、2ndととても高水準の作品を提供してくれましたね。
あとは猫とのふれあいかたを息子さんにしっかり教育してもらえればと
思います。はい。

No title

ブルーマーダー、好きでしたね。

あのレスポールの太い音での、ロングトーン&ビブラ~トがv-218だった。

No title

"Cry for love"と"Save my love"は名曲ですよね!
私はラジオで"We all fall down"を聴いて、気に入ったからこのアルバムを購入したのですが
今では上記の2曲の方が好きですね。
バラードとかミドルテンポの曲の方がジョンのソロもカッコいいと
思います。

あとこの当時、HR/HM界でフレットレスベースを巧みに操るベーシストもそんなにたくさんはいなかったので
マルコ・メンドーサのベースプレイはとても新鮮でした。
本当にいい味出してますよね。

・・・にも関わらず、私も自分のブログのレビューでは
このアルバムに90点も付けなかった記憶が・・・(笑)。
でも、80点台はつけているはず・・・多分。

TKさん

TKさん、こんばんは!

ジョン・サイクスの奏でるサウンドは本当に特徴的ですよね!
まさに魂が込められたプレイですね。

やはりブラックビューティーって言えばジョン・サイクスでしょう!
あの太く、甘いロングトーンとビブラートは実際のライブにて体感しましたが、
これこそまさしくプロの音といった感じでしたよ!

メタリストさん

こんばんは!メタリストさん!

>"Cry for love"と"Save my love"は名曲ですよね!

これは本当に名曲ですね~ジョン・サイクスはマイナー調の曲作りと
バラード作りの名手ですからね!本作でもこの2曲は本当に素晴らしい
楽曲ですね。
またCry for loveではマルコ・メンドーサの活躍も見事でしたね。
しかし今作はギターキッズの皆さまはWe all fall downばかりコピーして
いましたね。
非常にキャッチーなメロディーであり冒頭を飾るキラーチューンでしたからね。
そうなるのも当然のことでしょうが・・・
まぁ私もコピーはしましたが断然上記2曲の方が好きですね。

>私も自分のブログのレビューではこのアルバムに90点も付けなかった記憶が

たった今、メタリストさんのレビューを読ませていただきました。
私と全く同じ87点を付けられていますよ!(笑)これホント偶然です。(苦笑)
さらには書いてることも結構似たり寄ったりな内容になってますね~(笑)
私もメタリストさんもおおよそ似たような印象をもたれたようですね!

No title

どうもメタラーまっちゅさん初めまして。最近ブログをはじめたメタラックスという者です。

ジョン・サイクスのギタープレイは感情が入って聞いててうっとりしますね。あのビブラートはとてもいいv-218

CD持ってないけど、敢えてコメントしてみる。

 ジョン・サイクス ・・・確か、彼の出ている作品はまだ1枚も持っていません。。。 当然、注目ならしていますがね。。。 (「良い作品」とは、以前から色んな場で言われてきてるし)


 アルバムジャケットの事ですが、あんなことしたら、即座に(猫から)手ひどい反撃を食らいますよ、嫌がるようなことをされてる訳ですからね!
 多分、あの写真を撮った直後のジョンの息子さんは、傷だらけになったことでしょう・・・(当然だ)。

メタラックスさん

メタラックスさん、こんばんは!

どうも初めまして。私のブログへお越しいただきまたコメントまで
いただきましてまことにありがとうございます。

ブラックビューティーから奏でられるぶっ太く甘いロングトーンは
ジョン・サイクスの特徴的な奏法ですよね。一方マシンガンピッキングに
よるアグレッシブなプレイと緩急付けたプレイスタイルがとても魅力的ですね!
私の大好きなギタリストの一人です!

Knacker-Mollyさん

Knacker-Mollyさん、こんばんは!

