スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第57回【メタラーまっちゅ的、2009年ベストギターソロ!】09/12/24

みなさま、メリークリスマス!


前回申し上げた通り、この辺で2009年のベストアルバムを
決めたいと思っておりますが、ちょっとその前に。
私、ギターキチガイということもありまして、ベストアルバムを
決める前に、ここで2009年ベストギターソロを決めたいと
思います。

今年は先述したとおり、たったの7枚しか購入していませんが、
この7枚のギタリストたちはとんでもないツワモノ揃い!
素晴らしい名演を各アルバムで披露してくれています。
この中からベストギターソロを決めようとは、これまた難儀なの
ですが、まずは各バンドのギタリストの紹介から・・・


みなさんご存知のお方ばかりですね!

名だたる面子が出揃いましたよっと。


★ギタリスト


・デイブ・ムステイン
・クリス・ブロデリック (メガデス)

・ロバート・マルセロ (デンジャー・デンジャー)

・ジェフ・ルーミズ (ソロ/ネヴァモア)

・サッチェル(ラス・パリッシュ)(スティール・パンサー)

・阿部洋介 (アウトレイジ)

・ジョン・ペトルーシ (ドリーム・シアター)


※ラム・オブ・ゴッドは上記ギタリストたちと同じ土俵に立てる
ほどの実力を持ち合わせていないとの判断から、初めから
除外します・・・orz    ごめんね。(春日風)


正直、持ち味こそ違えど、実力的には非常に均衡していますね。
各人持ち味が違うこともあり、どういう基準で選ぼうかと悩ましいですが、
今回は私の独断、単なる好みで決めたいと思います。まぁそれしか
方法もないと思うわけで。


ここでまずは私のリードギタリストに求める、絶対条件を挙げてみます。


①良質なメロディがあること。

②リズミカルであるか。

③楽曲へのマッチング具合。

④音楽理論的に面白いかどうか。

⑤正確で流麗なプレイであること。



まだ例えば音色だとか条件は色々とあるような気がしますが、
この中でも私はメロディを最重要視します。これは音楽学校時代から
一貫して変わらない私の音楽の捉え方であり、リズム・メロディ・
ハーモニーは欠かすことのできない三大要素であります。ギターソロと
いう観点では上記5項目の上から①②③項がそれにあたると考えています。

④の音楽理論に関してはプロでも勉強不足なギタリストなんてたくさん
いますし、それが功を奏しているプロも中にはいますので、上記5項目の
中ではそこまで重要視はしていません。ちなみに私は音楽学校に在学して
いたこともあり、ものすごく勉強しています。私はインプロヴィゼーションで
ギターを弾きたいというのが目標でしたので、たくさん勉強しました。
サラリーマンになりギターを弾かなくなってからはだいぶその知識も
抜けてしまいましたが・・・

そして⑤の正確で流麗なプレイ、これはまずプロなら最低限持っていて欲しい
技術面の話なので、これがないプロなど好きになることはありませんし、
ここで決めようとしているベストギターソロに選ばれることは絶対に
ありません。と言うか技術なくしてメロディックでリズミカルなプレイなど
不可能ですしね。

つまりギター巧者とは弾けて当たり前であり、①②③で持ち味が
活かせるかどうかが、一流かニ流かの違いと考えています。
”上手い”と”巧い”は微妙に違うと考えているのです。




そこで上記、条件に当てはまるのは一体誰でしょうか?


取り合えず、最新作では信じられないほどテクニックを
上げてきましたが、この凄腕たちの中ではやっぱり少々メロディ、
テクニックともに弱いデイブ・ムステインは落選・・・ 
しかし、ムステインはバンドの頭脳でもありますし、歌も兼任
していることから、ものすごく高く評価しています。
ただリードプレイに関しては相手が悪かった・・・


次は日本の誇り阿部洋介。彼の持ち味は叙情的なメロディを
活かしたテクニカルなプレイなのですが、残念ながら最新作では
持ち味を出し切っていなかったと思います。あまり弾いていません
でしたね。能ある鷹は爪を隠す・・・残念こちらも落選・・・ 
しかしリフ、バッキング大賞を決めるのでしたら、今年は
阿部洋介を選びます。今年私が聴いたプレイでは彼のプレイが
一番アグレッシブで輝いていた!


