スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第49回【MR.BIG/MR.BIG 】09/11/04

本日紹介する作品は、1989年発表の
MR.BIGのアルバムです。

日本でもおなじみのアメリカのハードロックバンド。
タラスやデイヴィッド・リー・ロスで活躍していたビリー・シーンが
中心となり結成されたスーパーバンドの衝撃のデビュー作品!


MR.BIGMR.BIG
(2009/05/13)
MR.BIG

商品詳細を見る

『MR.BIG』

CD (2009/5/13)
オリジナル盤発売日: 2009/5/19
ディスク枚数: 1
レーベル: ワーナーミュージック・ジャパン
収録時間: 56 分


収録曲

1. アディクテッド・トゥ・ザット・ラッシュ
2. ワインド・ミー・アップ
3. マーシリス
4. ハッド・イナフ
5. ブレイム・イット・オン・マイ・ユース
6. テイク・ア・ウォーク
7. ビッグ・ラヴ
8. ハウ・キャン・ユー・ドゥ・ホワット・ユー・ドゥ
9. エニシング・フォー・ユー
10. ロックン・ロール・オーヴァー
11. 30デイズ・イン・ザ・ホール
12. マーシリス(デモ) ※ボーナス・トラック
13. ハウ・キャン・ユー・ドゥ・ホワット・ユー・ドゥ(デモ)
※ボーナス・トラック



もうすっかり日本ではおなじみのスーパーバンドですが、
まず特筆すべきは、全パートが異常なまでの演奏力の高さを
備えていることでしょう。それゆえ、今作でもド派手な演奏や
テクニックが満載と思いきや、今作はボーカルであるエリック・
マーティンの歌を基本に据えた、歌ものと言った感じの印象が
強く、演奏陣のド派手なテクニックは意外にも抑えられており、
このエリック・マーティンの歌に華を添えると言った感じの堅実な
プレイをしています。とはいえ、ソロタイムではやはりそれなりの
技巧を披露していますので、十分楽しめますが。

(1)でいきなりのビリー・シーンとポール・ギルバートのタッピングによる、
ユニゾンでのスリリングな楽器バトルが展開しますが、やはり今作の
主役はボーカルのエリック・マーティンでしょう!ポップで
アコースティックな楽曲をソウルフルなハスキーボイスで歌い上げる
エリック・マーティンの実力は今更ですが相当なもので、このバンドの
音楽性にバッチリとマッチしていると思います。実にパワフルで
ソウルフルな歌声は万人に受け入れられるのではないでしょうか。
誰もを心地よくさせる、カリスマ性を備えていると思います。

そこへ華を添える演奏陣もさすがの演奏力であり、ちょっとした
オブリやソロタイムを一聴すれば、その超絶技巧には誰もがハッと
すると思うし、実際にやっていることも非常にハイレベルです。
ポール・ギルバートのギターはとてもメカニカルなフレージングで
あり、馬鹿でかい手を活かした、得意の弦飛びフレーズや卓越した
ピッキングによるテクニックは本当に異常なレベルの高さで、特に
エレキギターで一番難しいと思われるピッキング(長年ギター弾いてきた
私の結論)の正確さは他のプロとも一線を画くものであります。
ポール・ギルバートがギターヒーローとして人気急上昇の頃に
丁度、私は音楽学校に行っていましたが、ピッキングの練習と弦飛びの
練習にはこのポールのリックがよく使われていました。先生からの
課題なので私も熱心に練習をしましたので、ポールのリックというのは
今でも結構得意でわりと手癖のように弾いてしまいますね。
しかしながらポールの場合、手が異常にでかいので私とは運指とネックを
握るフォームが違いました。彼の場合、ストレッチの弦飛びフレーズも
ネックを握り込むロックフォームでラクラク弾くのですが、私のような
手の小さい者は親指がネック裏にくるクラシックフォームでなければ
どうしても弾けませんので、非常に苦労したのを思い起こします。

