スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第78回【ADAGIO/UNDERWORLD】10/5/24

本日紹介する作品は、2003年発表のアダージョの
2ndアルバムでございます。

フランスからこれまたとんでもなくすごいバンドの登場で
あります。

何がそんなにすごいかって、やはりバンドの中心人物であります
ステファン・フォルテ。彗星のごとく現れた天才音楽家のギター
から奏でられるメロディはとてもニューフェイスとは思えぬ珠玉の
プレイの連続!これは圧巻!そしてなんとも鮮烈!

ヤングギターの平井氏はこのステファンの登場をキコ・ルーレイロ
以来の衝撃だったと発言しています。私もまったくの同様でキコ
そしてガス・Gがデビューした時と同じような衝撃を受けました。
デビュー二作目にして、とても新人とは思えぬ凄まじいギター
プレイにまさしく天才的で芸術的な楽曲づくり。

う~む、これはまたとんでもない音楽家の誕生であります。

ちなみにアダージョとは音楽用語で『ゆるやかに』を表す速度
記号です。うむ、西洋音楽用語をバンド名に付けるだけのことは
あるとても格調高く幻想的な音楽性です。



アンダーワールドアンダーワールド
(2003/07/23)
アダージョ

商品詳細を見る

『アンダーワールド』

CD (2003/7/23)
オリジナル盤発売日: 2003/9/30
ディスク枚数: 1
レーベル: マーキー・インコーポレイティド
収録時間: 70 分


収録曲

1. ネクスト・プロファンディス
2. イントロイタス/ソルヴェット・サエカルム・イン・ファディラ
3. チョーズン
4. フロム・マイ・スリープ・トゥ・サムワン・エルス
5. アンダーワールド
6. プロミシズ
7. ザ・ミラー・ステージ
8. ニヴルヘイム
9. ミサ・エテルナ




まぁ格調高く幻想的な音楽性と前述しましたが、その音楽性は
実に形容しがたいもので、唯一無二の音楽性と言ってしまっても
良いかと思います。西洋音楽とプログレの融合、さらには
日本的な和声や音感も感じられなくもないです。その他にも
色々な音楽性の片鱗が伺えまして、実に多様な音楽性と言えます。
とにかく独特の世界観。

と言うのもこのステファン・フォルテ、その音楽性が表す通り
非常に多くの音楽を学んできているようでありまして、その
ギターワークは実に多彩。音楽理論に関しても相当な筋金入り
と言うのも、今作でのギターアプローチを聴けば良く分かります。
ジャズ、クラシック、日本音楽、フラメンコ、フュージョン系と
あらゆる音楽理論についてかなり深く勉強しているのではないかと
思われます。

私が聴いた限りではイングヴェイやマーティ・フリードマン、
キコ・ルーレイロ、スティーブ・ヴァイなどのエッセンスも
感じられ、実に多くの音楽を消化してきており、しかも誰かの
フォロワーとは言えない独自の音楽法でそれらの音楽性を追求
してきており自らのスタイルに見事に昇華させていると思います。

前述した平井氏のキコ・ルーレイロ以来の衝撃と言う言葉には
ステファンのこの多彩な音楽性と卓越した技術が、90年代の
キコの登場を思い起こさせたのではないかと思います。

そのステファンのギタープレイについてですが、最早このレベル
のギタリストは弾けるのは当たり前ですね。恐らくどんな難解な
楽譜を渡してもほぼその場で弾いてしまうと思います。
フルピッキング、スウィープ、エコノミー、レガート、弦飛び、
タッピングとなんでもござれでございます。まさに指板上を
縦横無尽です。ピッキングの精度の高さももちろんいわずもがな。
ちなみにステファンは7弦ギター使いです。

と、そんなテクニック云々より特筆すべきは、やはりその多彩な
アプローチ、フレージングでしょう。ステファンはリズムを複雑に
することで音楽性に幅を持たせるタイプではありませんし、超絶
技巧の雨あられで圧倒してくるタイプでもないです。あくまで
メロディを第一にこだわったプレイなのです。リズム遊びや
超絶技巧もたくさん聴かれるのですが、それはあくまでメロディを
活かすための一つの手段としてのものであり、ステファンのプレイ
からはメロディの質を主軸に置いたものであることが良く分かり
ます。