残すは5名のギタリスト。この5名は実力が均衡しているので、
非常に難しい・・・

と言うわけで、この5名からはリズム・メロディ・ハーモニーを
最重要視し選んでいきたいと思います。


まずはクリス・ブロデリックとジェフ・ルーミズ。
ご存知二人はネヴァモア繋がりのあるギタリストであり、
タイプ的には非常に似ています。彼ら二人の持ち味はなんでもござれの
圧倒的テクニック!前述したとおりテクニックは持ち合わせていて
当たり前なのがプロだとは思いますが、この二人は次元が違います。
プロの中でも頭ひとつ抜きん出たテクニシャンであり、二人が
見せた(聴かせた)プレイは非常にスリリングで緊張感のあるものであり、
人間技とは思えぬ正確でファストなプレイぶりには舌を巻くばかりなので
あります。
しかし残念ながらこの二人のギタリストには私好みのメロディックさが
少々薄いと感じています。いや、これは二人の実力から考えると
そういうプレイができないわけでもなさそうなのですが、前述したとおり
この辺のことは私の好みでいきますので残念ながら落選ですかね~
ただやっている音楽性から考えてみると、どうしてもこういうプレイが
先行するのは良く理解しているのですが・・・



残すは3者!

・ロバート・マルセロ

・サッチェル

・ジョン・ペトルーシ


ここはホント混戦!この3者は私的三大要素を持ち合わせています。

う~ん悩ましい~  

この3者は非常にメロディック!そう私好みなんですね~
リズム面ではジョン・ペトルーシが素晴らしく、さらにペトルーシは
ジャジーなリックまで自在に弾きこなす屈指の名ギタリスト!
世界的に見ても最高峰のギタープレイヤーと言っても過言ではない!

ジョン・ペトルーシ・・・そう簡単には超えられない壁。全てが完璧!

しかしながらメロディ面ではロバート・マルセロ、サッチェルも
それはそれは素晴らしい。互角に戦えるセンスを十分に備えていますね!
いつの間にか戦いになってしまいましたが・・・w


ハーモニー面では恐らくこの3者はフレージングから予測するからに
相当な音楽理論を持っていることが分かります。非常にコードトーンを
意識した美しいプレイをしますので、このハーモニー面は互角の勝負と
考えます。いや、やっぱりペトルーシが一枚上手か・・・?

実はこの3者からは、各人のベストギターソロがすでに頭に浮かんでおります。
もうここまでくると3者の各プレイをベストギターソロとしたい気持ちで
いっぱいなのですが・・・


★メタラーまっちゅ的3者のベストギターソロ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆ロバート・マルセロ

・ゴースト・オブ・ラヴ
・ハーツ・オン・ザ・ハイウェイ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆サッチェル

・ファット・ガール ~ちょっと太めのあの娘

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆ジョン・ペトルーシ

・ア・ライト・オヴ・パッセージ
・ザ・シャタード・フォートレス

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


と言うわけで、この5曲からベストギターソロを選びたいと思います。


この中から一曲となるとこれは本当に難儀なことなのですが、
この3者の中で音楽的なセンスが一番優れているのはジョン・ペトルーシ
かと思います。しかしながらロバート・マルセロとサッチェルの
ギターにも聴き手のハートを鷲掴みにするような、強力なメロディセンスが
あります。

ここまでくると本当に甲乙付けがたいのですが、決めたいと思います。










メタラーまっちゅ的、2009年ベストギターソロ!!





























ずばり今年はロバート・マルセロのゴースト・オブ・ラブに決定!!!




こちら↓




これだけタメ息がでるような凄いプレイが多い中、
実に地味なプレイを選ばれたと思われる方も多いかと思います。
ほんの20秒前後のリードプレイです。
しかし、この曲で見せた(聴いた)マルセロのプレイはまさしく芸術!
一瞬、閃光が私の頭を駆け巡りました。実にスリリングでメロディック!
ほのかに哀愁も感じられる流麗極まりないエモーショナルなプレイ!