ちょっと話が脱線していますが、ポールのリックというのは、
とても練習にも向いています。ピッキングなんかは本当にコピーすると
鍛えられると思いますので、とてもおすすめです!
しかしながら練習にはとても向いていますが、正直私はポールの
プレイはフレージングがそんなに好きではありません・・・
メカニカルなフレージングが多すぎることで、あまりメロディックな
リードプレイではないので、これは私の目指したプレイスタイルでは
ないので、ポールのコピーはあくまで練習としてのものであり、
このフレージングが染みつかないように、注意もしたものです。
しかしやはり練習していると手癖になってしまうものですね~
音楽学校ではアドリブ大会とかしょっちゅう開催されていましたが、
私のフレージングがポールっぽいとは良く言われたものです。
次にヌーノのリックを練習すればまたまた同じことを言われたもので、
プロのコピーをして練習すると言うのは、楽しみながらもテクを上げるのに
非常に良いかと思いますが、その半面オリジナリティが失われる危険性が
はらんでいるなぁと、学生ながらに良く考えていました。
今現在もその考えに変わりはありません。
 
しかしながらこのポールのプレイは、このバンドにはとてもマッチして
いたと思います。メロディの方はエリック・マーティンがばっちり極上の
メロディを聴かせてくれますので、逆にこのポールのメカニカルで機械的な
リードはどれも楽曲の中で際立っており、とても効果的なアクセントに
なっていたのではないでしょうか。

今作は非常にメロディで聴かせる楽曲が満載であり、ポップで
アコースティックな楽曲群はあくまでエリックの歌が中心となり
聴かせるものであり、ビリーとポールの超絶技巧はおまけに過ぎません。
しかしこれが実に絶妙なバランスで保たれており、楽曲の良さ、
メロディックな歌にテクニカルでメカニカルなリードプレイは楽曲を
引き締める大きな効果を生み出していると思います。ド派手なリード
プレイを期待していると多少肩すかしを喰らうかと思いますが、
このバンドのデビュー作にして、非常にハイクオリティな作品を
作り上げたのではないかと思います。あくまでも歌、楽曲のメロディに
こだわった秀逸なアメリカンハードロック作品でしょう!

またギターのことばかり書いていますね、わたし・・・



そんな本アルバムへの点数ですが・・・

87点です!

歌メロが印象的な素晴らしい作品です!



一方BURRN!誌の方ですが、クロスレビューでの
4名のライターさんによるレビューですね。


大野氏・・・85点
増田氏・・・93点
さこた氏・・93点
広瀬氏・・・90点


これはまた高得点のオンパレード!
ここまで点数付けているとは思いませんでしたが、
とても良質な作品であることには間違いありません。


BURRN!12月号が届きました。定期購読です。
IMG_0001 (5)
定期購読すると年間で一冊分が無料となる上、自宅に届くので便利ですね!


スポンサーサイト

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いや~懐かしいですね。(懐かしいといっても再結成したばかりですが。)

当時、どんなアルバムがでるんだ?なんて考えてときに、テレビで先に1曲目のPVを見たんですよね。

ス~パ~な楽器陣に、ソウルフルな歌声、ドライブ感のある楽曲に、一発でヤラレてしまいましたね。v-218

もう20年も前になるとは。。。ビックリ。v-12

TKさん

TKさん、こんばんは!

今作の一曲目は当時、とても刺激的でしたね~
しかしその後の展開は終始、歌を聴かせるアルバム構成にも驚きましたね。
これだけのスーパースターそ集めていながら、作品は以外なことに
ボーカルメインの作風でしたからね。

そういえば、オリジナルメンバーで再結成したんでしたね。
すっかり忘れてました。あまり期待はしないかな~。

No title

まっちゅさん、こんばんは。

Mr.Bigはテクニック面は全然分からない私でも楽しめるメロディ重視の曲が多くて好きでした。音がいいのも他のバンドよりお得感があったりして。

アルバムを重ねる毎にバラードばっかりになったのは困りましたけど。

No title

>プロのコピーをして練習すると言うのは、楽しみながらもテクを上げるのに
非常に良いかと思いますが、その半面オリジナリティが失われる危険性が
はらんでいるなぁと、学生ながらに良く考えていました。

ああ~、それはプロを目指していない私もそれは思いましたね。
私の場合はビリー・シーンがベースソロ以外でやっているプレイが好きなので、彼が弾いている曲をよくコピーをしていましたが
自分で考えたつもりのフレーズでも、
別にビリーにサウンドを似せたり、音を歪ませたりしなくても
「ビリー・シーン意識してる?」とか言われたことがありました(苦笑)。

