スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第75回【KAMELOT/EPICA】10/4/29

本日紹介する作品は、2003年発表の
KAMELOTのアルバムです。


今回は正直このバンドに関してはあまり詳しくないので
ちょっと適当ぎみに書くことにします。

ってことで、いきなり無知をさらすのですが、なんでも今作は
コンセプトアルバムだったそうで、次作との前後2部作のようです。
次作、ザ・ブラック・ヘイローも持っているのですが、この
レビューを書くまでそんな関連性を持っている作品とはつゆ
知らず・・・。一応購入時にはライナーも一通り読んだはずなの
ですが、私の脳みそはこの辺のことにはどうも関心がなかった
ようで記憶することを拒絶してしまったようです。

と、この程度の見識でレビューしま~す。



エピカエピカ
(2003/02/19)
キャメロット

商品詳細を見る

『エピカ』

CD (2003/2/19)
ディスク枚数: 1
レーベル: ポニーキャニオン
収録時間: 56 分


収録曲

1. プロローグ
2. センター・オブ・ザ・ユニヴァース
3. フェアウェル
4. オーピエイト・ソウル
5. エッジ・オブ・パラダイス
6. ワンダー
7. オーメン
8. ディセント・オブ・ジ・アークエンジェル
9. アット・ザ・バンケット
10. フィースト・フォー・ザ・ヴェイン
11. オン・ザ・コールデスト・ウィンター・ナイト
12. ロスト&ダムド
13. ヘレナズ・テーマ
14. ドーン
15. ザ・モーニング・アフター
16. ウェイズ・トゥ・エピカ
17. ライク・ザ・シャドウズ





このバンドの特徴としては、まずはやはり非常に格調高く、
美しく洗練された上質なメロディック・パワー・メタルであると
言えると思います。アルバム全編で美しくもシンフォニックな
楽曲が並んでいますね。とてもお上品な感じ。

そんな中、私が非常に耳を惹かれるのは、メタル界でも非常に
定評がありますが、やはりバンドのフロントマンである、
ロイ・カーンの歌声です。線はかなり細いほうだと思うのですが、
とにかくその美麗で透き通るような歌声はまるで子守唄を聴か
されているような天にも昇るかのような優しさを感じさせます。
非常に丁寧に美しく歌い上げています。

ただし、反面パワー不足は否めませんし、私的には少々抑揚も
足りないかなぁ~なんて思わなくもないですね。

ただこのへヴィメタル界にはあまり居なかったタイプのシンガー
なんじゃないかと思います。ホント、カーンの歌声を初めて
聴いた時はうっとりとしてしまい、あ~これ聴きながらふかふかの
お布団で眠りたいと思ったほどです。

上品な歌には、当然安定感抜群のバックがついており、安心して
聴けるどっしりと安定した演奏となっています。
とても上手いです。


と、まぁここまではこのバンドの良い点をできる限り挙げてき
ましたが、ここからは私が印象を持ったマイナス点もきっちりと
挙げさせてもらおうかと思う。相手はプロですからね、私は
お金を払って今作を手にしたのです。大いに語らせてもらおうか・・・。


なにが一番に気に食わないかって、そりゃあ、このギターに
決まってる。

ド畜生が!!(゜Д゜) ゴルァ!!

このバンドでは毎度のことなのだが、このトーマス・ヤングブラッド
という男、リードを弾かない・・・。

最初バッキングを聴いた時はこれはリードもなかなか期待でき
るかぁ~なんて思ったものだが、なんのことはない、弾かない・・・。

大事なことなのでもう一度言っておく・・・弾かない。

いや、正確にいうと少しは弾いてはいるのだが、こんなもの
弾いているとは言わせない。この手のメロディック・パワー・
メタル的な音楽性ではギターソロにせよ、鍵盤ソロにせよ、別に
バイオリンでも構わない、この手のリードタイムというのは
楽曲の一つの聴きどころであり、本来バンドの売りとするべき
ポイントでもあると私は思う。そして聴き手はもちろんそれを
期待し、(特に私は激しく!!)金を叩いて購入するわけであり、
そういう意味ではマジで半端なく聴き手を裏切ったバンドだと
思っている。