背筋がゾクゾクするようなプレイでした。
ちなみにこの楽曲ではイントロとアウトロ、それにオブリも少々と
結構弾いていますがすべてが最高!!
私のハートもマルセロのプレイにイチコロでした。

それとデンジャー・デンジャーはこの楽曲以外にも全曲が必聴の
プレイばかりであり、まずはこのアルバムの中からどの曲をチョイス
するか迷うほどの出来の良さ!この辺のことを加味してもやっぱり
マルセロのプレイを今回は推したいですね!マルセロ恐るべし!


正直、最後に挙げた3者の楽曲はすべてベストにしたい気持ちで
いっぱいなのであります。私的にはホント全部ベストプレイなのですが、
ただ一曲選ぶとなるとマルセロのプレイを選びます。この辺はもう
好みの問題でしかありませし、人それぞれだろうと思います。

最後まで悩んだのがやはりジョン・ペトルーシの
『ザ・シャタード・フォートレス』これには本当に脳汁出まくり
ました。素直に行けばむしろこっちをベストに推すべきなのかも
しれないのですが、今回は大健闘のマルセロのプレイをベストと
しました。


我ながら渋いプレイをベストに選んだなぁと、とても感慨深いですね。



少し考えてみるとなぜこの中からマルセロのプレイを選んだのかは
まぁ最終的には私の好みなのですが、長年ギターを弾いてきた私が
目指していたプレイスタイルがまさしくマルセロなんですね。
そう、私はこんなプレイを目指してギターを弾いていたのです。
最終的にはここがとても大きな要因ですね。

マルセロは私の憧れるようなギタープレイヤーなんですね。
私の考える最高のギターヒーローの一人です!


え~まとめといたしまして、
今回のベストギターソロはロバート・マルセロのゴースト・オブ・ラブと
させていただきましたが、今回ノミネートされたギタリストたちは、
プロの中でも頭一つ抜きんでた孤高のギタリストたちです。落選した
ギタリストたちのプレイは非常に私を悩ませてくれましたし、まだ数曲
選らべる条件でしたら最終的に出揃った5曲はすべてベストギターソロに
選びます!

どのプレイヤーもベストを尽くし、最高の名演を聴かせてくれたと
心から思います。

どのプレイヤーもみんな最高!!

最高に熱かった!!



ロバート・マルセロ!あんた最高!!
photo-works-02.jpg
容姿もイケメンですね!



スポンサーサイト

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

マルセロ!

サッチェルじゃなくて一安心、のような、がっかり、のような。

「Ghost of love」、アルバム中では歌メロが結構地味なんでギターとの絡みでメロディが完成されているイメージがあります。ギターに集中してると違った色が見える面白い曲ですね。

選考には随分悩まれたようですが、その分楽しませて頂きました。

ベストギター ・・・ですか、成る程。

>ロバート・マルセロのゴースト・オブ・ラブ
 聴かせて頂きました。 楽曲全体の構成やメロディもなかなか良いですね~、メランコリックな感じの雰囲気が一部感じられて・・・

 で、肝心のマルセロ氏のギターですが、自分としては、ソロプレイよりもヴォーカルのバッキングでプレイしている時のフレーズ(特に、ヴァース。ブリッジ~コーラスパートはキーボードが目立って聴こえるので)に、一番惹かれましたが(お゛) ・・・私って結構、マニアックな感性を持ってますかね???
 あ、当然、ソロプレイにも耳が惹かれましたよー

3度の飯より「ギターソロ」(笑)

おぉぉぉ!? コレは!

・・・

・・・・・・・・

素晴らしくアツいレビューだぁ(・o・)v !!!

→ オイラ満腹です。 お腹いっぱいになりました!