私が近年のギタリストでガス・Gやステファン・フォルテ、ニルス・
ノーベリ、ロバート・マルセロを支持するのにはしっかりとした
技巧を持ち合わせながらも、このメロティを最優先する音楽家と
しての本質や非常に高い音楽理論を学びそれを唯一無二の自身の
プレイスタイルへと昇華させているからなのです。(もちろん上記
四者以外にも他方面で評価すべきギタリストはたくさんいます
けど・・・)

と言うわけでこのステファン・フォルテ、近年のギタリストでは
ずば抜けた才能を持っていると思います。これはもう練習量や
猛勉強でフォローできるレベルのものではなく、生まれ持った
天性のもの。生まれながらにして持ちえた才能なのではないで
しょうか。一ギタリストと言うよりもその作曲能力も含めて
一音楽家としての才能に長けています。


それからこのバンドにはステファン意外にも各パートに非常に
優れたメンバーが名を連ねています。ヴォーカルはピンク・
クリーム69のデイヴィッド・リードマンが歌っており、
こちらは正直ピンク・クリーム69より今作の歌声の方が気合が
入っているように感じます。歌声は相変わらず、ラッセル・アレンや
ヨルン・ランデ系の歌声であり誰にでも親しみやすく、とっつきの
良いものだと思います。非常に巧いですし、楽曲のイメージとも
ピッタリと一致するような起用だと思います。

ドラマーにはエレジーのダーク・ブルイネンバーグ、ベーシストは
フランク・ハーマニ―と全く存知ない名前なのですが、こちらが
またフレットレスなどを操るなかなかのテクニシャン。

そして前作で鍵盤を弾いたタイム・レクイエム、スペース・オデッセイの
リチャード・アンダーソンは今作では不参加。代わりにケヴィン・
コッファートなる鍵盤奏者がプレイをしていますが、この男がまた
恐るべき実力者であります。どう聴いてもクラシック音楽からジャズ畑で
馴らしてきたであろうその技巧と音楽理論は並はずれており、その
プレイはかなりインプロヴィゼーション的な即興性と自由性を感じさ
せます。これは巧い、いや、めちゃくちゃ巧い。ステファンのギターと
同じくらい聴かせてくれます。とにかく耳を惹く。実際あのリチャード・
アンダーソンのプレイよりこのよく知らない鍵盤奏者の方が確実に
巧さを感じさせますし、ゾクゾクできます。

と、まぁこれだけの面子がステファン・フォルテのために集められた
わけです。まだ無名だったステファンのために。デイヴィッド・
リードマン、今回は不参加ですがリチャード・アンダーソン、ダーク・
ブルイネンバーグがステファンのサポートを買って出たわけです。
ベテラン勢を引っ張り出した。それだけでもステファンがすでに一流
音楽家の実力を持っている証と言えるでしょう。


それから楽曲の方ですが、全9曲、内ボーナストラックが一曲と
いう構成となっています。9曲収録と少々少なめな楽曲数なのですが、
収録時間は約70分となっておりまして、一曲の平均が約7~8分
あり一曲一曲がかなりの大作となっています。特に圧巻なのは冒頭
からの4曲、これだけで30分あるのですが、非常に強力無比です!
今作はこの4曲のためだけにでも買う価値が十分にあります。
かなりの大作に仕上がっていますが、冗長さを感じることは一切
ありませんね。必然性がしっかりとあっての楽曲の長さだと感じます。
なんとも壮大な世界観で描かれています。