少なくとも私は返金を求めたいくらい裏切られた。

オーディンを召喚したら、斬鉄剣じゃなくてグングニルだったとき
くらい裏切られた・・・。(裏切りに大して私が良く使う表現)

しかしながらトーマス・ヤングブラッドはどうもバンドの
コンポーザーとしての役割も担っているようで、このバンドと
しては必要不可欠な人材のようである。この辺はかなりのセンスを
持ち合わせていると思うので、この男が実はギターテクニックを
持っているのであれば、それはそれはメロディックなリードが
聴けると思う。

と言う事で恐らくはメロディセンスは非凡なものを持ち合わせて
いるものの、恐らくテクニックがお粗末ゆえにソロを控えている
ような気がしてならない。実際にちょこっとだけ弾いているリックを
聴いてみても大した上手さは感じられない。聴き苦しいリード
プレイを無理矢理聴かされるよりはよっぽどマシなのだが、何度も
言うがこの手の音楽性にはリードプレイは必要不可欠。

なにが言いたいかと言うと、

なぜ、しっかりと弾けるリードギタリストを入れないのですか?
それかギターが駄目なら、なぜもっとKeyに弾かせないのですか?

ってことなんです。弾けないなら作曲とバッキングに専念すれば
いいじゃないですかぁ。もしこのプレイに自己満足を覚えている
ようならはっきり言ってプロ失格。こんなのプロのプレイではない。

仮にこのバンドにガス・Gやらステファン・フォルテのような
ギタリストがリードプレイをしていたなら、このバンドは
とんでもなく化けると思う。今のままでも高い評価をされている
ようだが、私はこんなものに納得しない。いやマジで金返せ!
戻ってきた金でビータリカの2nd買ってやるからな!知ってるか
Burrn!での点数、30点台だからな!畜生!!!

なんだかんだ言いつつもカーマから現最新作のゴースト・オペラ
まで買ってしまった私も呆れるくらいのアホなのですが、バンドが
この形態で続けていくならもう私はこのバンドの作品は二度と買う
事はない。



・・・え~おっほん、口調を整えまして。上品に上品に。


いきなり多重人格者のような取り乱しぶりで、声を荒げてしまい
ましたが、このバンド楽曲はとても良いのです。洗練された楽曲
づくりがされているとホントに思いますし、悪くないです。
それだけにこのギターには落胆してしまうのです。ただ世間では
非常に人気の高いバンドではありますし、またまた例の如く私の
求めるものが大きすぎるだけなのかも知れませんがね・・・。

次回作では一体この辺がどうなるのか、改善されるのか、
はたまた私の見解はガン無視されるのか・・・。

改善されないのでしたら、私は全力でスルーを決め込みます!
(キリッ!


と言うわけで今作への評価ですが、

79点です!

楽曲が悪いわけじゃないし、むしろその辺りはレベルが高い
作品ですからね。一応これくらいはつけときます。




一方BURRN!誌の方ですが、
3名のライターさんによるレビューですね。


伊藤氏・・・87点
藤木氏・・・91点
幅氏・・・・86点



まぁ、予想通りですね。高得点ばかりでした。楽曲の完成度は
かなり高いですからねぇ。私の評価は激辛のようです・・・


皆さまはアバターは観られましたでしょうか?
巷の評価はいかほどなのでしょうか?