>④音楽理論的に面白いかどうか。

現役時代、ココが私には深すぎて解らなかったですね(T_T)
独学での限界をあらためて感じます。
当時、もっと真摯に理論系にも向き合うべきだったなと、今思います・・・


いやぁ~しかし!
マルセロ王子がペトルーシに勝ってしまいましたね(笑)

明日のYahoo!のトップニュースは

「ロバート・マルセロ!あんた最高!!」

で決まりですね。

1人のギターキッズギターおやじとして非常に楽しめました。

まっちゅさんアリガトウ(^^)/

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

おぉマルセロですか!!意外でした~(*゚∀゚)
長めの文章、わくわくしながらマウスホイールチョコチョコ回しましたww
3人になった時、てっきりまっちゅさん的にペトルーシかと思いましたよ。
でもアンディ・マレツェクタイプも好きですよね?
思い返せばなんとなく納得wなんかダイナミズムなフレージング!

マルセロの音って『光って』聴こえます!(*゚∀゚)ノブライトぉ!!
音作りにもよりますが、ソコ含めてメロディに輝きが有りますよね!
来年早々Revolve買う!絶対買う!と思いました!

そういえば自分の選ぶ基準ってなんだろって思いました。
①~③は絶対で、④は・・・独学でのんべんだらりの自分は
パッパラプーです・・・( ´;ω;`)
とにかく、マルセロの様な、自分も弾きてぇ!!みたいな
ワクワク感を与えてくれる事が一番かもしれませんw(あいまい過ぎ)
ヴァンデンバーグにハマリ中の自分でした~♪

heyzoさん

heyzoさん、こんばんは!

いや~サッチェルも今年はホント良かったですよ!
あのラス・パリッシュでのFIGHT時代とは段違いにレベルアップして
いましたからね~
ただ最終的にはペトルーシとマルセロがいましたからね、少々分が
悪かったですかね~

しかしながら繰り返し言いますが、最終的な5曲は本当はすべて今年の
ベストプレイとしたいのが、私の本音です。それだけ
各ギタリストのプレイは素晴らしかったと思います。

ゴースト・オブ・ラブは確かに歌メロは地味目ですね。
しかしながらここがこのバンドの巧いところで、セカンドコーラスからは
バックに和声ハーモニーを重ねてきて、楽曲を盛り上げるところとかに
非常に非凡なセンスを感じますね。一層楽曲が盛り上がってきたところに
マルセロのリードがキラリという楽曲構成がとてもGOODですね!

最終的に3者に絞ってからは特にペトルーシとの選考で迷いましたね~
それからマルセロの場合はホント、アルバム全曲がナイスプレイなので
まずはどの曲をチョイスするかという時点で迷いました。
マルセロはプレイも一流ですが、メロディセンスも並はずれていますね!
ホント会心のギタープレイだったと思いますよ!

No title

こんばんは。
ベストアルバムやベストチューンについて書かれたブログは読んだことがありますが、ベストギターソロというのは今までなかったので、誰がその栄冠を獲得するのかワクワクしながら文章を読ませていただきました。
僕はメタラーまっちゅさんほど深くまでギターを聴いてはいませんが、この記事で挙げられたリードギタリストの5つの条件のうち①と③を重視していますねー。そういう点でいくとジョン・ぺトルーシのThe Best Of Timeが印象的なギターソロでした(特に終盤)。
ロバート・マルセロですかー。改めてDANGER DANGER「REVOLVE」を聴き直してみたいと思います。

Knacker-Mollyさん

Knacker-Mollyさん、こんばんは!

・・・メランコリック。

うん、そうですね!そんな雰囲気ももった楽曲ですね。
ほのかに漂う哀愁がまたたまりません。仰る通りまずは楽曲の
良さが一つ挙げられますね。一層リードプレイも映えると
思いますよ。

>ヴォーカルのバッキングでプレイしている時のフレーズ

え~相当にマニアックかと・・・

キーボードとの絡みの相乗効果が良かったと言うわけですね。
これだけギターの話をしている中、あの薄らとかかるキーボードを
聴き分けているKnacker-Mollyさんに脱帽・・・ どちらかと言うと装飾程度の
雰囲気作りですよねぇ。あれは!
Knacker-Mollyさん、恐るべし!ここに着目する人はそうはいないでしょう!