しかしちょっと残念なことにタイトル・トラックである⑤を堺に
少々テンションは落ち気味に・・・。ですが、これは非常にレベルの
高い所での話であって、冒頭の4曲があまりに強力なため中盤からが
弱く感じてしまうだけのことであり、当然捨て曲と言える類の楽曲では
ありませんし、レベルはめちゃくちゃ高いです。ただ冒頭からの流れが
あまりに強力なだけです。つまり捨て曲という捨て曲はないと思います。
最後のボーナストラックも何故にこれがボーナス?というような、
クオリティの高さであり、こんな楽曲がボーナス扱いというアウト
テイクになってしまっていたことからも収録曲すべてが非常にレベルが
高いことが言えると思います。

ですが⑤なんかは特になんですが、少々楽曲を大仰に壮大にしすぎ
てしまっている感もあり、とても格調高いのですが、ストレートに
楽曲の良さが伝わってこない楽曲があるのも事実。




と、まぁ今回も上手くまとめきれずにとんでもない長文レビューと
なってしまいましたが、とにかく今作は実際に聴いてもらわないこと
には、なかなかその唯一無二の音楽性と芸術性は伝わりにくいかと
思います。長々と書き連ねたわりには上手くこのバンドの素晴らしさを
伝えられたのか少々疑問ではありますが、ステファン・フォルテは
今作発表時26歳、1st時点では24歳でした。まったくもって
末恐ろしい才能を秘めています。

これまた次世代ギターヒーローの誕生と言ってよいでしょう。
ちょっとその天性のセンスは他の若手ギタリストとも一線を画くと
言ってしまっても過言ではないと思います。





今作の評価点ですが、

アルバム前半にはマジで満点に近い点数を付けたいくらいの出来栄え
です。ですが中盤からのちょっとした失速には少々減点対象とさせて
頂き、


88点です




一方BURRN!誌の評価ですが・・・


幅氏・・・・84点


まぁ高得点とは言え、意外に抑えられた点数ですねぇ。
あぁ幅さんかぁ~・・・幅さんはインスト面どれくらい分かる人
なのかなぁ・・・う~む。。




愛用のヘッドフォンSONY MDR-CD900STです。
IMG_0207.jpg
これで『朝パン』するとすごいんだぜ~
一発で目が覚めますぜ!





スポンサーサイト

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

どもです~♪

なんか凄そうですね~♪
恥ずかしながら聴いたことありませんでした・・・orz

88点とぞろ目なので買ってみますね~♪

killerfさん

killerfさん、こんばんは!

あっ!マジですごいですよ!
新たなギターヒーローの誕生です。珠玉のプレイですよ。
楽曲づくりもとてもニューフェイスのレベルとは思えません。まさに天才。

点数もkillerfさんを意識してぞろ目にしておきましたので、迷わず買われて
下さい。ちょっと聴き込みいるかもしれませんけどギタリストなら尚更
必聴だと思いますんで。

No title

バンド名自体、全く聞いたことなかったのでYoutubeで幾つか聴きました♪w
単刀直入、凄いですね!!
自分もこの辺が好みになってきたかも知れませんが確かにギターとキボードはヤヴァイですねww

第一印象がドリムシ+Symphony X÷2って感じでしたが色々聴いてるううちに
単純にプログレメタルでくくっちゃえばそれまでですが
明らかにそれだけで終わらせるのは勿体無い話ですね!

鍵盤魔人も以前在籍かぁ・・・・確かに今のキーボード聴く限り、いなくても問題全然ナイですねww
確実にマークしておきます!( ;`・ω・´)φ

この一枚!

結構色々聴いてきましたが、この一枚は私にとって至高のアルバムのひとつです。
クラシックピアノ出身の自分はギターというよりは楽曲志向なんですが、この作品の完成度は凄まじいですよね。
賛辞の数々、ステファンに代わってお礼申し上げます^^

その後作風が変わってひじょ~~に残念!

koumeiさん

koumeiさん、こんばんは!

あら、アダージョご存知なかったですかぁ、そうですか・・・
でもステファン・フォルテは聞いたことありませんでしたぁ?
私的、次世代ギターヒーローですよ!