IMG_0401.jpg
たった今、DVDを観終えたのですが私はとても素晴らしい作品だと思います!
胸が熱くなりました。これは映画館の3Dで観たかったです。





スポンサーサイト

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。

このバンドのことはよく知りませんでした。

楽曲の完成度とギタープレイのアンバンランスさ、
ここまで正反対のレビューを読むと、
逆に聴きたくなっちゃいますね。

No title

私のブログでのコメントを読んでみて、このバンドのGuに関する不満があることは分かっていましたが
なかなか厳しかったようですね。
しかし、仰ることは分かります。
HR/HMであれば、メインのメロディを弾く立場であるGuかKeyが弾く
フレーズとしてはちょっとあっさりしすぎなんですよね。
あと自分が演奏する楽器に関しては、厳しくなるのも分かります。

私もどのバンドのどのアルバムかは言いませんが、Baが下手糞なためにちょっと低い点数を付けたアルバムもありますから。
そして、それがHR/HMの中ではVoの次に、いや時にはVoよりも
重要なパートになるGuであればなおのことですよね。

しかし、このバンドはおそらく今後はもっとゴシックっぽい方向に行きそうですから、
ちゃんとしたリードを弾いてくれるか期待しても、少し難しそうですね。
彼らには曲のアレンジとロイ頼りのバンド、というイメージには甘んじて欲しくは無いですけどね。

>オーディンを召喚したら、斬鉄剣じゃなくてグングニルだったとき
くらい裏切られた・・・。

分かりやすい喩えですね(笑)。
そういう時って、大抵モンスターの殆どに大してダメージを与えられず
元気だったりしますから・・・(笑)。

No title

>>オーディンを召喚したら、斬鉄剣じゃなくてグングニルだったとき
>>くらい裏切られた・・・。(裏切りに大して私が良く使う表現)

うけました(爆)お元気そうで何よりですw

私の趣向を知っている人に進められた事がありますが
ボーカルに私の好きなねっとりしたパワーがないのでイマイチ惹かれませんでした。(綺麗過ぎ?)それにリードがないのは自分の中ではかなり致命的なので友人間ではかなり評判が良かったですがスルーさせてもらってました。
自分は本当はキーボードなしでキラキラギターが好きなので、そこもまた私のツボにはまらなかったのだとは思いますが・・。
でもあの何だか綺麗にまとまった感が気になる所ではあります。
女子の間ではかなり評判が良いですよ。

No title

こんにちは。
メタラーまっちゅさんのようにギターを重視される方にとってKAMELOTはもどかしいバンドのようですねー。そういえば彼らの2枚組ライブ盤でもキーボードソロとドラムソロはあるのにギターソロは入ってませんでしたね。確かにこのバンドにガス Gやステファン・フォルテが入ったらすんごいことになりそうです。
トーマス以外のギタリストが加入することはなんとなくなさそうな気がするので、前作から加入したキーボードプレイヤーのオリヴァーにバリバリ弾きまくって欲しいところです。GHOST OPERAの9曲目なんかは今までのKAMELOTにないほど派手なキーボードソロもあったので・・・。

naokichimanさん

naokichimanさん、こんばんは!

だいたい2000年くらいからだと思いますが、徐々に勢力を
伸ばしつつあるバンドでして、日本での人気もかなり高い
バンドなんです。

ボーカルのカーンは本文でも書きましたが、非常に美しい
歌声であり歌をメインに聴かれる方にはとても良いバンド
だと思います。楽曲も良く練り込まれていますので、人気が
高いのも良く分かるのですが、反面私のように演奏技術にも
うるさい人間にはかなり物足りないですねぇ。

コーラスパートやソロパートと言うのは、この手の音楽性では
楽曲の大きな聴きどころだと思いますので、そこが弱いという
のは私にはとてもストレスなんです。

せっかく良くできた楽曲なのに結局最後まで今一つ盛り上が
らないなぁ~・・・って曲の連続ですね。ホント惜しいバンド
だと思います。

メタリストさん

メタリストさん、こんばんは!