マニアックにもほどがありますよw

肝心のソロのほうもしっかりと聴いて頂いたようで一安心です(汗)

はちべえ@さん

はちべえ@さん、こんばんは!

アハハ!
同じくギタリストのはちべえ@さんに楽しめていただけたようで、なによりです!

音楽理論に関してはほとんどの方がペンタトニックをかじるのと
マイナーメジャーのスケールをかじる程度で終わってしまいますからね。
独学で理解しようとするといろいろな誤解も出てきますし、非常に難しい話だと
思いますよ。私の場合は私一人に何人もの先生がついて
おりまして、主に音楽理論だけを専門に教えてくれる先生がいたり、
あとはメタル系の先生にブルース系の先生、ジャズの先生、クラシックの
先生とこれだけの先生が私についてくれていましたので、もう勉強する
しかなかったですね。

ちなみに卒業後は私自身がインストラクターとなりましたが、インストラクターを
やりつつもジャズに関してはまた他の先生を見つけ習い続けていました。
私の経験上やはり独学での理論の勉強には限界があると思います。
ヤングギターとかで理論講座みたいなのやってますが、全く駄目ですね。
ありゃいろいろな誤解や勘違いのもとだと思っています。まぁ私もこれだけ
いろいろと勉強しましたが、結局今は単なるサラリーマンなわけで・・・orz
もうだいぶ私も頭から抜けてしまいましたね・・・

マルセロのプレイはこの曲に限らず、アルバム一枚丸ごと素晴らしいんです。
もちろんバンドとしての完成度の高さも半端じゃありません。
私が選んだ今回の楽曲はノミネートされた他のギタリストたちのプレイに
比べて非常に地味なプレイかもしれないのですが、この楽曲では非常に
シンプルなコード進行にもかかわらず、美しさや哀愁を感じさせるドラマティックな
展開をマルセロは奏でており、とても味わい深くもスリリングなリードプレイですね。

またこの楽曲では特別な超絶プレイを披露しているわけでもありませんので、
なお一層シンプルなリードプレイなのですが、これだけ聴かせるのは
流麗なフレージングに正確なプレイあってのものだと思います。
流麗さと正確さに関してはホントギタリスト界随一でしょう。

と言うわけで今回はペトルーシには泣いてもらいましたw
本当はどちらも私にとってはベストプレイなんですがね。

>明日のYahoo!のトップニュースは「ロバート・マルセロ!あんた最高!!」

笑わせないでくださいよw
ただホント、マルセロは最高のプレイをしてくれたと思います。
彼のプレイを今年のベストに選んだのは、私にとってはもう必然でしたね。

はちべえ@さん、楽しんで頂けたようで私の方からもアリガトウ!メリークリスマス!

koumeiさん

koumeiさん、こんばんは!

ずばり今年はマルセロですね~!

本当に最後3者に絞るまでも相当に頭を悩めたのですが、なんせ手練揃い
ですからね~そうそうに脱落したムステインですら最新作ではホントナイス
プレイでしたから・・・

やっぱりギタリストとしての資質と引き出しの多さはペトルーシで
間違いないと思います。これに関しては恐らくほとんどの方が
異論はないんでは?とも思うのですが、今年はそれでもマルセロです!
最高のプレイだったと思いますよ。本当に閃光の走るような美しい
フレージングは私好みで、koumeiさんの仰る通りメロディの輝きは
まさに天性の才能を感じさせるものでした。あとはやっぱり楽曲の
イメージを一番に考えているようで、各楽曲によくマッチングしていましたね。
マルセロはまだまだ弾けることも分かっているのですが、
その辺の楽曲構成も考慮しつつの実に巧いプレイだったと感じています。

>アンディ・マレツェクタイプも好きですよね?

そうそうアンディ・マレツェクは大好きですよ!
あとスヴェン・ラーションとか!ご存知かな?めちゃくちゃ巧いですw
アンディに関してはこう言ってはなんですが、ヘルゲより全然好きですね。
仰る通りマルセロとはとても似たタイプのギタリストですね。そう、こういう
ギターが私は一番好きなんですね~。あらためて実感・・・。

マルセロは私の言う①②③をしっかりと聴かせてくれますし、
またこの流麗なフレージングはプロの中でも随一の美しさだと思いますよ。

今年はもっとたくさんの音源を聴いていたとしても恐らくマルセロの
プレイを推していたのでは?と思いますね!
デンジャー・デンジャー聴いてくださいね!メロディの洪水!
極上ですよ!極上!

