スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第70回【過去に一度はレビューしたものの、やっぱりもう一度推したいアルバム その二】10/3/15

私の稚拙な文章能力ではなかなか作品の素晴らしさや魅力を
十分に伝えきれていないのでは(?)と思いまして、過去に一度は
レビューしたものの、今一度お勧めしたいアルバムを簡単ながら
紹介してみたいと思います。

あの世にも持って行くであろう、私の家宝であり
不朽の名作たちです。



まずは1枚目は1996年、フリーク・キッチン

スパンキング・アワースパンキング・アワー
(1996/08/21)
フリーク・キッチン

商品詳細を見る

『スパンキング・アワー』



凄まじいまでの変態テクニックとキャッチーでメロディアス、
そして異常なまでのリズム感を兼ね揃えた、まさにスーパー
ギタリスト!マティアス・エクルンド率いる3ピースバンドの
2ndアルバムです。

近年ではすっかり有名人になってしまったマティアスですが、
この頃はまだほぼ無名でした。私は今作を発表当時に音楽学校の
恩師からのすすめで買ってみたのですが、マジで腰抜かした。
それくらいの衝撃作!あまりの変態テクと天性のリズム感、
そして難解なバッキングを弾きながらも歌も兼任しているという
変人ぶり。変態度に関しては今作より近年の作品のほうがさらに
パワーアップしています・・・。

この頃のマティアスはまだ若かったこともあり、現在とは
少々イメージの違う尖がった演奏も聴けます。最近はあまり
フルピッキングのプレイとか聴かなくなりましたが、今作では
その辺もバリバリと弾いております。それでいて楽曲は
激キャッチーなので万人におすすめできますね。

ギタリストの方には当然もうひと押ししておきます。
マティアスはまさしく今までに類を見ないタイプの
ニュータイプです。まだ彼のプレイを聴いたことのない
ギタリストの方は絶対にチェックすべきですし、買いです。

しかし残念ながら他の方の情報によると今作は非常に手に
入りづらい状況のようです。万が一にもレコード屋で見つけた
際は速ゲットがよろしいかと・・・。私は最新作以外は全作品
持っていますが、中でも今作とムーブの2作、こちらを強く
おすすめ致します。はい。

過去のレビューはこちら





続いて2枚目は2009年発表のデンジャー・デンジャー


リヴォルヴリヴォルヴ
(2009/10/21)
デンジャー・デンジャー

商品詳細を見る

『リヴォルヴ』


昨年の年間ベストアルバムに私が選んだ一作です。
とりあえず、爽やかで清々しく良質なメロディ。それにカッコ
いいギターが聴きたければ今作を聴きいたらいいです。はい。

捨て曲なしの文句なしの名盤!

ちなみにギタリストであるロバート・マルセロのプレイは
昨年のベストギターソロにも選ばせて頂きましたが、実に
素晴らしく美しい。当初、私は今作をこのマルセロのプレイを
聴きたいがためだけに購入したのですが、それよりまずこの
楽曲の良さに非常に心を打たれました。まさしく良メロの洪水。
そこへ花を添えるマルセロのリードがこれまた絶品!

それからバンドのコンポーザーでもあるベーシストのブルーノ・
ラヴェルこの人のプレイも見事な職人ぶり。この人のプレイは
今作で初めて聴きましたが、完全に惚れました。

と、まぁ、メロディック・ハードが好きな方は当然、必聴!
あまり聴かない方も今作を聴いてみると、メロディック・
ハードが好きになるかもしれませんね。

2009年の発表作としては前回、同企画で紹介したメガデスと
同じく激しくおすすめ!


過去のレビューはこちら



つづきまして3枚目、こちらは2002年発表のストリート・トーク
3rdアルバム。


レストレイションレストレイション
(2002/09/21)
ストリート・トーク

商品詳細を見る

『レストレイション』


こちらは過去のレビューでも私のとっておきと言う事で、
かなり力を入れて紹介させて頂きましたが、当然ここでも
もうひと押しさせて頂きます!

とにかく極上のメロディック・ハードが聴きたけりゃ、
今作『レストレイション』を聴けばいいです。←使いまわし。

美しい楽曲に、透き通るようなヨラン・エドマンの歌、そして
卓越した技術に確かな音楽理論と洗練されたメロディセンスを
持ち合わせたスヴェン・ラーションのギターはまさしく歌う
ギター!その素晴らしさと言ったら、本当に音楽界の歴史に
残したい名演。少し玄人向けのプレイかもしれませんが、ある
程度の経験を積んだギタリストの方なら、このプレイの凄さが
どれだけ神がかっているかは十分に分かるかと思います。

とりあえずギタリストの方はこのスヴェン・ラーションの
プレイだけでアルバム購入代金の元は余裕で取れると思う。

ギタリスト以外の方もどうぞ一家に一枚ストリート・トーク!

我が家の家宝!!