う~ん、ちょっとトーマス君には厳しい評価をせざるを得ませ
んね~。こんなに良い楽曲を書けるだけにとてももったいない
です、このバンド。ホント楽曲作りと伴奏に徹するべきなんじゃ
ないでしょうか、彼は。やはりこの手の音楽性のバンドは歌と
楽曲の良さだけではなかなか満足できませんねぇ。ソロパートで
さらに楽曲を盛り上げそしてエンディングへという流れがやはり
欲しいですね。このバンドには巧いギタリストが居ればそれが
できるバンドだと思うのですが、残念ながらアルバム全編が
それとは間逆な感じの出来なんでとても消化不良です。

それからやっぱり私はギターに関してはちょっと人一倍うるさい
ですから、キャメロットみたいなバンドはここぞとばかりに
叩く対象となってしまいました。まぁバンドと言うよりやっぱり
リードギターですね、伴奏はとても安定した巧さですからね。

>このバンドはおそらく今後はもっとゴシックっぽい方向に行きそうですから

そうなんですよね、アルバムごとに徐々にそちらの方向へと
ベクトルが向いてきていますね。次作がどんな作品になるのか
非常に気になるところですが、とりあえずスルーして様子見と
なるかと思います。しかしバンド自体はとても良いバンドなんで
なんとかトーマス君に奮起してもらいたいもんです。私的な
起死回生の一発をお願いしたいですね。

オーディンと言えば、私はベヒーモスのあまりの強さにかなわず
斬鉄剣一発で勝負をつけようと召喚することが多かったのですが、
そんなときに限ってグングニルが発動してしまい、おまけに
カウンターの逆襲メテオまで喰い逆にボッコボコにされた
思い出がもの凄くトラウマになっています(苦笑)

callitameさん

callitameさん、こんばんは!

アホなこと言う元気だけはなぜか残っていますよ(`・ω・´)

カーンの歌声は本当に上品ですよねぇ。しかしながら本文にも書きましたが、
反面パワー不足だと思いますし、抑揚が足りないような気がしてなりません。
ただあまりこういうタイプの歌い手っていなかったと思うんですよね、
このメタル界には。

女性ウケが良いのも納得できます。とても洗練された上品な音楽性
ですからね、しかしながらやっぱり私も同じくギターの歌わないバンドは
どうしても好きになれないですね。

思い切ってリード専任のギタリストを入れるべきだとおもいます。

よしよさん

よしよさん、こんばんは!

そうなんですよぉ、と~てももどかしいしストレスです。
よしよさんはライブ盤もお持ちなんですね、そんなものが存在していることは
知りませんでしたが、鍵盤ソロとドラムソロがあってギターソロがない
バンドなんて初めて聞きましたよw やはり弾けないんでしょうね、この人・・・

リードギタリストにステファン・フォルテを激しく希望なんですが、まぁ
あり得ないでしょうからね、現実的に。これは鍵盤にがんばってもらう
しかないですね。と言う事でよしよさんの仰る9曲目を聴き返してみたの
ですが、あれ?こんな良い曲あったのか・・・って感じでした。

やっぱり楽曲作りは素直に素晴らしいバンドだと思いますね、ホント惜しいです。

あはは~♪

どもです~♪

記事を読んでましたが、まさかの79点(読む限り14点くらいかな~・・と)
それにしてもまっちゅさん・・・
毒舌っぷりはアレですね~(ノ´д`ノ

killerfさん

killerfさん、こんばんは!

え~と、このバンドにはマジでイラついています。はい。
しかしですよ!とても残念なことに楽曲は素晴らしいです。はい。( `д´) ケッ!