よしよさん

よしよさん、こんばんは!

ベストギターソロに関しては私の心の中でやってみようかな~くらいの
気持ちではいたのですが、やっぱりベストアルバムくらいでいいかぁ~なんて
決めかけていたところに、いつも私のギターに関する独り言を聞いてくれて
いる方からのありがたい後押しもあり、やっぱりやってみることにしました。

よしよさん的には、
The Best Of Timeですね、私もペトルーシで挙げた2曲の次にはこの曲が
きます。これはもう感動的すぎて泣いちゃうんですよね~特にお好きな後半と言うのは
あの移調をしてからのフェイドアウトまでのことですよね!ここからさらに
気持ちが高揚してきますからね。ペトルーシがいたから今回の選考は
非常に難しいものになりましたね。ギタリストとしての資質はペトルーシが
ずば抜けていますし、間違いなく世界最高峰のギタリストでしょうね。

DANGER DANGERのREVOLVEは聴けば聴くほどに味のでるスルメ盤だと
思いますし、マルセロのリードプレイに集中して聴いて頂けると、また
違った印象を持たれるかもしれませんよ!マルセロのプレイは本当に
にくいんですよね~あまりに流麗なんですーっと頭の中を走り抜けていくような
さりげないリードプレイなんですが、集中して聴いてみてください。
良メロの洪水ですよ。

またプレイの正確さ流麗さはギタリスト界随一と言っても過言ではありませんね。

まさしく私が目指したギタリスト像がマルセロですね。
まだマルセロは若いですからね~今後もとても楽しみですよ。

こんばんは!

ベストギターソロとは面白いですね~!

でも読ませてもらいながら
きっと まっちゅさんはロブ・マルセロを選んでくれるだろうと期待していました!
アルバムを買われた当時の熱いレビューやコメントが思いだされますよ(´∀`)

僕もギターワークももちろんですが楽曲としても"Ghost Of Love"と"Hearts On The Highway"が大好きなので嬉しかったですね♪

しかしまっちゅさんの目指していたギタリスト像とは。。
まさに理想とも言えるギタリストに出会えるなんて、本当に同じギタリストとして衝撃でしょうね(@_@;

こんばんわ(^o^)/

私はHR/HMを聴くときはボーカルを中心に、
デスメタルを聴くときはドラムを中心に、
つまりギター軽視の人なので^^;

なので上の動画観ても、
ギターでなくヴァイオリンだったらいいのになぁ
などとついつい思ってしまい・・・。

でもOUTRAGEの新作は、
このギターの人スゲェ!!
って素直に思いますた(*^_^*)

たけちよさん

たけちよさん、こんばんは!

ベストギターソロはですねぇ~ありがたいことに他のブロガーさんにこんな企画を
やってみてはどうか?というご意見を頂戴したのです。私の心の片隅にも少々
やりたいなぁなんてのがあったので、良い形で肩を推して下さる方がいたのです。

マルセロはもう読まれてましたかwですが、しかたないですね今年は
ペトルーシという世界最高峰が存在していましたが、私的にはマルセロを
選考するのは必然でした。いや、それでもペトルーシとの最終決戦は
相当苦悩しましたよ!

選んだベストギターソロは割かしシンプルなプレイを
選びましたが、マルセロらしい粒の揃った流麗なフレージングと単純な
コード進行にもドラマティックに展開するリードプレイはまさしく閃光が
頭を駆け巡りましたね。

おぉ、お気に入りの楽曲も見事に2曲被りましたね!
ただし今作には捨て曲は一切ありませんね。一曲ですら飛ばしたことは
ありませんよ!これホント!聴いたら全部聴きますよ。それくらい
今作を愛していますね~←キモい・・・

マルセロには今作の発表前からですね、だいぶ前からですが、すでに
注目はしていました。初めて彼のプレイを見たときには本当にキターコレ!って
感じで、これは凄いのがまた出て来たぞ!と鼻息荒くしたのを良く覚えています。

マルセロはホント私の理想ですね、あとスヴェン・ラーションとかご存じですかね。
ストリート・トークのギタリストですが。こんな二人のプレイが私の理想の
ギタープレイですね。

沙羅斗牙さん

沙羅斗牙さん、こんばんは!