ようつべで何曲かご試聴されたようですが、どの楽曲ですかねぇ。
ちょっとアルバムによってはだいぶイメージの違う楽曲もある
ものでして。冒頭の4曲だったらよいのですが・・・

キーボード、ギターもヤヴァイんですが、ピアノがまた実に
素晴らしいんですよ。

音楽性に関してはホント簡単に言ってしまうと、個人的には
シンフォニー・エックスが一番近いかと思います。今作までは。
シンフォニックなプログレが好きな方はきっとドハマリな作品
だと思いますよ。

前作にはリチャード・アンダーソンが参加していたわけですが、
正直、今作の鍵盤奏者の方がキテますね。ステファンのプレイも
キレキレですし。とりあえず彼らは現在のところ4枚のスタジオ
アルバムをリリースしていますが、とにかくこの2ndを激しく
オススメ致します。何か買おうかと検討の際は迷わず行っちゃっ
て下さいませ。

Master Tさん

Master Tさん、こんばんは!

どうも初めまして、当方のブログへお越しいただき、また
コメントまでして頂きましてまことにありがとうございます。

そうですか、Master Tさんにとっては至高のアルバムでございますか!
本当に素晴らしいアルバムですね。若干26歳でこのクオリティは
もう天才としか言いようがないですね。

やっぱりステファンのプレイがこのバンドの一番の売りではあると
思うのですが、そう言ったギター演奏云々よりもまずは楽曲の
完成度とアルバムの構成が非常に極まっていますね。Master Tさんは
クラシックピアノ出身ですかぁ、実は私も音楽学校ではクラシックを
専攻しておりました。私の場合もギタリスト目線とは言えやはり
まずは楽曲の構成や律動、旋律、和声の三要素を重要に考えております。
そういった着眼点を持って聴いてもやはり非常に優れた作品だと
思いますよ。

ステファンは本当に素晴らしい音楽家です。

>その後作風が変わってひじょ~~に残念!

実はあえてそのことには触れなかったんですが、3rd以降は
だいぶ音楽性を変えてきましたね。その3rdでの変化が少々厳し
く感じましたので、実は4thアルバムを私は軽く試聴する程度で
スルーしています・・・。ただ今回紹介した2ndアルバムだけは
掛け値なしで素晴らしい作品ですので、全力でレビュー致しました。

次作はまた方向転換もあり得るんじゃないですかね、なんせ
ステファンは天性の才を持ち合わせていますからね。期待してます。

No title

こんばんは、

これは、本当に凄そうです。
フランスのアーティストなんですね。
フランスはへヴィメタル不毛の地だと勝手に思っていました。
是非聴いてみたいですね、いや必ず聴きます。
今は、ロニーの追っかけやってますので(笑)
そのうち絶対に。今のうちにメモ入れときます。

ところで、最後のヘッドホン、
僕も愛用しています。

このヘッドホンは、とてもいいですね。
「原音を忠実に再生、聴こえなかった音が聞こえる」
なんて売り文句は伊達じゃなかったと思います。
映画も音楽もギターの練習も全てこれ使っています。
今は完全にこれをスピーカとして使ってるので
出来ればもう2つほど欲しいほどです。

最近では娘が弾くキーボード用のヘッドホンになっています。
いい加減に返して欲しいのですけど。
他にヘッドホンはあるのにこれしか使いません。
子供にもこのヘッドホンの良さが分かるんでしょうか。

この間、東京に遊びに行ったときに、
秋葉原でパーツを購入し、ジャックをミニに改造しました。
これで、外出時のiPodでも使えると思ったんですけど
結局恥ずかしくて持ち歩いていません。
東京ではこのヘッドホンで音楽を聴いている若者を
ちらほら見かけました。
最近はテレビでもよく見るようになったとはいえ、
そこまで浸透しているとは。

本題と違うところでもりあがってしまいました。
ごめんなさい。

いつも、僕のブログで丁寧にコメントして
いただいて、本当にありがとうございます。

No title

Adagio懐かしいですw

1stをジャケ買いしたのをキッカケに当時最高のバンドを発掘してしまったと思ってましたw
それにしてもステファンフォルテのプレイは今聴いてもすばらしいものですねw

ヘッドフォン同じの使ってます(笑)
賛否両論あると思いますが、私自身はすばらしいモニターヘッドフォンだと思ってます。

naokichimanさん

naokichimanさん、こんばんは!