ポールのギタープレイに関して、
奇しくもギターをやっている友達が、メタラーまっちゅさんと同じことを言っていまして
「ポールのプレイは、あんまりメロディックではなくて練習用のフレーズっぽい」と・・・。
確かに今聴くと、そんな感じはしますね。
RACER Xでもその傾向はありましたが。

しかし、それにも関わらず歌を生かした楽曲作りができているのは
月並みですけどバンドマジックと言いましょうか。
正直Mr.BIGのメンバーがそれぞれソロ活動をして作品も出していますが、
まだまだMr.BIGを上回る魅力は持っていない気がしますから、
オリジナルメンバーでの再結成は嬉しかったです。
いいアルバムを出してくれるといいんですけどね!

PGM300

遅くに書き込み失礼します。

Mr.Bigで一枚あげるなら・・・やっぱりデビュー作ですか(^^♪

歌物としての完成度が高い良作でギター弾きとしてもすごく勉強になった一枚でした。
1.アディクテッド~のユニゾンTAPは挨拶がわりのネタで今でも良く使いますよw

まっちゅさんのおっしゃる通り、ポールのリックというのは、とても練習に向いていますよね。
彼の高速フレーズを聞いていると、「よくそんな弱い音(少ない歪み)で
機械的なリックを弾いてみせるよなぁ」と思ってました。超人的ですね(笑)
ライブアルバムの「RAW LIKE SUSHI」のギターソロタイムのリックなんて
まるで教則ビデオ用か?と思っちゃいますね。
めちゃめちゃコピーしましたが、残念ながら私にはあのスキッピングは弾ききれませんでした・・・

えっ、そりゃぁもちろん。マキタのドリルは持ってますよww

No title

僕はエニシングフォーユーでMR.BIGにはまりました。
ポールは好きなギタリストでしたが、
同じくフレーズにはそんなに惹かれませんでしたね。
あの高速フレーズのピックのアタック音のカリカリカリカリにはゾクゾクしましたが、もうちょっと熱いプレイが好きです。
ちなみにポールのフレーズはどれも弾けません(笑

heyzoさん

heyzoさん、こんばんは!

やっぱりミスタービッグは音楽のテクニック云々が分からない方にも、
とてもキャッチーなメロディをソウルフルに歌いこなす名シンガーが
いますので、ウケは良いですよね!

バラードが多いのはやはりエリック・マーティンの歌の上手さ、
あのハスキーボイスが切なさを極上に演出しますからね。
アルバムはそんな構成になっていったんでしょうかね。

こんばんわ☆

これ昔(今から10年以上前)、
よく聴いておりました(^◇^)

メタリストさん

メタリストさん、こんばんは!

コピーに関しては私の中で、未だにはっきりとした答えがでませんが、
やはりある一人のプロのコピーを続けるのは、プロを目指すのであれば、
非常に危険かと思いますね。色々なプロのリックをコピー、さらにそれを
分解し、どんなスケールを使っているのか、スケールアウトした音に関して、
なぜこの音がこのコードに使えたのか、などと自分なりに音楽理論を考察する、
ということが非常に重要かと思います。もしくは聴くだけに留めて、
コピーは一切せずに、インスパイアまたはインスピレーションをだけを頂戴するのか・・・
非常に難しい問題ですね。ホント長年音楽やってますが未だに答えがでません。
ちなみに一応私はギターインストラクターにまではなっていますが、
前者の色々コピーする方でしたね。まぁなにしろ今鳴っているコードとの
関係をよく理解することが大事でしょう。この辺はちょっと独学では難しい
ところなのですが・・・

>「ポールのプレイは、あんまりメロディックではなくて練習用のフレーズっぽい」

そうなんです、ポールのリックはペンタなどのスケールの上昇下降、
弦を飛んでみたりの繰り返しが多いので、メロディは全然面白くありません。
しかしです!あのスピードをフルピッキングで弾き倒す勢いはポールならではの
スーパープレイですね!それだけで背筋がゾクゾクするようなスリルを
感じますからね。ピッキングの妙技に関しては本当に業界随一の名手だと思います。

オリジナルメンバーでの再結成どうでしょうかね。エリック・マーティンは、
最近のソロ作品を聴いてもまったく衰えは感じませんので、それなりの
水準の作品を作り上げてくるんでしょうね。やはりエリック・マーティンの歌メロが
ポイントとなってくるでしょうね。

はちべえ@さん

はちべえ@さん、こんばんは!

