スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第47回【ALLEN LANDE/THE BATTLE 】09/10/26

本日紹介する作品は、2005年発表の
ALLEN・LANDEのアルバムです。

ご存じSYMPHONY Xのラッセル・アレンと
MASTER PLANのヨルン・ランデの二人の
超絶実力派シンガーが組んだプロジェクト!

実はこのアルバムはホントつい先日購入したものなんですが、
一聴してあまりの素晴らしさにその時丁度聴いていた
BEATALLICAのアルバムは放り投げ、こっちに
完全にはまり込んでしまいました。

さらには今作に楽曲を提供したコンポーザーはこれまた超絶
ギタリスト、LAST TRIBE、PRIMAL FEAR、
STARBREAKERでおなじみのマグナス・カールソンであり、
演奏の方もドラム以外はギター、ベース、キーボードと
マグナス自身が担当しています。

とにかくこの才人達が生み出した至高のメロディは、実に美しくも
華麗であり聴く者の心を掴み離さない、極上の作品!


ザ・バトルザ・バトル
(2005/08/24)
アレン・ランデ

商品詳細を見る

『ザ・バトル』

CD (2005/8/24)
オリジナル盤発売日: 2006/6/22
ディスク枚数: 1
レーベル: マーキー・インコーポレイティド
収録時間: 65 分


収録曲

1. アナザー・バトル
2. ハンターズ・ナイト
3. ウィッシュ・フォー・ア・ミラクル
4. リーチ・ア・リトル・ロンガー
5. カム・アライヴ
6. トゥルース・オヴ・アワ・タイム
7. マイ・オウン・ウェイ・ホーム
8. アスク・ユー・エニウェイ
9. サイレント・レイジ
10. ウェア・ハヴ・ジ・エンジェルス・ゴーン
11. ユニヴァース・オヴ・ライト
12. ザ・フォーガットン・ワンズ
13. リーチ・ア・リトル・ロンガー(アコースティック・ヴァージョン)



このアルバムに収められている楽曲は全てマグナスの書いた
ものですが、楽曲完成時には誰がこの楽曲群を歌うかは
決まっていなかったとのことです。
しかしながら今作のシンガーに選出された二人の実力派シンガー、
アレンとランデの歌は見事なまでにマグナスの楽曲にはまっており、
まるで二人のために書いたかのような印象まで持ってしまうほどの
はまりようです。

今作の主役はもちろん二人の実力派シンガーなのですが、
コンポーザー兼ドラム以外のその他の楽器を担当する
マグナス・カールソンの仕事振りを見逃すことはできません。
まずは今作に提供したメロディアス・ハード・ロックの楽曲群の
素晴らしさはまさに珠玉の逸品!聴く者の心に染みわたる
至高のメロディの洪水であります。
特に冒頭の(1)~(5)までの流れは非常に強力でメロディアス!
アレンとランデの表現力豊かな歌は楽曲をさらに洗練させています。
さらにそこへマグナスの流麗で華麗なリードプレイが切り込んで
くるという、悶絶物の力強さを持つ楽曲群を堪能することができます。

アレンとランデの歌唱も実に素晴らしく秀逸!アレンの怒りを
感じさせるような表現力の豊かさや、ランデの美麗で格調高い歌唱力は
さすがのキャリアを感じさせるものであり、高いスキルに裏打ちされた
その歌唱力の高さは数々の感動的なメロディを生み出しています。

しかしながらこの二人のシンガー同時に聴いてみるともの凄く声質が
似ている・・・一瞬どっちが歌っているのかわからなくなるくらいに
似ていて、アレンの怒鳴るような歌声がしてきて、あ~アレンか。
みたな感じになることが多々ありますね。いや~とにかく二人とも
恐ろしく高い歌唱力なのですが聴き分けが難しいです。
ジョー・リン・ターナーとグレン・ヒューズでも同じような企画が
以前にありましたが、あれぐらいお互い個性的ならすぐに聴き分けも
利きますが、今作はホント良く似ているためデュエットさせるのも
微妙に感じることもなくはないですね。とはいえこれは別に今作の
マイナス点と感じているわけではありません。とにかく聴き分けの
難しさはともかく、こんなに美しい歌メロに浸れるアルバムもそうは
ないですから!