過去のレビューはこちら





と、まぁ今回も3作品を再度プッシュさせていただきましたが、
本気でおすすめなんですよね~ どれだけ聴く価値があるかと
問われれば、私は前回の3作品も今回の3作品に関しても同様ですが、
アルバムの売値以上のお金を出してでも聴く価値があるとマジで
思っています。

当方はギタリストのため、ギターに特別な思い入れがあることも
事実なのですが、ここに挙げた作品はギターの素晴らしさは
勿論のこと、プラス楽曲の素晴らしさも文句なしの名作達です。

どなた様も安心して聴ける作品だと思いますし、やっぱり
今後も長い付き合いができるであろう、本当の傑作ですね!

はい。



その一での記事はこちら







スポンサーサイト

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お陰様で、その1とその2のCDは全部持っている事とあいなりましたwww
もう、自分からも絶対買えって言いたくなる名盤ばかりですね!

しかしSpanking hour・・・ホントに安く買えないですね。
こういう状況見ると、MOVEでもイイよって言いたくなってしまいますw
MOVEも高い場合が多いですがwww

メロディックHR好きならリヴォルブとレストレイション。
メタラーならエンドゲームとパラダイス・ロスト。
変態にはスパンキング・アワーとフィール・ザ・スティール。あっスティールパンサーはメロハーか

もう四の五の言わず、とりあえず聴け!と自分からも言い切りたいです!キラ~ん!

koumeiさん

koumeiさん、こんばんは!

うお!その一とその二で取りあげた6枚すべてをお持ちですね!
素晴らしいですねぇ、私としてもこれらの作品の良さを他の方とも
共有できるというのはまことに嬉しい限りです!

しかしなぜフリーク・キッチンは入手困難だったり高値だったりと
するんでしょうかねぇ。やはりあまり流通していないせいもあるの
かな?マティアス自体は非常に有名人となってしまったわけですが、
バンドの人気は未だに今一つ伸び悩んでいるような気がしますね。
今作とか聴けば一発で気に入ると思うんですがね。それかMOVE、
なんなら私は1stでも良いと思っていますが。

もう私の言いたいことはkoumei殿が全部言ってくれましたが、
ホント仰る通りでありまして、とりあえずなんの先入観も持たずに
聴いてみて!って作品ばかりなんですよね。私も自信を持って
オススメできる作品たちですね。この6枚だけで私の場合一年
くらいは余裕でローテーションできますよ。

フリークキッチンて。

牛さんジャケットのせいでUKあたりのオサレロックかと思ってましたけど、
まっちゅさんが取り上げるってぇ事はメタルですか?
ちょっと気になるんですけど どの盤も手に入れにくいみたいですね。
アマゾンの入荷待ちはキャンセルが嫌なんで、タワーで探してみます。

heyzoさん

heyzoさん、こんばんは!

ジャケの牛さんはThe Bizarre Cowsと呼ばれているみたいですね。
意味はまったく分からないのですが・・・。

一応フリーク・キッチンはメタルに分類されると思いますが、
オサレな一面もそこかしこにありますよ。ボサノバの雰囲気を
醸し出すような楽曲もありますし、他にもいろんな音楽の要素が
ちょろちょろと入ってますので、なんとも形容しがたい音楽性
なんです。ただメロディはとてもポップでキャッチーですね。
そしてリズム感と超絶テクがもう天才的です。

マティアス自体はとても有名ですが、アルバムの売れ行きはどうも
パッとしないみたいなんで、買ってやってください。とても良い
作品だと思いますので。

チェックしてる だけで、購入はしてない・・・(汗)

サンプル音源を聴いただけでは、満足できてないんですよ、ですから、

「いずれは」
買う ・・・・・・とは思っているのですが・・・

(ちなみに、本日? 18日には FAIR WARNING の SHM-CD が我が家に届き、また明日には 某スラッシュバンドの“一応、俺にとっては”初音源となるCDが届く予定でもあり、更にオマケに、「アンヴィル! ~夢を諦めない男達」DVDも既に予約済みだったり ・・・と、結局の所(以前からチェックしてるにも拘らず)購入の目処が立ってないという有様で・・・(爆死)
買いたいと思ってる気持ちだけではダメだと解ってはいるのですがね~・・・(大量汗)

 ・・・・・・・・・ああ、考えてみれば、こんな事は自分のブログの方で発言しとくべきなのかもと思ったりもして(どうしようも無い~~~・・・。。。)



失礼しました。

Knacker-Mollyさん

Knacker-Mollyさん、こんばんは!