あらKnacker-Mollyさんがジョン・サイクスの作品を持っていないとは
意外ですね~ホワイトスネイクもですか?こちらの方はむしろ今作よりも
是非聴いて頂きたい一作ですよ。やっぱりジョン・サイクスの参加作では
一番の力作だと思います。

>あの写真を撮った直後のジョンの息子さんは、傷だらけに
>なったことでしょう・・・(当然だ)

まったくです!私は猫ちゃんが大好きなんでこのジャケ見るたびに心が
痛みます。ただ中身は素晴らしい作品なのですが・・・

レスポールの貴公子

こんばんは。いつも楽しく拝見させて頂いてます。
メタラーまっちゅさんのブログを覗くのがほぼ日課になってきました(笑)

ジョン・サイクスは私も大好きなギターヒーローの一人です。
ゲイリームーア譲りのマシンガンピッキングと感情むき出しの深いヴィブラートに
すっかりやられてしまいましたw
学生時代当時、本アルバム収録の「We All Fall Down」を必死でコピーしてましたなぁ。

当時はこの曲やMr.Bigの「Daddy、brother~」、EXTREMEの「WARHEAD」、
オジーの「ミラクルマン」など、どこの学祭行っても必ず演ってるバンドがいましたねぇ。
非常になつかしいですね。

個人的にジョンのギタープレイは本作以前の方が好みですが、
ブルーマーダーやSykesは、HR・HMに免疫のない方にも比較的聞きやすいようで、
学生仲間にも好評でしたよ。

※メタラーまっちゅさんのレビューするアルバムは
まるで私の青春時代を掘り返してくれているようで、勝手に嬉しく思ってます(笑)

はちべえ@さん

こんばんは、はちべえ@さん!

私もはちべえ@さんのブログの訪問がほぼ日課となっていますよ!
私の方は最近仕事の方が忙しく更新頻度が落ちてしまっており
大変申し訳なく思っております。

>当時はこの曲やMr.Bigの「Daddy、brother~」、EXTREMEの
>「WARHEAD」、オジーの「ミラクルマン」など、どこの学祭行っても
>必ず演ってるバンドがいましたねぇ。
>非常になつかしいですね。

みんなこぞってコピーしましたね。私も上記4曲はすべてコピーしましたよ!
ポール、ザック、ヌーノはみんなのギターヒーローでしたからね!

今作ももちろんそれなりの傑作を作り上げているとは思うのですが、
私もはちべえ@さんと同じく、今作以前の作品、特にホワイトスネイクでの
名演がジョン・サイクスの最高のパフォーマンスだったと思っています。
あの気迫の名演は間違いなくメタル史に名を刻む名手ぶりだったと思います。

私も自身、こうしてレビューを書いていると当時の出来ごと、音楽学校時代の
エピソードなど思い起こしますね~この年代の作品のレビューを書くのが
一番思い出深く、そして懐かしい思いが沸きあがってきますね!

はちべえ@さんがそういう思いで私のブログを読んでくださっているとは
私もとてもうれしく思います!今後の励みとさせていただきますよ!

メタルに嵌って、・・・年。

自分がメタルに目覚めたのは、一応10年以上前にはなるのですが・・・

その後、結局スラッシュメタル周辺の音楽も押さえつつ、HRとかプログレとかデス系とかに分散していっています。

そんな訳で、‘70年、‘80年、また‘90年前半の作品に関してはまだまだ大きな穴が開いたままで塞がっていません。

手広く抑え、網羅しきっているわけではないということ。 メタリカも最新作と1st,2nd持ってないし、メガデスも最新作とか数点は抑えていても、・・・・・・ という感じだし、etc.etc...

一時期ゼロ・コーポレーションの作品を買い集めようとしたのが、今の自分のそんな状況を作り出してるのかな?

Knacker-Mollyさん

Knacker-Mollyさん、こんばんは!

私はメタル歴が20年ほどはありますが、聴いているジャンルの幅は
狭いです。

私の場合、人一倍リードギターに関してのこだわりが強いゆえに、
単純にギターがフューチャーされていれば良いということではなくて
そこには必ずメロディックなリードがフューチャーされていなければなりません。
その為、リードがつまらんとか下手くそとかそもそもフューチャーされていない
などはそのアルバムは長く聴くことはほぼありませんし、
2枚目を買うこともありません。

なんでデス系とかは特にリードが弱いバンドが多いので私はほとんど
デス系のアルバムは持っていません・・・

>一時期ゼロ・コーポレーションの作品を買い集めようとしたのが、
>今の自分のそんな状況を作り出してるのかな?

ゼロ・コーポレーションは良い作品多かったですね~数々の名盤を生み出して
いますもんね!

No title

2ndも良いですが1stが何故売れなかったのか?
Good Soundの見本の様な音作りしてたのになぁ~

Black BeautyにDirty Finger載せてガンガン弾いていた若かりし頃の殿
私はSuper Rock84が最初で最後の観戦でした。

ジュンビキさん

ジュンビキさん、こんばんは!