だから余計にストレスなんですよねぇ~これで楽曲も糞だったら
せいせい14点( ・∀・)キッパリと付けれるんですがね。

やっぱり毒舌ですかねぇ、一応音楽レビューなんで思ったことをはっきりと
書いているまでなんですが・・・ブログ界の酒井康目指してがんばりまつ。

No title

このバンド、昔から気になってはいましたが、聴かずじまいだったんです。
このレビューを読んでしまったので、
コレはもう聴かずじまいのままスルーすることにしますww

>メロディック・パワー・メタル的な音楽性では
リードタイムというのは楽曲の一つの聴きどころであり、
聴き手はそれを期待し金を叩いて購入するわけであり・・・

まさに、そこですよ!リードプレイの入って無い秀曲は拷問ですから(笑)
これはもう、ギター弾きの傲慢な感覚なのかもしれませんが・・・
こんなにカッコイイ曲なのにソロが・・・
「ずっと寸止めされてるような消化不良感」が・・・
そんなバンドが結構ありましたね(-_-;)

あっ!でも14点はちょっと可哀そうかなwww

No title

このバンドはKarmaしかもってないのでアレですがw
確かに他のメロパワ系バンドより結構ソロはシンプルですよね~
でもこのバンド、何気にヨーロッパでなくアメリカ出身なんですねww
何か、国柄という土台の違いが本能的に曲作りに影響が出まくってるかも知れないとか思ったりw

自分はどっちかと言うと好きですね♪この前までちゃんと聴いてなかったですが
この記事観て、聴き直してましたwww
まっちゅさんと同じく、このアルバムと同じか分からないですが
Karmaも美しい『楽曲』が多いと感じます♪
Karmaはギターソロは『それなり』に入ってますが、エピカには『ない』のですね!!(;゚∀゚)わっしょーい
でも、今までメロパワ自体はあまり好んでは聴いてないのですが
逆に楽曲が素晴らしいという意見聞いたらもうちょっと聴きたくなりましたよ!w

酒井康wwあの人は激辛って言うよりほとんど主観でしか語れない人ですからねwww
でもまっちゅさんの、コレは間違いない!って思って丁重に辛辣な?意見の記事、
自分はそういう記事は面白くて参考になりますよ!

でも最近のCDはしっかり斬鉄剣ばかり引いてる様ですよね♪(*゚ー゚)

はちべえ@さん

はちべえ@さん、こんにちは!

恐らくはちべえ@さんは私と同じ趣向だと思っていますので、スルーで
よろしいかと思います。お金をはたくにはちょっと検討の余地がかなり
ありますね。

ただ一応彼らの名誉のために一言付け加えておきますが、楽曲の
クオリティはかなり高いですよ。それからボーカル、伴奏の巧さも
かなりのものです。

しかし!
それだけでは我々は満たされないんですよねぇ~仰る通り楽曲が
なんぼ良くてもソロでの盛り上がりがないとどうしてもこの手の音楽性は
消化不良に陥りやすいですね。私も彼らを聴いているとモンモンとした
気分になってくるんです。

現実的にはあり得ないと思いますが、誰か凄腕のギタリストが加入すれば
ホントに凄いバンドになると思うのですが・・・。次作はスルーすると
思いますが、心の奥底ではほんのちょっぴりですが、期待もしていたり
します。

koumeiさん

koumeiさん、こんにちは!

おやっ!Karmaはお持ちでしたかぁ、しかしその一枚しか買われなかった
と言うのはやっぱり何か魅力に乏しいと感じられたからなんじゃないですかねぇw
そういえば彼らはアメリカのバンドでしたね、これは結構意外ですよね。

え~私もですねぇ、楽曲は悪くないと思っているんですよぉ。と言うか
むしろ楽曲自体は素晴らしいんではないかと・・・。ただですね、
あのギタリストですよ、やっぱり・・・。私にはとても物足りないですね。
ほとんど弾かない上にちょっと弾いてみてもやっぱり大したことないんで・・・
この際この男にはバッキングと楽曲作りに徹してもらってリードギタリストを
加入させてもらいたいです。ただ繰り返しになりますが、コンポーザーとしての
仕事振りは評価せざるを得ませんね。

え~と、今後もこういったバンドには『辛辣』にビシビシと行きますよw
一応は音楽レビューなんで良いものは良い、悪いものは悪いではっきりと
しておかないとなんの参考にもならないと思いますので・・・。
ただできるだけ悪いレビューと言うのはしたくはないもんですね。
皆さまにオススメできるものをなるべくレビューしていきたいですね!