それからやっぱりマグナスのリードも素晴らしいですね!
二人の歌に華麗に華を添えていますね。こちらもしっかり自分の
見せ場のパートを作っていますね。しっかりと各曲にリードの時間が
確保されています。しかしこちらの方も独りよがりになっておらず、
あくまで二人のシンガーの歌と楽曲に華を添えるといった感じの構築美を
感じさせるものですのでご安心を。

先述したとおり今作は(1)~(5)までの流れが非常に強力なのですが、
その後の楽曲が別に悪いということではありません。冒頭の5曲が
あまりに強力すぎるということであり、中盤以降も非常に楽曲のレベルは
高いと思います。聴く人によってはむしろ後半の流れの方が俺は好みって方も
いるのではというような出来栄えで、捨て曲という捨て曲はないと思いますし、
今回のマグナスの仕事振りは本当に素晴らしいの一言ですね!
私個人的には(4)のランデが歌うバラードがあまりにも美しく、胸を締め
付けられる思いに本当に涙腺が緩んでしまいました。

今作はメロディアス・ハード・ロックが好きな人や、近年のヘヴィネス路線に
食傷気味の方などにはとくにおすすめですね!ラッセル・アレンと
ヨルン・ランデの夢の共演、それに華麗に華を添えるマグナス・カールソンの
ギター、聴き手を高揚させる極上のメロディをもつ楽曲群、これを傑作と
言わずしてなんと言おうか!
とにかく素晴らしい出来栄え!!




そんな本アルバムへの点数ですが・・・



89点です!

うん、とにかく力作ですよ!これぐらいありでしょう!



一方BURRN!誌の方ですが、


伊藤氏・・・84点



思ったより点付いてないですね~高得点ではありますが・・・
結構厳しい評価をするもんだな~
個人的にはこれはとても厳しめな評価だと思いますね。


池の穴をのぞいてみたらカニさんのお住まいでした。
IMG_0155.jpg
めっさびっくりしたお!
スポンサーサイト

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

これ一曲聴いたことありますがラッセルの歌唱が素晴らしいですね。

歌メインということでギタープレイなどにあまり目を引くものはありませんがそんなことはどうでもよくなるくらい歌が素晴らしいです!やはりチェックすべきですかね?

こんにちわ~。

私もアレン・ランデは発売からかなり後に購入したのですが、
なんでこんな素晴らしい作品を見逃していたのか悔やみましたw
このアルバムで私の中では完全にマグナス・カールソンの作曲能力は鉄板になりましたね。

②③⑤あたりは相当お気に入り。後半では⑩が好きです。

84点は厳しいですね。。
近年の伊藤政則氏は基本85点あたりしか付けませんからね(爆)

北欧海老さん

北欧海老さん、こんばんは!

今さらですが今作でも、ラッセルもヨルンも恐ろしい
歌唱力の高さです。
ただホントこうして同時に聴いてみると似てるんですよね~声質が。

楽曲のほうはマグナスの書いたものですが、本当に心に
染みわたるようなメロディを持った楽曲ばかりでこの人の作曲能力の
高さには脱帽です。
見事なコンポーザーぶりですね。

ギターのほうも二人に華を添えるような見事なリードを
披露していますので、歌以外のパートも楽しめると思います!
個人の好みもあるとは思いますが、私個人的にはとてもおすすめできます!
是非チェックしてみてもらいたいですね。私のほうはすでに2ndを
購入するつもりでいますw

たけちよさん

たけちよさん、こんばんは!

このような傑作を今までなぜゆえスルーしていたかと言えば、
やはり伊藤政則氏の84点があったからかもしれません。
ある程度はBURRN!のレビューをアルバム購入の参考にしていますので、
まぁ、まずまずの点とは言えこの当時はスルーをしてしまいました。

しかしながら実際に聴いてみたらなんという傑作!
私個人的にはどう聴いても84点以上の価値はある作品だと思います。

まずはマグナスの書いた楽曲の素晴らしさ、これには本当に脱帽ですね。
序盤から中盤にかけての流れなんて最高でしょう!
両シンガーともに活き活きと歌っていますし、ホント三者の持ち味が十分に
活かされた良作ですよね!

レコード屋に行ったらたまたま今作が目立つように陳列してあったため、
そういえば俺これスルーしてたな~とか思いつつも、手に取ったらもうレジに
並んでましたw
でもこれはホント買ってみて正解でしたね!
プロフィール

メタラーまっちゅ

Author:メタラーまっちゅ
音楽学校卒業後、
ギターインストラクターと
なるものの、現在ではしがない
サラリーマン・・・orz
しかしながらギターに対する愛は昔も今も変わらず!


まずは自己紹介に【HR/HM好きの方へ100の質問】こちら

【性別】
  ♂
【Guitar】
Fender 
Ibanez
musicman
Gibson
Martin
Jose Ramirez
他、10本以上所有 
【愛車】
LEXUS GS350
【趣味】
GRANDTOURING
音楽鑑賞(CD1,000枚以上所有)
ビリヤード(たまにマスワリ)

小生、20年のキャリアを積んだギタリストです。その為、ギタープレイに関しての話題が多くなりますが、ご勘弁を・・・
各アルバムや曲の、演奏面を中心にレビューをしていきます。あくまでも私の主観によるレビューでありますので、ご了承下さいませ。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
yahoo!ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
Amazon
ブロとも一覧

翁のブログ。

テイルピースの気ままな写真とギターのブログ

シンプルに・・・ギターブログ(Guitar Blog)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
PING送信プラス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。