私もそうですよ。サンプル音源だけでは飽き足らずレコード屋に
ダッシュしますからね。ただ相変わらず今年はあのオーバーキル
以来未だに購入はしていません。もちろん試聴だけでしたらいたる
所でしていますが。

フェア・ウォーニングもSHM-CD化ですかぁ。まさかそれに伴い
買い替えですかね?そりゃさすがにないかなw
そう言えばアンヴィルのDVDがレンタルでも出ていましたね。
週末にでも見ようかなぁ。こちらもご購入ですか、凄いですねw

まぁ資金に余裕のある時とか、何か欲しいけど何買おうかなぁ~
みたいなときは私の紹介した作品でも買ってみて下さいよ。
後悔はさせないつもりです。

No title

こんばんは。
『リヴォルヴ』と『レストレイション』はこちらのレビューを見て購入しました。
どちらもアルバム価格を遥かに超える素晴らしい楽曲でしたね。
今後も長いスパンでローテーションできる秀作。
こんなにカッコイイギターが聴けたのは久しぶりなのでとても嬉しく思います。
メタラーまっちゅプレゼンツ『義務教育』に感謝です<(_ _)>

ロックギターにおける音楽理論と演奏技術が見事に融合した
スヴェン・ラーションの「究極形インプロリード」もすーんごいんですが、
ロバート・マルセロの「空間形構築美リード」もカッコいいですねぇ~。
マルセロのプレイはすっかり気にいってしまいましたw
彼の次の参加作品は絶対チェックしときますね。

えっ!? マティアスはどうなのかって??
こんなにド変態で超バカテクですから、オンタイムでノックアウトされてます(笑)

「リモコン技」?・・・そりゃぁ、もちろん!マネしてみましたよwww

はちべえ@さん

はちべえ@さん、こんばんは!

お買上げまことにありがとうございます!売り上げが私の利益になる
ことは一切ないわけですが、音楽で他の方とも同じ感動を共有できる
ことこそが私にとっての幸せでもあり今後の活力にもなります。

リヴォルヴもレストレイションも楽曲的には万人ウケする佳曲が
ずらりですね!ギターに関してはマルセロにしろスヴェン・ラーションに
しろ少し玄人向けかもしれませんが、ギターのテクニック云々が分からない
という方にもメロディで訴えるものが両者にはありますよね。

まぁこの辺はやっぱり義務教育でしょう!ギタリストの方には特に聴いてもらい
たいですね!やんちゃなギターもいいんですけどね。テクニックだけ
ではプロとしては微妙ですね。私は音楽学校出なのでテクだけは凄い人と
いうのは今までに何人でも見てきています。だいたいそういう人に限って
理論はとんちんかんだし、ヴィブラートが下手くそだったり、TAB譜しか
読めなかったりと中途半端だったりすることが多かった気がします。
そういった方にも大いに参考になるプレイですよね、両者の名演は。

はちべえ@さんの仰る通り、マルセロのプレイは恐らく構築されたもの
でしょう、あまり即興的な感じはしませんね。しかしながらメロディセンス
は抜群だし、ピッキングの正確さやヴィブラートの巧さは若手の中では
ガス・Gと並ぶ名手だと思いますね。対してスヴェン・ラーションはもう
天才ですね。あれだけのメロディが泉のように湧き出てくるんでしょう
からね。さらにそれを一瞬のうちに奏でるんですから、もはや凡人には
理解できない世界ですね。このレベルは練習すればなれるってものじゃ
ないような気すらします。もう天性の才かと・・・。

あ、それからマティアスこちらはもう天性の才としか言いようがない
ですねw完全なるニュータイプですね。この枯渇したギター界にまだ
こんなに異彩を放つ変人がいたのかとw

リモコンは私もやってみましたwそれからホースクリップ奏法こちらは
その辺の指輪なんかでも代用できますね。マティアスはこの辺のわけの
わからんテクニックもしっかり生でも再現できますからね。本物の
変態かと。そして異常なリズム感の良さとメロディセンスの良さこそ
このマティアスの真骨頂かと思います。
プロフィール

メタラーまっちゅ

Author:メタラーまっちゅ
音楽学校卒業後、
ギターインストラクターと
なるものの、現在ではしがない
サラリーマン・・・orz
しかしながらギターに対する愛は昔も今も変わらず!


まずは自己紹介に【HR/HM好きの方へ100の質問】こちら

【性別】
  ♂
【Guitar】
Fender 
Ibanez
musicman
Gibson
Martin
Jose Ramirez
他、10本以上所有 
【愛車】
LEXUS GS350
【趣味】
GRANDTOURING
音楽鑑賞(CD1,000枚以上所有)
ビリヤード(たまにマスワリ)

小生、20年のキャリアを積んだギタリストです。その為、ギタープレイに関しての話題が多くなりますが、ご勘弁を・・・
各アルバムや曲の、演奏面を中心にレビューをしていきます。あくまでも私の主観によるレビューでありますので、ご了承下さいませ。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
yahoo!ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
Amazon
ブロとも一覧

翁のブログ。

テイルピースの気ままな写真とギターのブログ

シンプルに・・・ギターブログ(Guitar Blog)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
PING送信プラス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。