まぁ、基本的に楽器奏者は自分のやっている楽器に注目して
音楽鑑賞しますよね。
私もそうですよ。
だからこんなにアホみたいにギターにうるさいんですよw

ヴァイオリン?
これまたユニークなことをおっしゃりますね!哀愁のある曲ですからね~
以外に合ったりして・・・

アウトレイジですね!阿部洋介はベストギターソロからは落選しましたが、
私から今年のリフ・バッキング大賞を送りました。
圧倒的パワーは他の追随を許しませんでしたね。
鍛え抜かれた見事な腕っぷしでしたw

携帯からお邪魔します(>_<)
ギターソロでベスト1を決められるところはさすがですね!
マルセロ1位\(^-^)/
私はギターは全く分からないんですが、上手下手位ならなんとかf(^_^;
Danger Dangerを聞いてると、丁寧に引いてる印象でした。
Danger Dangerをひいきにしているので、この結果は嬉しいです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

私もギターが一番好きなのでギター重視でつい聞いたりします^^;

上記候補に挙がった中では、ドリームシアター、メガデス、アウトレイジ、スチールパンサーのギタリストが印象的でした。

スチールパンサーは見た目がああなので(笑)余計良く聞えたのかもしれないですがwでも、音的にはすごい良くてびっくりしましたね。ルックスをかえた方がいいのかこのままがいいのか・・。

ジョン・ペトルーシは、本当にすごいですね・・。私はジェイムス・ヘッドフィールドの味方なので心引かれるギタリストを見かけるたびに微妙な気持ちになります。特にメタリカのトリビュートはショックでしたね。(本家を超えてど~すんの的な。。)間違えが多いと言われるカーク君には見習って欲しいところなのでしょうか~(笑)

残念ながらデンジャーデンジャーは殆ど聞かないのでロバート・マルセロについては全然わかりませんが(すいませんm(__)m)
まっちゅさんの理想のギタリスト像と言う事で今後きいてみたいとおもいま~す

ままあやさん

ままあやさん、こんばんは!

私はギターキチガイですからねw
こんな企画どう?って、他のブロガーさんからの後押しもありまして
ちょっとやってみました。とんでもない大物ギタリストばかりが
名を連ねましたので、本当にベストギターソロなど選べるかは
少々不安もありましたが、最終的にはやっぱりマルセロで!
今作での彼は一際輝いてましたよ。眩しすぎました!

ままあやさん、ご贔屓のデンジャー・デンジャーですが、
私もこんなに素晴らしい作品に出会えたことに、感謝したいほどの
傑作だと思っています。

callitameさん

callitameさん、こんばんは!

やはり音色もきらびやかで前面に出てきやすいギターは、
自然と耳にも入ってきますからね~そしてメタルにはへヴィな
ギターは付き物ですからね。

挙げられた4バンドとてもユニークなギタリスト揃いですね。
しかも持ち味が各自で全然違うところがまたまたユニークw
スティール・パンサーのサッチェルはあんなアホなことしていますが
その昔はGITのインストラクターという経歴を持つ実は
とんでもない手練なんです。過去にはロブ・ハルフォード率いる
FIGHTのリードギタリストでもありましたね。今作では
そのころを遥かに超えるナイスプレイでありました。
抜群のメロディセンスを持っていると思いますよ。
ルックスはあのままのほうがいいと思いますwそのルックスとは
裏腹なテクニックに余計に唖然としますしねw

ジョン・ペトルーシに関してはもう天才としか言いようがないですね。
この音楽センスはプロの中でも雲の上をゆく孤高の存在ですよ。
それにしてもメタリカのコピーも面白かったですね~
あのバッキングを涼しげな顔で難なくこなすペトルーシ・・・
あらためて彼の引き出しの多さを思い知りましたね。