おかげさまでホント最近は斬鉄剣の連続でございます!しかし今年
買ったのはまだオーバーキル一枚だけなんです。今年はどうも食指が
伸びない作品ばかりですねぇ。

こんばんは~。

あらー、トーマス・ヤングブラッドってそんなに、、、な人だったんですか~。
言われてみれば、たしかにバリバリと一人弾きまくるギターではないと思っていましたが、ギタリスト目線でいうと「弾いていない」に該当してしまうんですね。。
まっちゅさんも記事中仰っているように楽曲的には素晴らしいモノがありますよね~(´∀`) この辺りのアルバムまではw
コンポーザーとしての才能があり、バンドの中心人物!だけどプレイは出来ない。。
これは正直バンドとしてなかなか期待できない存在となってしまうのも仕方ないと思いますね。
僕個人的には、最近は楽曲の方も怪しくなってきたので次作あたりはガツンとメタル路線に戻ってきてほしいと願っています。ってたしか今年中に出るんでしたよね。

さすが、ギターをメインに聴く人だ!!!

本当に、ギターを主軸に捉えて場合の評価については、厳しい というか、一過言持っておられますね。私には理解の及ばない高みに・・・


今回のレヴュー記事を見て私が思った事:

1.ここで、ビータリカを引き合いに出すのか~www
2.作曲、プレイ、立ち位置(演奏的な意味で)、演奏技術 という点では、比較対象に アクセル・レディ・ペル や、Y.マルムスティーン 、マイケル・アンジェロ 、 アンガス・ヤング らを引き合いに出して語ってみると、色々面白い事が更に言える(分かる)かも?
(例えば、トーマス・ヤングブラッド と、前に挙げた3人とを足して4で割ったくらいのバランスを持った ギタリスト/コンポーザー が居たとすれば、どうなんだろう? 多分一番良さげで危なげ無さそうで、堅実・インテンシヴ・且つスリリングなプレイが期待出来そうとかw)
3.曲全体がまとまっとんのなら、それでええねん。(スイマセン、自分の意見を自ブログ外の場所で出してしまって)
4.グングニル が発動するのは、即死攻撃(魔法・デス)の効かない、抗即死属性を持つような連中ばかりですからね~、そんな思いっきりアンデッド系属性なんて持ったモンスターがちょくちょく出てくること事体で、既にあのゲームはバランスがおかしくなってると思うんですけど・・・(途中で止めたくせによく覚えてるな~、俺w/苦笑)

で、最後に 5. 「このアルバムは、まだ持ってねえ・・・・・・!!!」

失礼しました。

たけちよさん

たけちよさん、こんばんは!

う~ん、トーマス君ですがやっぱりこの手の音楽性ではちょっと
力量不足と言わざるを得ないですかね~

センター・オブ・ザ・ユニヴァースなんかは楽曲は非常にカッコいいですよねぇ。
こういう楽曲は特にギターなり鍵盤なりのリードプレイで楽曲を盛り上げ
エンディングへ向かうと言うのがやはり王道だと思いますし、当然
私はそれを期待していますので、このバンドにはとてももどかしい
思いをしていますね。

ただ楽曲づくりはとても非凡なセンスが感じられますよね。この辺は
すごくレベルの高いバンドだと反面、評価できますね。

>最近は楽曲の方も怪しくなってきたので次作あたりはガツンとメタル
路線に戻ってきてほしい

実は彼らの作品の中でも一番苦手なのが、ゴースト・オペラなんです。
私もその楽曲づくりもが近年は怪しくなってきたと感じてきていまして、
ちょっと凝りすぎているような気がしなくもないです。