>1.アディクテッド~のユニゾンTAPは挨拶がわりのネタで今でも良く使いますよw

私もこのタッピングリックは未だに良く弾きます。もともとタッピングはあまり
得意ではないんですが、ポールからはタッピングの技術も結構頂戴しましたw

>ライブアルバムの「RAW LIKE SUSHI」のギターソロタイムのリックなんて
まるで教則ビデオ用か?と思っちゃいますね。

そうなんです!これなんです!このソロタイムネタが学校の課題だったんですよ!
まったく仰る通り教則だったんです!これは本当に右手も左手も拷問なんですが、
ピッキング、弦飛び、ペンタトニックスケールの練習に最適ですね!
これのおかげで(?)せいで(?)どっちかわかりませんが、弦飛びが未だに、
凄く得意なんです、私。ピッキングの方もそれなりに鍛えたつもりですが、
あれほどの精度は出ません・・・orz ありぁ、人間技じゃないです。
しかも、あの握り込む独特のピッキングフォーム。特徴的ですよね~

>えっ、そりゃぁもちろん。マキタのドリルは持ってますよww

お茶吹きましたwww

くるくる鉢巻きさん

くるくる鉢巻きさん、こんばんは!

エニシング・フォー・ユーは本当にエリック・マーティンの歌声が
心切なくさせてくれる佳曲ですよね!特別凝った曲ではないですが、
じっくりと歌を聴せてくれますね。

そうそう、ポールの高速フルピッキングはもの凄いアタック音がするんですw
この音がまたピッキングの正確さを恐ろしいほど如実に表わしていましたね。
最初に聴いた時の衝撃といったらなかったですね。ドリルとか別に
使わないでもあのアタック音ですからね!

WIDOWのファンさん

WIDOWのファンさん、こんばんは!

私はそうですね~ え!もう20年経ちますね!
リアルタイムで聴いていますので・・・

うわ~俺、年取ったなぁ~
しみじみ・・・orz

No title

記事に関係のないことで申し訳ないのですが
このAmazonの画像はどうやって貼るんですかね?

pankinさん

pankinさん、こんばんは!

え~と、どっちのことでしょうかね~?

恐らく下の方に貼っている、くるくる回るやつのことですよね?
こちらはまずAmazonアソシエイトに行き無料アカウントを作成してください。
ググればすぐに出てきます。あとはサインインしてウィジェットタブをクリック、
お好きなウィジェットを選びます。私のはちなみにくるくるウィジェットです。
次に商品をサーチして追加する、からカテゴリーやアーティスト名を検索、
6枚以上の商品を選び商品を追加します。追加したら次の手順をクリック、
これまでのプレビューが現れますので、ウィジェットのサイズなどを選びます。
(プレビューで大きさ等を確認できます)
次にWebサイトに追加をクリック、FC2に追加をクリック、FC2 のブログ本文に追加か
FC2 のサイドバーに追加かを選択し、コピーをクリックこれで完了です。
あとはブログにペーストすれば出来上がりです。

分かりましたかね?結構ややこしく書いてますがやってみれば簡単ですよ!
まだわからないとか、またはこっちじゃなくて上部に一枚貼ってある方が
知りたいとかでしたら、申し訳ないですが再度、言ってくださいね!

こんばんは!

私もMR.BIGじゃなくて恐縮なんですが ^^;

BURRN! の定期購読をされてるんですね!
どこかのサイトでも見たのですが 発売日よりちょっと早く届くみたいですね?
しかも年間1冊分無料とは。。 僕も定期購読しようかなー。

さっき仕事帰りに買ってきて軽く流し読みしましたが、
シンフォニックメタル特集のフォトギャラリーには びっくりしましたww
しかもページめくると 続きかと思いきやエリックマーティンかいっ!!

あ、MR.BIGの話題になった w

こんばんわ

なんか懐かしいですねw
昔はMR.BIGっていうとRacer Xのポールが
思い浮かんでそっちばっかり聴いてましたけど、

今聴くとエリックの歌っていいね!って思えます

確かにポールのプレイスタイルはなんか練習フレーズっぽいですねw
良く練習しましたw

それにしてもやはりエリックの歌声はいつ聴いてもいいですねww

たけちよさん

たけちよさん、こんばんは!