ロバート・マルセロに関しては、まぁまずは聴いてみてもらいたいです。
その美しいフレージングに正確なプレイ。非凡なセンスを感じさせますよ。
まだまだ若いギタリストなので今後の活躍も非常に楽しみですね。
良かったら聴いてみてください。マルセロのプレイが良く理解でき
なかったとしてもデンジャー・デンジャーの最新作は良メロの
洪水ですよ。きっと楽しめると思います。

今日もこんばんは~。

いやー年間ベストギターソロなんてまさに、まっちゅさんに相応しい企画ですよ!
まっちゅさんのギター人生の背景や 熱き想いを普段からブログやコメントで目の当たりさせていただいているのでとても説得力があります(´∀`)

ジョン・ペトルーシとの最終決戦は相当激しかったみたいですね! でもペトルーシはこれまでも何回か年間ベストを受賞してそうだし、今年はマルセロでよかったですよ! 閃光が駆け巡るという表現は僕もイメージできます。

STREET TALKは知りませんでした。
ヨラン・エドマンが参加しているみたいですね! これはかなり興味が出ましたです。
スヴェン・ラーションのプレイも是非注目してみたいと思います(o^-')b

たけちよさん

たけちよさん、こんばんは!

今夜もおいでやす~w
なかなかこの企画を楽しんで頂けたようで、私もとても満足ですよ!
しかしながらその熱き想いを熱弁するおっさんは今ではただのサラリーマンという
かなしい現実・・・orz 土曜だって言うのに今日も仕事でしたよ(ブツブツ)
ただギターに対する愛はまったく途絶えることはありませんね~
いい歳こいてまだギターキッズのつもりですよ・・・w

ペトルーシに関しては毎アルバム必ず年間ベストギターソロに選らべる
レベルのプレイばかりですからね。最新作も相変わらずでしたし・・・
ただ今回だけはごめんなさいですね。マルセロの健闘は見逃せませんね。
デンジャー・デンジャーは全曲が必聴のプレイでしたから。

おぉ!ストリート・トーク調べられたようですね!
そう、あのヨラン・エドマン率いるメロディアス・ハードなバンドですね。
まず楽曲の良さは今回のデンジャー・デンジャーに匹敵する出来栄えであり、
ヨラン・エドマンの歌ももちろん冴えわたっていますし、何より一番の聴きどころは
スヴェン・ラーションのリードプレイですね。このメロディックなプレイには
きっとギターに詳しくない方でも耳を引きつけるものがあると思います。
ちなみにおすすめは2002年発表の”レストレイション”というアルバムなのですが、
この年の年間ベスト3には余裕で入ってくるような傑作でしたよ。

メロハー好きでしたよね?ずばり一押しできる一品ですよ!
余裕のあるときにでも是非是非。

プロフィール

メタラーまっちゅ

Author:メタラーまっちゅ
音楽学校卒業後、
ギターインストラクターと
なるものの、現在ではしがない
サラリーマン・・・orz
しかしながらギターに対する愛は昔も今も変わらず!


まずは自己紹介に【HR/HM好きの方へ100の質問】こちら

【性別】
  ♂
【Guitar】
Fender 
Ibanez
musicman
Gibson
Martin
Jose Ramirez
他、10本以上所有 
【愛車】
LEXUS GS350
【趣味】
GRANDTOURING
音楽鑑賞(CD1,000枚以上所有)
ビリヤード(たまにマスワリ)

小生、20年のキャリアを積んだギタリストです。その為、ギタープレイに関しての話題が多くなりますが、ご勘弁を・・・
各アルバムや曲の、演奏面を中心にレビューをしていきます。あくまでも私の主観によるレビューでありますので、ご了承下さいませ。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
yahoo!ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
Amazon
ブロとも一覧

翁のブログ。

テイルピースの気ままな写真とギターのブログ

シンプルに・・・ギターブログ(Guitar Blog)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
PING送信プラス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。