やはりこのバンドは専任のリードギタリストを加入させて、トーマス君には
バッキングと楽曲作りに尽力させることが一番良いと思うんですよねぇ。
このままで終わるにはもったいないバンドだと思います。まぁ現実的には
こんなことはあり得ないでしょうが、リードギタリストが加入すれば、
劇的な効果がこのバンドにはもたらされるのではないかと思います。

もうじき新作が発表されるようですね、まぁとりあえずはスルーすることは
確実ですね。もちろんこのバンドの進化は気になるところなんで、試聴は
して出来栄えを確かめたいですね。

Knacker-Mollyさん

Knacker-Mollyさん、こんばんは!

長年ギターを弾いてきてもいますし、勉強をしていますので、やっぱり
そのこだわりは人一番強いんですよね。もう病気ですね・・・

ビータリカの2ndは悩んだ挙句スルーした作品なんで、こんな中途半端な
駄作を買うくらいなら、糞盤を買った方がネタになって良かったです。

アクセル・ルディ・ペルってまたとんでもないマニアックなギタリストの名がw
この人はトーマスタイプのギタリストですね。それにインギーとマイケル先生が
加わることで・・・。うん、案外いい案配かもしれませんねw

うん、楽曲は良くできていますよ!コンポーザーとしての才能はなかなかの
ものですよ!

グングニルはやっぱりベヒーモスが忘れられませんね。勝負にケリを
つけられなかった上に、逆襲のカウンターメテオ付きですからね。
何度ラスボス手前でこいつに全滅させられたことか・・・

あらぁ、お持ちじゃなかったですかぁ~
う~ん私の口からはオススメできませんねぇ・・・。

こんばんは。

昨日、アバター見ましたよ。
エイリアン2の要素がテンコ盛りで楽しめました。
シガニー・ウィーバーがパワー・ローダーに乗らなかったのが残念。

ストーリーはC級、という噂を聞いていたんですが
そんな事も無かったですね。

heyzoさん

heyzoさん、こんばんは!

おぉ!観ましたかぁ。

>シガニー・ウィーバーがパワー・ローダーに乗らなかったのが残念

あぁ~そう言えばそんなシーンがありましたねぇ。エイリアンは子供の頃に
観て以来なのですっかり忘れていました。
アバターと同じくキャメロン監督の名作ですね。エイリアン2はビショップが
ちょん切れちゃうシーンがあまりに衝撃でそのシーンばかり覚えてますわ。

ストーリーはまぁC級と言うか、とても単純で簡単な話ですからね。
物語も序盤からすでにラストの予測が付きますしw
こういう単純なストーリーがダメな人はサスペンスでも観ていた方が
良いと思います。私は2時間半ダレずに楽しめましたね。
プロフィール

メタラーまっちゅ

Author:メタラーまっちゅ
音楽学校卒業後、
ギターインストラクターと
なるものの、現在ではしがない
サラリーマン・・・orz
しかしながらギターに対する愛は昔も今も変わらず!


まずは自己紹介に【HR/HM好きの方へ100の質問】こちら

【性別】
  ♂
【Guitar】
Fender 
Ibanez
musicman
Gibson
Martin
Jose Ramirez
他、10本以上所有 
【愛車】
LEXUS GS350
【趣味】
GRANDTOURING
音楽鑑賞(CD1,000枚以上所有)
ビリヤード(たまにマスワリ)

小生、20年のキャリアを積んだギタリストです。その為、ギタープレイに関しての話題が多くなりますが、ご勘弁を・・・
各アルバムや曲の、演奏面を中心にレビューをしていきます。あくまでも私の主観によるレビューでありますので、ご了承下さいませ。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
yahoo!ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
Amazon
ブロとも一覧

翁のブログ。

テイルピースの気ままな写真とギターのブログ

シンプルに・・・ギターブログ(Guitar Blog)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
PING送信プラス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。