私のブログへの訪問をいただき、またコメントまでいただきましてまことに
ありがとうございます。

ブルーマーダーの1stってそんなに売れなかったんですか。
私個人的には楽曲は1stの方が好きで、サウンドは2ndが好きなんですが、
総合的に見ればどちらもとても良くできた作品でしたよね!
1stも2ndも多くの方に聴いて頂きたい傑作だと思います。

ブラックビューティーを生で聴いたときの衝撃は未だに忘れられません。
あの強烈で鮮烈なサウンド、また生で聴きたいですね~

No title

メタラーまっちゅさん、こんばんは!

これまたタイトルとジャケの見事なコンビネーションの名盤ですね!
①から唸りを上げるジョンのギターとポップな味付けが最高で発売当時はヘビロテに入っていました。
今コメントを書きながら聞いているのですが、
年月を経ても全く色褪せていないですね。
この時代に来日公演を体験されているメタラーまっちゅさんが羨ましいです。

wormboyさん

wormboyさん、こんばんは!

当時まだまだギターキッズだった私にはとても鮮烈なサウンドでしたね。
みんなでこぞってウィ・オール・フォール・ダウンをコピーしましたよ。
私はどちらかと言うとクライ・フォー・ラヴやセイヴ・マイ・ラヴが好きで、
そっちからコピーした偏屈者ですが・・・

いや~今聴いてもビッグサウンドですよね~ホント強烈で鮮烈なサウンド
だったと思います。

ライブの方はサイコーでしたね~ ホント私が今までに観てきたライブの中で
ベストのライブでした。クラブチッタ川崎の音響の良さも相当影響しているとは
思いますが、あのギターサウンドは体中に衝撃が走りましたよ!そして
ライブでのアルバム再現力も完璧でほぼノーミスですし、歌も非常に上手かったです。
フェイクもまったくなく、完璧なプロのプレイに感激しましたね。また観たいな~

No title

Blue murderレビュー読みました(^O^)実は私が聞いたことあるのは1stだけだったんですが、1曲目Blue murderだとは知らずに聞いてたことがありました!ちょっと感動でした(*_*)
7曲目のバラードは素敵です(*^^)
1stよりハードさがあり、WHITE SNAKEらしさもあり私好みなのでじっくり聞いてみたいです。皆さんの点数が高いのがよくわかるな~。
ありがとうございました。

ままあやさん

ままあやさん、こんばんは!

わざわざコメントまで頂きまして、ありがとうございます。

楽曲は1stが秀逸だったと思いますが、今作は非常に音質が良くなっており、
よりジョン・サイクスのギターの迫力が増しています。非常に良質な音質ですね。

セイヴ・マイ・ラヴはホント名曲です、ギターキッズには一曲目の
ウィ・オール・フォール・ダウンが大人気なんですが、私はセイヴ・マイ・ラヴの
方が好きですね~。後半の盛り上がりとか最高ですね!
ジョン・サイクスはバラード作りの名手ですからね。アルバムも
すごくよいできなので、機会があったらチェックしてみてください。
プロフィール

メタラーまっちゅ

Author:メタラーまっちゅ
音楽学校卒業後、
ギターインストラクターと
なるものの、現在ではしがない
サラリーマン・・・orz
しかしながらギターに対する愛は昔も今も変わらず!


まずは自己紹介に【HR/HM好きの方へ100の質問】こちら

【性別】
  ♂
【Guitar】
Fender 
Ibanez
musicman
Gibson
Martin
Jose Ramirez
他、10本以上所有 
【愛車】
LEXUS GS350
【趣味】
GRANDTOURING
音楽鑑賞(CD1,000枚以上所有)
ビリヤード(たまにマスワリ)

小生、20年のキャリアを積んだギタリストです。その為、ギタープレイに関しての話題が多くなりますが、ご勘弁を・・・
各アルバムや曲の、演奏面を中心にレビューをしていきます。あくまでも私の主観によるレビューでありますので、ご了承下さいませ。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
yahoo!ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
Amazon
ブロとも一覧

翁のブログ。

テイルピースの気ままな写真とギターのブログ

シンプルに・・・ギターブログ(Guitar Blog)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
PING送信プラス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。