はい、本当にすごいんですよ。
バンド名『アダージョ』という名前に相応しい、西洋音楽と
プログレの融合的な音楽性はとても格調高く洗練されています。
演奏の方も緊張感に溢れスリル満点です。
ものすごくよく練り込まれ作り込まれたアルバムですので、
是非一聴をしてみてください。

おぉ!ヘッドフォン同じですかぁ。最近ものすごくこれ使う
方が増えてますよね。ちょっと値段がしますが、この性能なら
全く問題にならないですね。素晴らしいヘッドフォンだと思い
ます。

お子さんまで使っているのですか。頼むから大事に使ってくれって
感じですねw完全なるプロ使用のヘッドフォンですからね。
娘さんもこのヘッドフォンは違う!って案外気が付いているのかも
しれませんねぇ。

ジャックをミニに改造ですかぁ。どうなんでしょうか・・・音質。
落ちませんか?それにちょっと外で使うには勿体ないような気が
してしまって・・・貧乏性なもんで。

実は私はこのヘッドフォン歴かなり長くて、もう三代目なんですよ。
一度も浮気することなくこのヘッドフォンを使い続けていますよ。
ちょっと知り合いやら親戚にテレビ局の人間がおりまして、その昔
激しくこのヘッドフォンをオススメされ使い始めたのですが、その
筋の人間が推奨するだけのことはある本物志向のヘッドフォンですね。
まだまだずっとこれを使い続けると思います。

コメントに関してはいつも取り留めのない文章で申し訳ありませんw
ちょっと文才やら表現力に欠けるものでしてレビューの方もコメント
の方もいつも長文に・・・

こちらこそいつも本当にありがとうございます。

kuruさん

kuruさん、こんばんは!

アダージョ懐かしいですか、う~んそうですね、気が付けばもう
1stからは10年程経過しましたからね。まだまだ最近の
バンドのイメージが抜けませんが。

1stはジャケ買いですかぁ、あの顔ジャケですねぇwそして
この2ndも顔ですねwしかしものすごく良い引きをしていますね。
ステファン・フォルテは本当に素晴らしいですね。その超絶テクに
溺れることなくしっかりとメロディを重視しているあたりがとても
私好みで好感が持てます。それから楽曲作りはもう天才の域ですね。

おぉ!これまたMDR-CD900STの愛用者現るw
知っている人はやっぱりこれ使ってるんですよね。なにげにプロ
連中もみんなこぞってこれ使っているみたいですし。

賛否両論あるんですか?私の周りでは皆、総じて高評価なんで
私も含めてですが、本当に素晴らしい一品だと思うんですがね~
まぁ当然これより高額なヘッドフォンもたくさんありますからね、
それと比べたら見劣りするのかもしれませんが。
プロフィール

メタラーまっちゅ

Author:メタラーまっちゅ
音楽学校卒業後、
ギターインストラクターと
なるものの、現在ではしがない
サラリーマン・・・orz
しかしながらギターに対する愛は昔も今も変わらず!


まずは自己紹介に【HR/HM好きの方へ100の質問】こちら

【性別】
  ♂
【Guitar】
Fender 
Ibanez
musicman
Gibson
Martin
Jose Ramirez
他、10本以上所有 
【愛車】
LEXUS GS350
【趣味】
GRANDTOURING
音楽鑑賞(CD1,000枚以上所有)
ビリヤード(たまにマスワリ)

小生、20年のキャリアを積んだギタリストです。その為、ギタープレイに関しての話題が多くなりますが、ご勘弁を・・・
各アルバムや曲の、演奏面を中心にレビューをしていきます。あくまでも私の主観によるレビューでありますので、ご了承下さいませ。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
yahoo!ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
Amazon
ブロとも一覧

翁のブログ。

テイルピースの気ままな写真とギターのブログ

シンプルに・・・ギターブログ(Guitar Blog)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
PING送信プラス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。