毎月購読されているなら、絶対に定期購読がお得ですよ!
しかも、だいたい発売日一日前には、自宅のポストに届きますので、
わざわざ買いに行く必要や買いそびれもないですからね!

あとはやっぱり定期購読すると一冊分が無料になりますので、
ぜひ、おすすめです。
ちなみに定期購読を申し込むと最初の一冊目が自宅に届いたときに、
年間購読料金を現金で一括払いする必要があります。この際に払う金額は
11冊分で良いということですね!あとはなんの手続きもありません。
毎月ポストに突っ込んでありますよw

>シンフォニックメタル特集のフォトギャラリーには びっくりしましたww

わたしも!わたしも!!
ページめくっていて全く同じことを思いましたww
いきなり、ピンで1ページ!これまた美形が出てきたなぁと思いきや、
エリック・マーティンでしたw まるで特集の続きのように登場しますからね~w
しかし年齢を感じさせませんね~実に若々しいし、歌声も未だ
衰えずですからね!

kuruさん

kuruさん、こんばんは!

ホント懐かしいんですが、もう発売から20年も経っているんですね~
リアルタイムで聴いていますので、私もそれだけ年をとったと思うと
なんだか少し虚しさすら感じますが・・・

kuruさんもギタリストですからね、やっぱりポールのリックの一つや二つは
コピーしていますよね。先述したとおり、フレージングは
正直あまり良いとは
思いませんが、さすがは元GIT講師ですね。
練習としてのフレーズには、最適だったと思います。だから私の恩師も
ポールのリックを課題としたのでしょうし。

エリック・マーティンはあのハスキーな声質からして、ボーカリストとしての
才能を十分に備えていますよね!このバンドのフロントマンには最適な
人材でしょう。
楽曲にも良くマッチした歌声ですし、万人ウケしますよね!

No title

すみません;;
上のほうです;;

下のほうも是非使いたいのですが上のほう知りたいです@@

pankinさん

pankinさん、こんばんは!

あちゃ~そっちでしたか!え~気を取り直して。

やっぱりまずはAmazonアソシエイトに行き無料アカウントを作成してください。
次にFC2 BLOGのブログ管理画面へから、環境設定にマイショップの管理と
いうのがありますので、そこを踏んでください。アソシエイトIDを入力し
(ID取得した時点で、ひょっとしたら入力されているかもしれません)、
商品の検索、ヒットしたらブログに書くをクリック、3種類の大きさのジャケが
出てきますのでお好きな大きさを選択、この形式で投稿をクリック、
すると自動的にブログ本文にソースが貼られます。

ひょっとしたら他の皆さんは違う方法でやっているかもしれませんが、
私はこうして貼り付けていますよ!

これでもわからなかったり、不明な点があればまたどうぞ、聞いて下さい!

No title

詳しく有難う御座います!
とても役に立ちました

pankinさん

pankinさん、こんばんは!

いえいえ、お役に立てて良かったです!
がんばって貼ってみてください。
プロフィール

メタラーまっちゅ

Author:メタラーまっちゅ
音楽学校卒業後、
ギターインストラクターと
なるものの、現在ではしがない
サラリーマン・・・orz
しかしながらギターに対する愛は昔も今も変わらず!


まずは自己紹介に【HR/HM好きの方へ100の質問】こちら

【性別】
  ♂
【Guitar】
Fender 
Ibanez
musicman
Gibson
Martin
Jose Ramirez
他、10本以上所有 
【愛車】
LEXUS GS350
【趣味】
GRANDTOURING
音楽鑑賞(CD1,000枚以上所有)
ビリヤード(たまにマスワリ)

小生、20年のキャリアを積んだギタリストです。その為、ギタープレイに関しての話題が多くなりますが、ご勘弁を・・・
各アルバムや曲の、演奏面を中心にレビューをしていきます。あくまでも私の主観によるレビューでありますので、ご了承下さいませ。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
yahoo!ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
Amazon
ブロとも一覧

翁のブログ。

テイルピースの気ままな写真とギターのブログ

シンプルに・・・ギターブログ(Guitar Blog)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
PING送信プラス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。